自動車保険見直しガイド
おとなの自動車保険

おとなの自動車保険(出典:おとなの自動車保険

ここでは、セゾン自動車火災保険の”おとなの自動車保険”について解説していきたいと思います。

テレビCMでは、最近ドラマで引っ張りだこの香川照之さんが「大人の階段の〜ぼる〜♪」と軽快に階段を登っていきます。分かりやすいCMで好感を持つ方も多いのではないでしょうか。

なお、セゾン自動車火災保険株式会社は損保ジャパン日本興亜損保のグループ会社です。基盤のしっかりした保険会社グループなので経営についても安心できますね。

以下の補償内容などの情報は、2016年6月1日以降の契約を対象にした保険約款等に基づいて作成しています。

セゾン「おとなの自動車保険」の補償内容

セゾン自動車火災保険が提供している「おとなの自動車保険」の補償内容を一覧形式で紹介します。

最終更新日:2017年3月28日
おとなの自動車保険の補償内容一覧

おとなの自動車保険は「対人賠償保険・対物賠償」の2つが基本補償となっています。この上にオプションの特約を付けていく感じですね。

ピックアップ補償①:ニーズに合わせて細かく設定できる車両保険

一般的な車両保険は、2つ又は3つのタイプから補償範囲を選択します。一般車両保険やエコノミータイプ、車対車の事故に限定したタイプなどですね。

車両保険とは~一般型とエコノミー型で補償範囲が違います

車とPC

それに対しておとなの自動車保険の車両保険は、契約者が必要と思う補償だけを選んで付帯する事が出来ます。ニーズに合った車両保険を組む事でより合理的な補償及び保険料を実現できるんですね。

具体的には、以下の5つの事故や損害を自由に組み合わせていきます(不可能な組み合わせも有ります)。

  • 車と車の事故
  • 単独事故・当て逃げ
  • 火災・落書き・台風
  • 盗難
  • 自宅・車庫での水害

また、車両保険を付帯する際に設定する「免責金額(自己負担額)」のパターンも豊富です。全部で7パターン有ります。補償の組み合わせと併せて免責金額を設定する事でより保険料を節約する事が出来ます。

車両保険に免責金額を設定して保険料を節約~おすすめ免責金額も紹介!

なお、車両保険にはもらい事故の際に保険を使っても等級が下がらない、いわゆるノーカウント事故として取り扱う「車両無過失事故に関する特約」が自動付帯されます。

ピックアップ補償②:家族の事を想う「人身家族おもいやり特約」

人身家族おもいやり特約は、人身傷害保険の補償をより充実させる特約です。自動車事故はいつ起きるかわかりません。自分にもしものことがあった場合の為に補償を厚くしておくことは、残された家族の為にもなります。

車と家族

この特約では、人身傷害保険の補償範囲内の事故によって、所定の重度後遺障害を負い介護が必要となった場合に「介護支援保険金」が支払われます。また、“死亡”又は“所定の重度後遺障害”を負った場合には「子育て支援保険金」が支払われます。

「介護支援保険金」は、後遺障害の内容や被害者の年齢をもとに、人身傷害保険で計算される「将来の介護料」と同額の保険金が支払われます。

つまり、人身傷害保険にこの「人身家族おもいやり特約」をセットしていると、「将来の介護料」は2倍支払われることになります。

また、扶養者である被保険者が死亡または所定の重度後遺障害を負った場合で、「19歳未満の被扶養者」がいるときに、年齢に応じて被扶養者1名につき、以下の「子育て支援保険金」が支払われます。

被扶養者の年齢子育て支援保険金の額
6歳以下の場合650万円
7歳~9歳の場合550万円
10歳~12歳の場合450万円
13歳~15歳の場合350万円
16歳~18歳の場合200万円

ピックアップ補償③:ロードアシスタント特約について【ロードサービスは自動付帯ではない!】

ロードサービス

セゾン火災「おとなの自動車保険」は「ロードアシスタンスが自動セットではない」という点に特徴があります。一般的な自動車保険では、ロードサービスは自動的にセットされていて、その費用は保険料に組み込まれています。

しかしセゾン自動車保険では、既にJAF会員になっているなど他のロードサービスを受けることが出来る人にとって「ロードサービスはあまり意味の無いサービス」であると位置づけて、オプションにすることで保険料を節約出来るようにしています。

セゾン自動車火災の事故対応

以下、セゾン自動車火災保険の主だった事故対応内容です。

  • 24時間365日対応の事故受付
  • ALSOKの隊員による事故現場安心サポート *1
  • GPS位置検索サービス有り
  • 土日祝も初期対応サポート有り
  • 事故解決ナビゲーターとエキスパートチームによる対応有り *2
  • 全国260ヶ所のサービスセンター網と提携!*3
  • 約600ヶ所の指定整備工場
上記の中でも気になったものをピックアップして紹介しますね。

