自動車保険見直しガイド
運転免許

運転免許証の交付・更新の際に、免許更新センターや警察署などで、交通安全協会への加入を勧められます。免許を所持している人なら誰しもが、交通安全協会の勧誘を経験しているはず。

みなさんの中に、交通安全協会への加入が必須だと思っている人はいるでしょうか?もし、加入が必須だと思っているなら、この記事を最後まで読んで下さいね。

そもそも交通安全協会とは

交通安全協会は、交通事故をなくすために、交通安全の広報・啓発活動を行う団体の事を指します(各都道府県に設置)。

■主な活動

  • 交通安全大会の開催
  • 交通安全教室の実施・支援
  • 免許更新の事務手続き(警察からの委託業務) 等

自転車の交通安全教室が、イメージしやすいのではないかと思います。

交通安全協会への入会は必須では有りません

交通安全協会への入会は必須ではなく、任意です。

ただ、交通安全協会への勧誘は、運転免許が交付される前(手続きの途中)に行われる事が多く、人によっては加入しないと運転免許が貰えないと誤解し、加入してしまう人もいるかもしれません。1人1人に勧誘するタイミングは手続きの段階しか無いので、仕方ないかもしれませんが、少しタチが悪いですよね。

加入したくなければ、断ればいいだけです。更新手数料を丁度持って行くとか、そんな面倒くさい事する必要有りません。ただ口頭で断るだけでOKです。

加入したい人は、年会費を払って、簡単な手続きを行います。

交通安全協会の年会費は、年間300~500円となっていて、更新する免許の有効期間分の年会費を支払う事になります。ゴールド免許の人の場合だと、5年分の2,500円(500円の場合)が必要です。

交通安全協会に入会するメリット・デメリット

交通安全協会に入会するメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

交通安全協会に入会するメリットは以下の通りです。

  • 交通事故入院見舞金制度
  • 会員店での割引サービス
  • チャイルドシートのレンタル 等

これらのメリットは、各都道府県の交通安全協会によって、異なるので、詳細はお住まいの交通安全協会のHPで確認して下さい。

デメリット

交通安全協会に入会した場合のデメリットは、上記で紹介したメリットを活用出来ない場合には、年会費を無駄に支払う事ぐらいでしょうか。

また、入会しない場合のデメリットも特に有りません。

【参考】交通安全協会の入会者は新規免許取得者が多い!?

交通安全協会に入会している人は一体どれくらいいるのでしょうか?各都道府県の交通安全協会のHPでは、会員数に関する情報は見当たらなかったので、おそらく公開されていません。

で、会員数に関して調べていたら、気になる情報を発見しました。神奈川交通安全協会の平成25年度の事業報告の「入会勧奨活動の推進」の欄に記載されていた入会者数の情報です。

そこには、試験場における新規免許取得者の入会者数が19,323人、免許更新者の入会者数3,771人と記載されていました。これだけでも、新規と更新の人で、入会する人数にかなり差が有る事がわかります。

事業報告には詳細に記載されていませんが、「免許更新者」は、下記に紹介する「併記運転免許交付件数」の事を指しているかと思います。併記運転免許交付件数とは、ある車種の免許を既に取得している人が、他の上位の免許を取得した場合の交付件数を言います。

警察庁によると、平成25年(1月~12月)の神奈川県の新規免許交付件数は99,076件です。そして、併記運転免許交付件数は43,146件です。

交通安全協会と警察庁の情報は3ヶ月ほど期間がズレていますが、二つの情報をそのまま用いて入会者の割合を計算してみると、新規免許取得者は約20%にもなります。一方、免許更新者の入会者の割合は約8.7%です。

このデータだけで推測すると、「新規に免許を取得した人」と「2種類以上の免許を取得した人」では、新規の人の方が交通安全協会に入会している事がわかります。

なぜ新規に免許を取得した人の方が入会者(割合)が多かったのか?新規に運転免許を取得した事で交通安全に敏感になっているためか、入会の勧誘を断りきれなかったのか、入会が任意で有る事を知らなかったからなのか、実際の所は定かでは有りません。

もし、任意で有る事を知らずに入会が必須だと勘違いしていたのであれば、交通安全協会側の説明不足だったのでは、と憶測してしまいますよね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定