自動車保険見直しガイド
二輪車

原付・バイクはとても便利な乗り物です。渋滞も関係なくスイスイ走れますし、近所に用事があるときには車で出かけるよりバイクで出かける方が便利な時もあります。原付を正しく言うと原動機付自転車です。自転車感覚で乗っておられる方もいると思います。

二輪車

この便利な原付・バイクも自賠責保険の加入は義務です。自動車損害損害賠償保障法第5条において明記されています。原付に関しては自賠責保険に加入しなくてもいいと考えている人もいるようですが、加入していないとまずいですよ(詳細は後述)。

スポンサーリンク

自賠責保険の加入年数と料金

ここでは原付き及びバイクの自賠責保険の料金を見て行きたいと思います。。

本土の場合(単位は円)

 37ヶ月36ヶ月25ヶ月24ヶ月13ヶ月12ヶ月
バイク(250cc超)18,38018,02014,01013,6409,5509,180
バイク(125cc~250cc)-18,970-14,290-9,510
原動機付自転車(125cc以下)-12,410-9,870-7,280

沖縄県と離島地域はこの表とは数値が違いますので、沖縄県・離島地域の方はこちらを参考にしてください。

自賠責保険料金一覧表(沖縄県や離島地域の場合)

250cc以下のバイクには48ヶ月、60ヶ月の契約期間が設けられています。期間が長いほど割安となるので短期間でバイクを手放さない場合には長期契約をしたらお得です。

 60ヶ月契約48ヶ月契約36ヶ月契約24ヶ月契約
125cc~250ccバイクの一月当たりの保険料金約467円約490円約526円約595円
125cc以下のバイクの一月当たりの保険料金約288円約310円約344円約411円

ではなぜこのような48ヶ月、60ヶ月のような普通乗用車では考えられない長さの自賠責の期間が有るのか?と言うとそれはやはり下記で書いているように無保険車が多くなるのを防ぐためです。

車検の無い原付きや排気量の小さいバイクだとうっかり自賠責保険の更新を忘れてしまい無保険のまま走っている事が往々にして有ります。

自賠責保険の未加入者が事故を起こすと被害車は最低限の補償さえ守られない可能性も出てきますので、そういう被害車を少しでも少なくするという意味も込めて自賠責保険の更新を忘れやすい車種には期間が長くて割安な自賠責保険を提供しているわけですね。

250cc以下のバイクは無保険になりやすいその原因

250cc以下のバイクが無保険になりやすいのは車検が無いというのが最大の原因です。(先程も書きましたね。)車検を通すには自賠責保険への加入が条件ですので車検のある250cc超のバイクや車は車検の度に自賠責保険も更新するのが一般的な流れとなっています。

しかし、250cc以下のバイクは車検を受ける必要がないのでバイクを購入した際に加入した自賠責が数年後には切れてしまい知らず知らずのうちに無保険のまま走行してしまっているパターンが多いと思います。また上記にも書いたように特に原付に関しては不必要だと考えている人が多いのも無保険になる一つの原因です。

250cc以下のバイクの無保険車の数

原付は家に放置した状態の物も数多く存在しているので無保険車の正確な数値はわからないのですが、国土交通省の自動車局の平成24年度の取締調査によると約32万台中約2万台が無保険車だったそうです。割合にして約6%が無保険車ということですね(数値は国土交通省より)

6%ということはつまりバイクと人で事故が起こった場合100人中6人の人は自賠責からの補償も受けられないことになります。被害車は加害者を選べませんからもはや最後は運頼みです。もちろん事故に合わない事が一番大事なポイントですが、それだけ危険な状態であることを認識しておいて下さい。

無保険車の罪状は??

無保険の状態で走行する事はできません。公道を走っていると罰則を受けます。

自賠責保険に未加入の場合の罰則や点数・恐い求償

また、自賠責保険の保険証明書も携帯する必要があります。

自動車損害賠償保障法第八条

自動車は、自動車損害賠償責任保険証明書(前条第二項の規定により変更についての記入を受けなければならないものにあつては、その記入を受けた自動車損害賠償責任保険証明書。次条において同じ。)を備え付けなければ、運行の用に供してはならない。

保険証を不携帯のまま走行すると罰金30万円を受けることになりますのでこちらも注意が必要です。

125cc以下の任意保険と自動車保険の特約

ここまで自賠責保険の話をしてきましたが、任意保険についてもお話しておきます。自賠責保険の補償額は相手を死亡させてしまった場合3,000万円が上限です。

対人賠償に関しては億を超える判決も多く出されています。125cc以下のバイクでも人との事故では十分相手を死亡させる可能性はあります。自賠責保険の補償額ではまったくたりませんよね。

この足りない部分をどうしたらいいかというと、任意保険に加入するのが一番安心できるかと思います。

ただバイクの任意保険は保険料がけっこう高いんです。そこで自動車保険に加入している人にはお得な特約があります。それはファミリーバイク特約です。バイクの任意保険に加入するよりもお得な料金で補償できるので125cc以下のバイクに乗っている人はこの特約を検討してみてはどうでしょうか?

任意保険のファミリーバイク特約~125cc以下のバイクなら台数制限なしで補償

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定