自動車保険見直しガイド
etc

国土交通省が、平成28年度には「ETC非搭載車」の首都高速の高速料金について値上げする方針を打ち出しました。これに関して、ネットでかなり話題になっているので、その反応を取り上げて見たいと思います。

スポンサーリンク

現在の首都高速のETC搭載車と非搭載車の料金の違い

現在の首都高速の利用料金は、ETC搭載車の場合は距離に応じて「510円~930円(普通車・基本料金)」となっています。

一方で、非搭載車の場合は「初乗りから上限いっぱいの930円」となっており、既にETC非搭載車の料金の方が重くなっています。

値上げの根拠として国土交通省は「ETC非搭載車のためにICに設置している料金徴収員や現金収受機器に関する費用が、ETC搭載車の5倍になっているから」と述べています。

値上げ情報に対するネットの反応

今回の記事の情報元となったヤフーニュースでのツイッターとFacebookの反応は以下の通り。

yahoonews

記事執筆時点でツイート数が「1,394」、Facebookのいいね、シェアの数が「3,651」となっており、Yahoo!のトップニュースに掲載されたニュースの中でもかなり多い方です。車は多くの人に関係する事柄ですから、そのインパクトはかなり大きかったのでしょう。

この記事に対するネットの反応を見てみましょう。

車載器がオプションであることと、実質クレジットカードが必要なことがETC非搭載車が残っている原因だろう。まずはプリペイドETCが出来ると良いのだが。

ETC利用で徴収コストを圧縮できたという前提で、受益者負担を徹底するというお題目であれば、やるべきは"ETC以外の値上げ"ではなく"ETCの値下げ"なのでは。

意味がわからない。ETCの5倍コストかかってるというのなら、非ETCを5倍にするんじゃなく、非ETCはこのままで、ETCを1/5にすれべきなんじゃないのん?

普及させたいなら、初めから売ってる車に備え付けるように義務化するとかしろよ! 機械買うのだってタダじゃないんだから。

まぁ意見をまとめると

  • ETC搭載車にかかるコストが5分の1なら、ETC搭載車の高速料金を引き下げる議論をした方が良いのでは?
  • コストが5倍かかっているからといって受益者に負担させるのは如何なものだろうか?客目線の経営をしろ!
  • そもそも全ての車にETCの搭載を義務付けるほうが先だろ!
  • ETC付けるのだって金かかるんだぞ

という所でしょうか。

まとめ

確かに「高速道路が割引になるETC制度の概要」でも書いたように、ETC搭載車の利用料金の方が優遇されているので、ETCを搭載させない理由はあまり有りません。

また、昔はETCの普及を推し進めるために大幅なETC割引を実施し、「今後はETC非搭載車は不利になるので今のうちに変えとけよ~」という意思表示を国が実施していた訳ですから、現在搭載していない人は自業自得という考え方がも分かります。

しかし、コストが5倍だからと言って利用者の値上げだけを考えるのはどうなのかな?と私も思います。そういう背景が有るのであれば、当然に利用料金の値下げの話も考えていくべきでしょう。今後どうなっていくのか注目ですね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定