自動車保険見直しガイド
保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブとはあの有名なSBIホールディングスが運営する「自動車保険の一括見積もりサービス」の事です。

インズウェブの自動車保険一括見積もりはこちらから

インズウェブの自動車保険一括見積もりの特徴は平均節約額!

インズウェブの一括見積もりの特徴はその平均節約額です。公式サイトに表示されている2015年のアンケート結果によれば、初めてインズウェブを利用した人の平均節約額は「30,597円」となっています。

3万円というと保険スクエアbangの平均節約額よりも高いです。もちろん、両者のアンケート方法が全く同一でなければ、平均節約額を比較した所であまり意味は有りませんが、保険スクエアbangの利用者数よりもインズウェブの利用者数の方が多いのは、こういう所が関係しているのかなと思います。(あとはサービスを始めた時期とかもあると思いますが。)

ちなみに、これまでインズウェブを利用した事がある人の数は2015年現在で800万人を超えています。多くの人がこのサービスを利用して節約に成功しているという訳ですね。では、なぜこんなにも節約できるのか?と言うと・・・

それはやはり、業界で一番多くの保険会社がインズウェブのサービスに参加しているからでしょう。その数なんと21社もあります。参加企業一覧は以下の通り。

●ソニー損保●アクサダイレクト●アメリカンホーム・ダイレクト●セゾン自動車火災●三井ダイレクト損保●チューリッヒ●イーデザイン損保●SBI損保●セコム損保あいおいニッセイ同和損保●そんぽ24●AIU保険●三井住友海上●損保ジャパン日本興亜●ゼネラリ●東京海上日動●富士火災●共栄火災●朝日火災●エース損保●日新火災

2015年8月頃までは22社でしたが、現在は21社に変わっています。

やはり、保険料を安くしたいなら、どれだけ多くの保険会社から見積もりを取れるか?というところも関係しているんでしょうね。

もちろん、リアルタイムでの見積もり結果表示も有りますし、今すぐ保険料がどれくらい安くなるのか見てみたい!という人にオススメです♪

残念ながらこんな人は見積もりできない

一括見積もりサービスの中でも最も保険料が安くなる可能性が高いサービスとして、当サイトでもイチオシのインズウェブですが、以下の条件に該当するような人や車はこのサービスを利用する事が出来ません。

■満期日までの期間が3日以内もしくは91日以上離れている方

一括見積もりを取るのがあまりにも遅いのも駄目だし、早いのも駄目です。特に気をつけたいのは満期日近くになって慌てて見積もりを取ること。満期日までの期間が3日しかない場合、インズウェブで一括見積もりを利用する事は出来ません。

その場合、わざわざ自分で色々見積もりを取らないと駄目なので、滅茶苦茶手間がかかってしまいます。何事も早め早めに行動しましょう(早過ぎると駄目ですが・・・。)

■8ナンバーや1ナンバーの車

キャンピングカーや普通貨物車は少し取扱いが異なるようで、一括見積もりを利用することは出来ません。維持費対策等で1ナンバーにする人なんかもいるようですが、ナンバー変更する前にはキッチリこういう不都合が出ないかどうかもチェックしてから行いたい所ですね。

■現契約が2年以上の長期契約の人

一般的に自動車保険の契約は1年単位で更新していくものですが、中には2年とか3年の長期契約を結んでいる人もいます。こういう人は残念ながらインズウェブを利用することは出来ません。

1年契約と長期契約とでは等級の考え方が違うからでしょう。もし、一括見積もりを利用したいのであれば、一旦1年契約に切り替えた上で実践しましょう。(ただ長期契約のメリットも捨てがたいのは事実ですけどね。)


その他利用できないケースは下記のリンク先でチェックして下さいね。

インズウェブの自動車保険一括見積もりはこちらから

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定