自動車保険見直しガイド
雪道

雪道

スキーやスノーボードまた北海道や東北など雪の降る地域に観光に車で行くような場合には、雪道を通る可能性が非常に高くなります。乾燥している路面や暖かい気候で走行する場合と違い、雪道のドライブでは万が一に備えて予め準備をしておく事が大切です。

今回は、雪道ドライブをする際にどのような準備をすれば良いのかについて紹介していきたいと思います。

普段雪が降らない地域にお住いの方も、いざという時の為に車に常備しておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

寒冷地用に車を点検

自動車のバッテリーは寒ければ(熱い場合も同様ですが)充電・放電の働きが鈍くなります。また冬場はエンジンが暖まりにくいのでエンジンを始動した当初は多くの電力を必要とし、太陽が出ている時間も短いのでライト点灯時間が長くなり、暖房も強めに利用するので非常にバッテリーには負荷が掛かります。

バッテリー

バッテリーに負荷がかかるという事はバッテリートラブルが起こりやすくなる事を意味しますので、寒い地域を走行する予定が有るときは出掛ける前にはバッテリーの点検をしておきましょう。

さらに、ウィンドウォッシャー液やエンジンオイルも寒冷地用に交換しておけば、凍結やエンジントラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

雪道に備えてタイヤの準備

雪道を走行するのにノーマルタイヤのみで出掛けるのはとても危険です。

出掛ける時期や行き先の積雪量にもよりますが、基本的にはスタッドレスタイヤを履き、緊急用にチェーンを積んでおくのが良いと思います。

スタッドレスタイヤとチェーンの比較!雪道ではどう使い分けるべき?

雪道でチェーンを付けて走行している車

普段そんなに雪道を走る事が無いという人は、1回の旅行等の為にスタッドレスタイヤを買うのは勿体無いので、スタッドレスタイヤを装着しているレンタカーを利用する方が出費を抑える事が出来るかもしれません。

なお、お勧めでは無いのですが、まだスタッドレスタイヤやチェーンを装着していない時期に雪が降った時の緊急用としてスプレー式タイヤチェーンを購入される人も意外に多いようです。

用意しておきたいドライブグッズ

車の点検、タイヤの準備終了後は、トラブルに遭った場合に有ると助かる便利なグッズや寒い地域での走行時に必需品のグッズなどを揃えていきましょう。

■作業用のグッズ

  • 軍手
  • 長靴
  • 懐中電灯 等

軍手

寒冷地でのトラブルは基本的に雪上で発生することが予想されますので、普通の靴だと作業するにしろ移動するにしろ滑りやすいです。長靴だと踏ん張りも効くのでトラブル時には有効です。また素手で作業をするのは危険ですし寒いので軍手も必需品です。あと、冬場は陽が短いので懐中電灯もあれば便利かなと思います。

■雪でスタックした場合に備えてのグッズ

  • スコップ
  • スノーヘルパー
  • ペットボトル等に詰めた砂 等

スコップ

タイヤが空転して身動きが取れなくなってしまうスタックに備えてこれらのグッズを積んでおく事をオススメします。なお、スタックからの脱出方法についてはこちらを参考にしてください。

参考:雪道でスタックした(車が動かない)場合の対処方法

■その他寒冷地での必需品

  • ブースターケーブル
  • スクレーパー又は解氷スプレー
  • ロードサービスを利用する為のJAF会員証又は任意保険会社の連絡先 等

霜

出掛ける前にバッテリーを点検していたとしてもバッテリートラブルが起きる可能性は有ります。そのため、バッテリーあがりを解決するためのブースターケーブルは積載しておきましょう。これは自分の為だけでは無く困っている人の助けにもなりますしね。

あとは、自分ではどうしようも無いトラブルの場合にはプロに助けて貰う他に方法は無いので、サービスを受けられるようにJAFや保険会社の連絡先をメモしておきましょう。

お出かけ先での駐車時は凍結防止の為にワイパーを立てる事もお忘れなく!


スポンサーリンク

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定