自動車保険見直しガイド
セーフティーサイト

ドライブレコーダーは、車に乗る人にとって色々な意味で必須です。

ドライブレコーダーはいる?いらないどっち?

しかし、ドライブレコーダーは結構高いです。高性能なドライブレコーダだと3万円以上する事も有ります。必要なツールですが、なかなか手を出しにくいですよね。

そんな人は「スマホのドライブレコーダーアプリ」を使ってみては如何でしょうか。アプリなら無料で利用できる物もありますよ。

今回は、人気のドライブレコーダーアプリを紹介します。

人気のドライブレコーダーアプリ 2015

人気の有る【無料のドライブレコーダーアプリ】を4つ紹介します。

カルー(CaroO) フリードライビングレコーダー

カルーフリー(出典:カルーフリー-google play

動画録画は勿論の事、事故検知機能も有り、ドライビングレコーダーとして十分機能します。なお、画質は使用するスマホに依存するようです。

DailyRoads Voyager

デイリーロード(出典:DailyRoads-google play

事故検知機能付きのドライブレコーダーアプリです。ダウンロード数は結構有りますが、日本語対応していないので、最初は使いにくいかもしれません。

アウトガード – カムコーダー

オートガード(出典:アウトガード-google play

事故の衝撃を検知するすると、衝撃前後の映像を自動で録画する機能が付いています。

なお、夜間はピンボケが多く発生するようです。

安全運転サポートアプリ Safety Sight

セーフティーサイト(出典:Safety Sight-google play

衝撃を受けると、その前後10秒間を自動的に録画する機能が付いています。また、手動でも「操作の前後10秒間」の録画が可能です。

さらに、ドライブレコーダーとしての機能だけでなく「自分の車の速度」と「前方車両との車間距離」から判断して、スピードを出し過ぎたりしている場合に、危険を警告してくれる機能も有ります。

スマホをドライブレコーダーとして利用する際に必要なホルダー

スマホボード

ドライブレコーダーアプリを利用するには、スマホをダッシュボードに固定するホルダーが必要になります。安い物なら1,000円前後です。

ホルダーを選ぶ際には以下の注意点を守りましょう。

  • ホルダーとスマホのサイズを合致させよう
  • スマホのカメラの邪魔にならないホルダーを選ぼう
  • スマホのサイドボタンが勝手に反応しないように注意しよう

スマホのサイズに合うホルダーを選ばないと上手く固定出来ません。スマホのサイズに関係なく固定出来るホルダーが有るので、サイズを合わせるのが面倒な人はそちらを選ぶと良いでしょう。

また、ホルダーの種類によってはカメラの邪魔になり、上手く撮影出来ない場合が有ります。スマホのカメラの位置も考慮してホルダーを選びましょう。そして、ホルダーはスマホを挟み込んで固定しますので、スマホのサイドボタンが勝手に反応しないように注意しましょう。

人気のスマホホルダー 車載搭載用(楽天市場)

あと、ホルダー以外にも、車載用の充電器が必要です。アプリを起動し続けるので、電池の消費が早くなるためです。

充電不足で肝心の動画を録画出来なければ意味が無いので、車載用スマホ充電器も用意しておきましょう。

人気の車載用スマホ充電器(楽天市場)

車探しズバットの中古車無料検索サービス

中古車ならガリバー

中古車を探す