自動車保険見直しガイド
車のローン

車のローン

自動車ローンを組む際に、やはり不安なのが「審査」ですよね。審査に通らならければローンで車を購入する事が出来ませんからね。

自動車ローンの審査に通らない理由

そのため、審査に通りやすくなる条件などを色々と調べている人は多いはずです。

そこで、今回は「フルローン」と「頭金有り」に焦点を絞って、どちらが審査に通りやすいのかについて紹介したいと思います。

なお、自動車ローンの審査では、申込者の「属性」や「信用情報」など様々な審査基準によって審査の合否の判断が行われます。そのため、頭金の有無”のみ”で審査結果が下されるわけでは有りません。


フルローンよりも頭金を用意した方が審査に通りやすい

車と札束

先に断っておきますが、「フルローン」と「頭金有り」どちらの場合でも審査に通る可能性は有ります。その上でどちらが審査に通りやすいのか?という事をこれから説明していきますね。

結論:フルローンよりも頭金を用意した方が審査に有利

ポイントは以下の2つです。

  • ローン申込金額
  • 年間返済比率

ローン申込金額

ローン申込金額とは、借入希望額の事ですね。これは審査基準の1つとなっています。

基本的にローン申込金額は少ない方が審査に通りやすいです。ローン会社などは審査において「返済可能性」をチェックするからです。融資額が少ない方が貸し倒れるリスクも少ないと考えるわけですね。

例えば、300万円のフルローンよりも100万円の頭金を用意して200万円のローンを申し込む方が審査では有利になります。

年間返済比率

年間返済比率

年間返済比率とは、年収に対する年間の返済額の割合の事です。返済額には自動車ローン以外の借入の返済額も含まれます。これも返済可能性を推し量る指針の1つです。

一般的に、年収400万円以上であれば約40%以内、年収400万円未満であれば約25%以内と言われています(金融機関によって異なります)。

年間返済比率が上記の範囲内に収まっていれば良いわけですが、当然割合が低い方が審査に通りやすいです。つまり、頭金を用意して年間返済比率を下げた方が良い、という事ですね。

例えば、年収400万円の人が300万円を3年フルローンで申し込む場合と頭金を150万円用意する場合の年間返済比率は以下のようになります。

申込内容年間返済比率
フルローン25%
頭金有り12.5%

年間返済比率は審査において重要な要素です。審査に不安が有るのなら、その比率が低くなるように頭金をなるべく用意した方が良いでしょう。

:頭金を用意したからと言って必ず審査に通るわけでは有りません。

【フルローンVS頭金有り】毎月の返済額や支払利息はどれだけ差が出る?

お金を天秤で比較

フルローンにするか頭金を用意するか、については審査以外の情報も検討した上で判断した方が良いでしょう。

なぜなら、これらの支払方法の違いによって「月々の返済額」や「支払利息及び総支払額」が変わってくるからです。

実際に以下の条件でシミュレーションしてみましょう。

シミュレーション条件:借入額300万円、金利4%、ボーナス払い無し、返済期間3年

月々の返済額

「フルローンの場合」と「頭金有りの場合」の月々の返済額は以下のようになります。

頭金の金額月々の返済額フルローンとの差額
フルローン88,572円
頭金50万円73,810円14,762円
頭金100万円59,048円29,524円
頭金150万円44,286円44,286円

頭金を用意すれば、月々の返済負担が軽減される事が分かりますね。

支払利息と総支払額

「フルローンの場合」と「頭金有りの場合」の支払利息及び総支払額は以下のようになります。

頭金の金額支払利息総支払額フルローンとの差額
フルローン188,590円3,188,590円
頭金50万円157,159円3,157,159円31,431円
頭金100万円125,727円3,125,727円62,863円
頭金150万円94,295円3,094,295円94,295円

頭金を支払えば、借入元金が少なくなります。そのおかげで支払利息及び総支払額が少なくなります。

ビジネスマン風の女性のチェックポイント

このように「フルローン」と「頭金有り」を比較すると、「頭金有り」の方が審査だけでなく経済的負担についても優位になる事が分かります。そのため、なるべく頭金は用意した方が良いと言えるでしょう。

なお、自動車ローンの金利よりも優れた利率で投資を行えるなら、頭金ではなく投資にお金を回した方が良い場合も有ります。詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

