自動車保険見直しガイド
請求書の山

請求書の山

車のローンの返済を延滞・遅延すると、支払い期日の何日か後に催告書(請求書や振込用紙など)が郵送されてきます。催告書なんて普段あまり目にしないので、それだけで焦ってしまう人も多いでしょう。

  • 延滞分を振り込めば大丈夫なの?
  • 車は引き上げられるの?
  • ローン返済額とは別に何か請求されるの?

など、色々と不安に駆られてしまうものです。

契約通りに毎月ローンを返済していると思いますが、うっかり口座にお金が入っていなかったり、怪我・病気で収入が減って、延滞してしまう事も有ります。

果たして、車のローンを延滞・遅延してしまったら、その後どうなるのでしょうか?

マイカーローンの返済を延滞・遅延した後の流れ

通帳を見て困る男性

マイカーローンの返済を延滞・遅延した場合には、概ね以下のような流れで手続きは進みます(あくまで一例です)。

■所有権が留保されている場合(参考:車の所有権留保とは

  • ① 催促書や電話で延滞分の支払いを請求(電話での催促は複数回有る場合も)
  • ② 延滞分を支払わなければ、再度郵便や電話で支払いを請求
  • ③ 翌月分(2カ月目)の支払いも延滞した場合、「車の引き上げ」を示唆(当然、支払いの請求も)
  • ④ この間に「期限の利益」(*)の喪失を示唆
  • ⑤ 翌々月(3カ月目)の支払いも延滞した場合、「車の引き上げ」と「期限の利益の喪失」が確定
  • ⑥ 購入者の立ち合いのもと、車の引き上げが行われ、その後売却
  • ⑦ 売却額がローン残額に満たない場合は残額を一括請求

車の所有権が留保されていない場合には、「⑤」及び「⑥」での車の引き上げは行われません。所有権が購入者に有るためです。しかし、ローン残額を一括請求される事になります。

分割金額が支払えないわけですから、結局車を売却して借金の穴埋めをする事になるでしょう。

なお、どちらの場合もローン会社などの連絡を無視し続けると、裁判所に提訴され、最終的に財産(車・給料など)の差し押さえが行われます。

* 期限の利益とは

* 期限の利益とは、期日までは借りたお金を返済しなくても良い、という債務者の権利の事を言います。例えば、返済期間3年の自動車ローンの場合、契約日から3年が経過するまでローン金額を全額返済しなくても良い事になります。

ただし、自動車ローンは分割返済していく契約なので、返済の延滞つまり契約違反が有れば、期限の利益を喪失し、一括でローン金額の全額を支払う事が求められるわけです。

何か月滞納したら車を引き上げられる?

悩む女性

一般的に、自動車ローンを3カ月分滞納すると車の引き上げが行われる事が多いようです。ただし、この期間はローン会社次第です。1カ月滞納すれば車の引き上げを実施する会社も有ります。

車の引き上げは本人の同意及び立ち合いが必要なので、知らず知らずのうちに行われる事は有りません。何日か前に郵便又は電話で通知が行われます。

ただ、通知があるまで支払いを滞納してても良いか、などと悠長に構えている場合ではありません。滞納している期間が伸びれば伸びるほど不利な立場になりますし、遅延損害金も大きくなっていきます。一刻も早く滞納している金額を支払うようにして下さい。

遅延損害金っていくら?

車とお金と電卓

自動車ローンの支払いを延滞すると、通常の金利とは別に、残りの元本に対して遅延損害金が発生します。遅延損害金の利率は非常に高く、制限利息の1.46倍が上限となっています。パーセンテージで表すと、なんと最大で年率29.2%にもなります。

遅延損害金の上限利率は以下の通りです(年利)。

借入額制限利息遅延損害金の上限利率
10万円未満20%29.2%
10万円以上100万円未満18%26.28%
100万円以上15%21.9%

但し、実際には遅延損害金を上限利率まで引き上げている会社は少なく、おおよそ14%~20%と設定している事が多いです。それでも高い利率ですよね。

例えば、ローン残額が50万円で10日間延滞した場合の遅延損害金(20%)は、50万円×0.2×10/365=約2,740円にもなります。

遅延損害金はどう転んでも無駄な出費なので、1日でも早く延滞した金額と共に支払うようにしましょう。

延滞するだけで信用情報に傷が付く

信用情報とは、信用情報機関に登録された住所や氏名、信用取引(ローンやクレジットカード等)の利用実績(契約内容や支払い状況等)などの情報の事を言います。

金融機関は自動車ローンやクレジットカードなどの申込者の信用情報をチェックして、契約を締結するかの判断材料として利用しています。

データをPCに打ち込む男性

自動車ローンを延滞したら、信用情報に「支払いを延滞した」という情報が登録されます。信用機関によっても異なりますが、この情報は延滞が解消されてから5年間登録され続ける事になります。

