自動車保険見直しガイド
人気

保険料が安くて、事故対応などのサービスの質も良い自動車保険となると、やはり「人気の有る自動車保険」となるでしょう。

では、ここで言う「人気」とは、一体何を指すのでしょうか?たくさんの人が加入している自動車保険の事でしょうか?それとも、加入した人達の満足度でしょうか?

そこで、「人気の有る自動車保険」を、リアルな数字で有る「売上(正味収入保険料)」と「ネットアンケート」の二つの指標を用いて紹介したいと思います。これで、加入者数の多さや実際に加入した人達の満足度が分かるのではないでしょうか?

売上ベースでの人気の有る自動車保険

自動車保険の「売上の大小」は、「契約者数」に大きく影響されます。契約者数が少なければ、売上は小さくなり、逆に契約者数が多ければ、売上は大きくなります。そのため、売上の大きい自動車保険は、それだけたくさんの人が契約していると考えられます。

そこで、「売上が大きい自動車保険」を「人気が有る自動車保険」だと考えた場合に、人気の有る自動車保険は以下のようになります。

(2015年3月期の各社決算より)

保険会社売上(正味収入保険料)
損保ジャパン日本興亜約1兆437億円
東京海上日動約9,898億円
あいおいニッセイ同和約6,652億円
三井住友海上約6,246億円

あいおいニッセイ同和損保は三井住友海上と同じでMS&ADグループですので、実質的にはMS&ADグループの売上がトップという事になります。

3メガ損保グループに属している4つの自動車保険が大きな売上を上げています。これら4つの自動車保険は、ダイレクト型の自動車保険と比べると保険料はやや高めなのですが、リアルな数字である売上を人気と解した場合には、人気が高いという事になります。

ちなみに、ダイレクト型で最も売上が大きいのは「ソニー損保」で、その数字は約1,000億円です。損保ジャパンと比較すれば売上規模は10分の1しか無いわけですから、ダイレクト型自動車保険が浸透してきたとは言え、まだまだ代理店型自動車保険の勢いが強いことが分かります。

逆を言えば、通販型自動車保険会社にとっては、まだまだ売上拡大余地が大きいと言う事が出来ると思います。保険料の高い代理店型で契約している人は一度で良いので、複数社の見積もりを取ってみましょう。驚くほどに安くなりますよ。

とは言え、最近通販型の売上の伸び率が鈍化している事も事実です。自動車保険を契約するにあたっては、保険料以外の「安心・安全」を第一に考える人が多いという事でしょうか。

ネットアンケートでの人気の有る自動車保険

次は、実際に自動車保険に加入した人達が「満足度」について回答したネットアンケート(オリコン価格コム)のランキング上位にきた自動車保険を、「人気が有る自動車保険」と考えて見ていきましょう。

保険料

保険料についてのネットアンケートの結果は以下のようになっています。

順位オリコン価格コム
1SBI損保SBI損保
2三井ダイレクト三井ダイレクト
3セゾン自動車セゾン自動車
4イーデザイン損保アクサ損保
5アクサ損保チューリッヒ

保険料の満足度が高い自動車保険は、ダイレクト型の自動車保険が上位を全て占める結果となっています。

ネットアンケートでの保険料満足度ランキング

事故対応

事故対応についてのネットアンケートの結果は以下のようになっています。

順位オリコン価格コム
1位ソニー損保三井住友海上
2位東京海上日動富士火災
3位イーデザイン損保東京海上日動
4位AIU損害保険損保ジャパン日本興亜
5位三井住友海上ソニー損保

事故対応に関しては、ダイレクト型と代理店型の自動車保険が入り混じった形となっています。オリコンではダイレクト型の「ソニー損保」が1位となっていて、価格コムでは代理店型の「三井住友海上」が1位となっています。

自動車保険 事故対応満足度の比較ランキング【2015年版】

ロードサービス

ロードサービスについてのネットアンケートは以下のようになっています。

順位価格コム
1位ソニー損保
2位チューリッヒ保険
3位セゾン自動車火災保険
4位三井ダイレクト損保
5位アクサ損害保険

オリコンはロードサービスのみのランキングが無いので表示していません。

ロードサービスの満足度が高い自動車保険は、ダイレクト型の自動車保険となっています。

まとめ

売上は4大損保(実質的には3大損保)が大きくリードしていますが、ネットアンケートでの満足度はダイレクト型の方がリードしています。

今回の結果を見る限りでは、保険会社の規模だけで人気を推し量る事は出来ませんね。実際にダイレクト型の自動車保険の方が満足度は高いわけですから。

但し、ネットアンケートはWEBに日常的に触れている層が回答している事もあり、自動車業界全体の傾向を表しているとは言い難いです。

だって、普通に考えて代理店型で契約している人ってWEBに詳しくない人が多いはずですからね。そう考えると、ネットアンケートだけの結果を見てロードサービスや事故対応のレベルを判断するのは少し間違っているのかもしれません。


なお、保険料の満足度でダイレクト型の自動車保険が上位に位置していますが、人によっては代理店型の自動車保険の方が安い場合も有ります。なぜなら、契約する人の条件次第で保険料は大きく変わりますし、保険会社によっても保険料は変わるからです。

そのため、満足の行く保険料にしたいのなら、複数の保険会社を一括で見積りした方が良いかと思いますよ。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定