フルローンで車を購入した方が良い場合

【対策】どうしてもフルローンで車を購入したい場合

頭金を用意する余裕が無く、どうしてもフルローンで車を購入したい人もいるでしょう。

前述したように、フルローンでも審査に通る可能性は有ります。ただ審査に不安が有る人もいますよね。

そのような人は以下のような対策を講じると良いでしょう。

  • その他の借入を完済してから申し込む
  • 審査が甘いディーラー・信販系の自動車ローンに申し込む
  • 車のグレードを下げたり、中古車にするなど、ローン申込金額を少なくする
  • ローンを申し込む金融機関に給与口座を変更する 等

確実に審査に通るわけでは有りませんが、何もしないよりかは審査に通る可能性が高まります。

一般公開していない非公開車両あり・新車に引けを取らない中古車探しはこちら

フルローンで車を購入する場合の注意点

通帳を見て困る男性

前述したように、フルローンで車を購入すると毎月の返済負担が重くなってしまいます。また、総支払額も多くなってしまいます。無理な返済計画でローンを組むと、返済に苦慮して返済不能に陥る危険が有るので注意が必要です。

車のローンの返済を延滞・遅延したらどうなる?

そのため、フルローンを組む場合はしっかりとシミュレーションをして、無理のない返済計画を立ててから申し込むようにして下さいね。

【シミュレーションは大事!】自動車ローンを組む前に必ず行いましょう!

フルローンでも審査に通りやすいのは中古車

上の項目でも述べましたが、新車と中古車では値段に大きな差があり、借り入れ額も大幅にカットできるので、フルローンでの審査にも通りやすい傾向にあります。

もちろん中古車でも高額な車種はありますし、そういった高額な車種を買うとなると、中古車購入でもフルローンの審査は厳しいものになります。

また、中古車でも程度の良い車両になると高額であるケースが多く、安くて良い状態の中古車というのはあまり市場に出回りませんし、出回ったとしてもすぐに売れてしまうので、タイミングが重要です。

中古車の良いところ
  • ローンの金額を抑える事ができるので審査に通りやすい
  • 車体の金額を抑えてドレスアップに費用を回せる
  • 生産終了している旧型モデルも買える
  • 納車が早い
  • 新車では買えないような車にも乗れる

新車の購入となると、どれだけ値引き交渉をしても車体価格が半額になったりすることは決してありませんし、フルローンで車を買うとなると利息などの関係で高額になりがちです。

「どうしても新車に乗りたい」というこだわりがない場合は、金銭面での負担を大きく軽減できる中古車を選択肢に入れてみるのも良いかもしれません。

また、なびくるなどの中古車販売業者では、車種や車の状態等の条件を指定するだけで、スタッフが条件にあった中古車を探してきてくれるので、自力で車を探す手間が省けますよ。

 

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は最長10年のローンが組めるので、月々の返済額をぐっと少なく設定することができます。少し審査は厳しめですが、誰もが知る安定感のある大手銀行なので、安心してローンを組めることが人気の要因となっているようです。また・・・

  • 中古車・新車・バイク・借り換えOK
  • 事前審査の結果は当日回答
  • 三菱UFJ銀行口座を持っていれば来店不要
  • 手数料なしの繰り上げ返済にも対応

等々、使いやすいサービス内容となっているローンであることも「ネットDEマイカーローン」の魅力と言えるでしょう。最低50万円~最高1000万円と借入の額も広いので、ローンを組む場所に迷ったら、ひとまず候補の一つとして考えておくと良いかもしれませんね。

【三菱UFJ銀行のマイカーローン】金利・借り入れ限度額・審査基準・借り入れ期間

静岡銀行マイカーローン

しずぎんマイカーローンの魅力は「1.9%~3.4%」という金利の低さ。上限金利が3.4%の車のローンは中々ありません。他にも

・保証料ゼロ円!
・来店不要(ネットのみで手続完了)
・繰上げ返済の手数料無料
・購入前・借換でも利用可

ですから、ディーラー経由で借りるより大分お得です。借入可能かどうかの簡易シュミレーションが5秒で出来るので、一度チェックしてみると良いと思います。全国対応ですしね。

静岡銀行申込

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン

損保ジャパン日本興亜の"ジャパンダ・ネットマイカーローン"の魅力は固定金利なところ!金利も1.9%~2.85%と低く利用しやすいですね。

・保証料無料
・ネットで完結(来店不要)
・最短当日審査完了
・土日祝もOK!!

などの特徴も揃えています。
本審査完了後のキャンセルもOKです。詳細はバナーより。

失敗しない車の売り方

無料一括査定