また、車の引き上げが行われるような長期の延滞をした場合には「異動情報」として登録されます。これはいわゆるブラックリストに載る、という状態になり、新規の借り入れ等をする際にかなり不利な立場になります。この情報も5年間消える事は有りません。

自動車ローンを延滞すると、信用情報に傷が付き、今後急にお金が必要になった時に支障を及ぼす可能性が有ります。そのため、自動車ローンを組んだら契約通りに返済する事、そして延滞してしまったら一刻も早く支払うようにして下さい。

返済が困難になりそうな時の対策

お金が無くなった女性

収入が減少してしまったり、無理なローンを組んでしまった場合などには、今後の返済が困難になる可能性が高いです。そのまま何もせずにいると、いつかは返済を延滞してしまい、最終的には車を引き上げられてしまいます。

自動車ローンの返済が困難になりそうな時にはなるべく早く行動した方が賢明です。そこで、そんな時の対応策を紹介していきます。

① ローンの借り換え

まず1つ目の対応策が「他社ローンへの借り換え」です。その目的は「返済期間の延長」です。返済期間を延長すれば、月々の返済額を今のローンより少なくする事が出来ます。

例えば、話を単純にして、元金100万円(金利5%)を1年間で返済する場合と2年間で返済する場合を比較してみると、結果は以下のようになります。

返済期間月々の返済額支払利息総額総支払額
1年間85,607円27,290円1,027,290円
2年間43,871円52,913円1,052,913円

この場合では月々の返済額が約4万円も軽減される事になります。これなら返済がかなりラクになるはずです。ただし、返済期間を延ばす分、支払利息及び総支払額が多くなる点は我慢しなければなりません。

車と電卓

なお、ほとんどの自動車ローンは、借り換え時の返済期間の範囲を「現在のローンの残存期間内」としています。が、中には千葉銀行のように返済期間を「残存期間+6カ月」としている所もあれば、常陽銀行のように「7年‐現在のローンの借入経過期間」かつ「残存期間+11カ月」としている所も有ります。

ローンの借り換え時に返済期間を延長出来る金融機関も有るので探してみましょう。

もう1つ注意点を紹介しておくと、借り換え条件が「直近6カ月以内に延滞が無い事」や「延滞をしていない事」などとしている金融機関が多いです。そもそも借換においても審査が有るので、こうした条件が無くても延滞していると審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

そのため、返済が困難になりそうなら早めに借り換え先を探すようにして下さい。

車のローンを借り換えするメリットとデメリット‐金利負担を軽減

② 現在借りているローンの返済期間の延長

車とカレンダー

既に返済を延滞してしまって「ローンの借り換え」が出来なかった人は、現在借りているローンの返済期間の延長を行いましょう。

ただし、自動車ローンは原則返済期間の延長が行なえません。そのため、「返済期間を延長したい」とだけ契約している金融機関等に伝えても、認めてもらえない可能性が高いです。

返済期間の延長を認めてもらうには、それ相応の理由が必要です。例えば、「災害に遭って生活が困窮している」や「給料が減少してしまった(給与明細も提出した方が良い)」など、当初の契約通りに返済出来なくなった事情をしっかりと説明するようにしましょう。

車のローンの返済期間を延長する事は可能?

③ 車の売却

「① 借り換え」と「② 返済期間の延長」のいずれかの方法で毎月の返済額を抑える事が出来ますが、借り換えの審査に通らなかったり、返済期間の延長を認めてもらえない場合も有ります。

車と札束

そういう時は「車の売却」を検討して下さい。車を所有しておきたいとは思いますが、今のままでは車を維持していく事は非常に難しいです。ローンを延滞し続ければ、結局車を手放す事になります。最悪の場合、借金だけが手元に残る可能性も有ります。

それならば車を早めに売却してしまった方が良いと思いませんか?しかも、車の買取価格は時間の経過と共にどんどん値下がりしていきます。明日には1万円値が下がり、1週間後には3万円値が下がる事もあるわけです。

買取価格が下がれば、それだけローン残債の返済に回せるお金が少なくなってしまいます。厳しい返済状況を打開する為には、なるべく車を高く売却する事が重要になってきます。早めに決断して行動に移すようにして下さい。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定