自動車保険見直しガイド
任意保険

自賠責保険とは自動車を保有している人なら必ず支払わなければならない保険で正式名称を「自動車損害賠償責任保険」と言います。いわゆる【強制保険】の事です。従って保障額に応じて保険料金が異なってくる任意保険とは一線を画する保険と言えます。

自賠責保険

スポンサーリンク

自賠責保険が実施された経緯及び日本における自動車事故

強制保険である自賠責保険が政府によって全面的に実施されたのは1956年で今から60年程度前のことです。制定のきっかけとなったのは1955年に交付された「自動車損害賠償保障法」であり、その当時の事故状況に鑑みて自動車を運転するのであれば強制保険が必要との判断からでした。

1955年当時の資料によれば

自動車保有台数:約150万台
自動車事故件数:93,981件
死者数:6,379人
負傷者数:76,501人

自動車保有台数とのパーセンテージを示すと

事故件数割合:6.3%
死者数割合:0.43%
負傷者数割合:5.1%

もちろん死者数や負傷者の中には車を運転している人だけでなく歩行中に運悪く自動車事故に巻き込まれてしまった人も多数含まれていますので一概には言えませんが、かなり事故の割合・死傷者の割合が高いと思いませんか?

このように事故多発している状況において保険金が担保されない状況では国民が安心して生活出来ないという理由から自動車保険が全面的に実施されることになりました。

ではこの数字が直近の平成25年だとどのようになっているか?というと以下のようになっています。

自動車保有台数:約7,500万台(平成26年3月末時点)
自動車事故件数:629,021件
死者数:4,373人
負傷者数:781,494人

自動車保有台数とのパーセンテージを示すと

事故件数割合:0.8%
死者数割合:0.005%
負傷者数割合:1.04%

なお自動車保有台数には原動機付自転車と小型特殊自転車は含んでいません。

データ参考サイト:自動車保有台数統計データ|自動車検査登録協会
データ参考サイト:「安全・快適な交通の確保に関する統計等|警察庁

当時と比べて自動車保有台数が50倍にもなっているにも関わらず死亡者の数は減り、負傷者数の割合も大幅に減少しています。如何に日本の政府や警察が交通事故防止に積極的にとりかかっているのかを示し資料だとも言えます。

自賠責保険とは

冒頭でも書いていますが、自賠責保険とは自動車を保有しているなら必ず加入しなければならない強制保険の事です。補償内容は対人に限られています。

たまに勘違いしている人もいるので再度書きますが、自賠責保険の保障内容は対人に限られており自分が運転している車で他人を死傷させてしまった場合に保険金が支払われるものです。従ってその他の部分は補償されないため現在の日本では車を運転するのであれば任意保険が必須ということになっています。

自賠責保険の最大補償金額

自賠責保険から支払われる保険金額については後述する参考記事を御覧ください。ここでは自賠責保険から支払われる保険金の最大補償金額を種別ごとに紹介します。

死亡後遺障害傷害
3,000万円4,000万円120万円

如何でしょうか?自賠責保険の場合死亡の場合でもたったの3,000万円しか支払われません。植物状態などの重度の後遺障害を持つ場合でもたったの4,000万円しか支払われません。

裁判の判例を見ると過去には2億・3億の賠償額が確定している案件も有るため自賠責保険だけではドライバーとして安心することが出来ないというのが現状ではないでしょうか。

参考記事:「自賠責保険料金(軽自動車・原付・バイク含む)の一覧」
参考記事:自賠責保険の支払保険金額の推移

事故を起こしても保険料は変わらない

任意保険の場合、事故を起こして保険会社を利用することとなるといわゆるノンフリート等級が3段階下がり翌年の保険料が非常に高くなってしまう。ということが有ると思います。営利を目的とした保険事業で事故を起こした人も起こしていない人も保険料が同じとなれば不公平ですからね。

しかし自賠責保険は全ての車に適用される強制保険であり、その本来の趣旨が被害者救済に有ることから事故を起こしたとしても翌年度の保険料は変わりません。

ちなみにですが、任意保険に入っていれば事故が起こった場合に自賠責保険の手続きを実施する必要は基本的に有りません。現在は任意保険の保険会社が自賠責保険も含めて一括して保険金を支払って、その後自賠責保険の金額分を請求することになっているからです。

自賠責保険と任意保険との兼ね合いについて

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定