自動車保険見直しガイド
snowgrip

先日「スプレー式タイヤチェーンの実際に使ってみた感想」を取り上げて紹介しましたが、今回はAmazonでもよく売れている「SNOW GRIP」の商品紹介を見ながら、特徴点や注意点などをまとめておきたいと思います。

面倒なチェーン付の作業やタイヤの交換が無くなって、スプレーを吹きかけるだけで雪道をスイスイ走行できればこれほど楽な事は無いですが、実際にはそうはいかないようですよ。

スプレーチェーン SNOW GRIP(タイヤグリップ)の特徴

今回紹介する商品はこちら。Amazonでも売上げランキングNo1にもなっている「TYRE GRIP [ タイヤグリップ ] 」と同性能で内容量は多いと評判の「SNOW GRIP」です。ただ、価格がちょっと高め・・・。

snowgrip

特徴点を箇条書きで紹介していきます。

  • 価格帯は2,000円~3,000円程度 *1
  • 1缶で約20本のタイヤに使える *1
  • 効果はUSAでの試験で最大70kmを達成 *1
  • 凍結道路では路面との摩擦力がノーマルタイヤと比較して300%アップ
  • 車だけでなく靴にも使える

少し気になる点についてちょっと見て行きましょう。

*1 価格と利用量・走行距離について

上記「*1」を付けた部分。

・価格帯は2,000円~3,000円程度
・1缶で約20本のタイヤに使える
・効果はUSAでの試験で最大70kmを達成

の部分ですね。自動車には4本のタイヤが付いていますから、大体使える回数としては「20本/4本=5回分」くらいでしょうか。アメリカでの実験では最大70kmまで効果が持続したとのことですが、一晩あけてから昨日スプレーしたからいいかな?というスタイルは危険だと思うので、恐らく使えても最大5回。

価格帯を2,500円とすると1回当たりの利用料は500円ですね。また、1日の走行距離が70kmを超える場合には1日で何度かスプレーする必要が有りますし、雪のない路面を走ると急速に効果が失われると注意書きに書かれていますので実際のコスパはもうちょっと悪いかも。

また、気をつけて欲しいのはやはり「最大70km」という数字です。メーカーによる効果測定の条件と私達が実際に走る雪道の条件は往々にして違います。最大70km走れるんだから、まだまだ行けるぜ~と思って走行していたらスリップしちゃった!なんてことになると大変です。

先日紹介した口コミ記事では効果の持続は30kmくらいかな?と言っておられる人もいましたので、メーカー説明よりも短い距離で効果が尽きると考えておいた方が良いでしょう。

SNOW GRIPを実際に使ってみた感想動画はこちら。

なお、同じスプレー式タイヤチェーンの「TYRE GRIP」を実際に使ってみたという動画を発見しましたので、利用する前には参考までに見ておいた方が良いと思います。

スプレー式タイヤチェーンを使う時の注意点

まず知っておきたいことはやはり「チェーン規制」との兼ね合いです。チェーン規制とは主に冬季において自動車を走行させる時に「タイヤチェーン(鎖)」もしくは「スノータイヤ・スタッドレスタイヤ」の装着を義務付ける規制の事です。

なお、チェーン規制は基本的に「チェーンを付ける」or「タイヤを替える」のどちらかでOKですが、状況によっては「チェーン装着車以外通行止」となっている場合が有ります。また、実際のチェーン規制の詳細は各都道府県の公安委員会が定めており、自分が住んでいる地域のチェーン規制の定義は確認しておいた方が良いでしょう。(どこも殆ど同じですが。)

都道府県道路交通法施行細則 又は 道路交通規則における-積雪、凍結時の防滑措置(日本自動車タイヤ協会)

そして、スプレー式タイヤチェーンでは「鎖のチェーン」にも該当しませんし、「スノータイヤ・スタッドレスタイヤ」にも該当しません。よって、チェーン規制が行われている場合には走行不可となります。知らずに止められた!なんて事が無いようにしましょう。

他の注意点としては、口コミを見てみると

  • 手につくとなかなか取れない
  • ボディーに付けると取るのが面倒
  • タイヤが白く汚れる

などなどが書かれていました。いずれにせよ、「スプレー式タイヤチェーンだけで冬をやり過ごす!」という考え方はやめておきましょう。

なぜ、雪道ではチェーンを付けたりタイヤを変えたりするのか?というとノーマルタイヤだとスリップしたりして命の危険が有るからです。数万円のタイヤ代をケチって2,000円強のスプレー式タイヤチェーンを常用し、大変な交通事故を起こしたら元も子もありませんね。

とは言え、グリップ力は実際に上がる!という声も結構有るので、スタッドレスタイヤの摩擦力を更に上げるためとか、緊急用とかであれば常備しておいて損は無いかなと思います。

スポンサーリンク

車探しズバットの中古車無料検索サービス

中古車ならガリバー

中古車を探す