*1:ALSOKの隊員による事故現場安心サポート

ALSOK事故現場サポート(出典:セゾン自動車火災

まず、事故の時に現場でやるべき事をご存知ですか?列挙すると以下のような内容です(全てでは有りません)。

  • 怪我人の救護
  • 救急・警察へ通報
  • 安全の確保(二次災害の防止)
  • 保険会社へ連絡
  • 被害者とのやり取り 等々

【交通事故の加害者のリアルな体験談】

気が動転し不安に押しつぶされそうになる中、これらの事を1つずつこなしていかなければなりません。そんな事故当事者をフォローする為に考えられたサービスが「ALSOK隊員の事故現場安心サポート」です。

なお、このサービスはロードサービスの一環ではなく、セゾン自動車火災保険の契約者全員に無料で提供されます。

全国約2,400箇所に有る拠点からALSOKの隊員が事故現場にかけつけ、契約者の現場での事故対応をサポートしてくれます。また、事故対応のサポートだけでなく、事故現場の写真を撮るなど、証拠保全も行ってくれます。

このサービスが有れば、普段通らない場所での事故も一人で運転中の事故も安心ですね。

*2:事故解決ナビゲーターとエキスパートチームによる対応有り

事故対応チーム

対人・対物賠償の豊富な知識と経験を持ち合わせた客対応のスペシャリストである「事故解決ナビゲーター」と相手方との交渉をする「エキスパートチーム」が事故解決に向けたサービスを提供してくれます。

事故解決までの連絡を「事故解決ナビゲーター」が専属ですることになるので、対人事故、対物事故など、複数の担当者から連絡が来て混乱するという事態を防ぐことができます。

また、対人・対物賠償「エキスパートチーム」と連携することで、事故の相手方との交渉や病院など必要な連絡先への連絡などをスムーズにしてくれます。

注意:初期対応は9:00〜17:30の対応になり、事故の受付時間によっては翌日以降の対応になることがあります。

*2:全国260ヶ所のサービスセンター網と提携!

損保ジャパン日本興亜のグループ会社という強みを活かし、全国約260ヶ所のサービスセンターと連携した全国損害サービスネットワークのサポートを受ける事が出来ます。

具体的にはエキスパートチームと連携し、交渉を有利に進めたり、「技術アジャスター」という専門職の方が、整備工場に預けられた車両を確認してくれます。

セゾン「おとなの自動車保険」のロードサービス

セゾン自動車火災保険のロードサービスについて見ていきましょう。

  • レッカー無料距離:約300km
  • 現地での応急処置*1
  • 宿泊費用(1名1万円が上限)
  • 移動費用(1名2万円が上限・タクシーやレンタカーの場合は1台に対し2万円が上限)
  • ガス欠時の燃料給油(10ℓまで無料・年1回)

*1:現地での応急処置

ロードサービスの到着を待つ家族

現地での応急処置としては、バッテリー上がり時のジャンピングやスペアタイヤ交換、カギの解錠など様々な処置がありますが、注目すべきは、脱輪の引き上げです。

一般的には、脱輪の場合は1輪までだったり、落差1mまでだったりと制限があるのですが、セゾン自動車火災保険では落差1m超や2輪以上、クレーン作業などの特殊作業についても対応してくれます。

おとなの自動車保険の保険料の割引制度

セゾン自動車火災保険には主として6つの保険料割引制度+セカンドカー割引+早期継続割引+従来のリスク細分型割引が存在しています。

種類割引内容備考
インターネット割引10,000円※1
インターネット割引(継続)10,000円
証券不発行割引600円
新車割引不明
電気・ハイブリッド車割引1,200円※2
ゴールド免許割引不明
おとなの2台目割引600円
おとなの継続お早め割引400円※3
リスク細分型割引走行距離割引
使用目的割引
主な使用地割引

*1 分割払の場合は、年間9,960円の割引になります。
*2自家用乗用車のみ対象。保険始期が初年度登録月から13ヶ月以内の場合に対象になります。
*3 現在の契約の満期日前から30日前又は50日前までに契約手続きを完了すると適用されます。


現在、セゾン自動車火災では紹介キャンペーンが行われています。自動車保険を紹介した人と紹介されて契約した人にそれぞれ1,000円分の図書カードがプレゼントされます。

セゾン自動車紹介キャンペーン(出典:セゾン自動車火災

セゾン自動車火災保険の顧客満足度

ここでは「2017年度のオススメ保険会社ランキング」からセゾン自動車火災保険の顧客満足度を紹介します。

下記表のロードサービス部門のランキングは、当サイトが独自に調査・比較した結果を掲載しています。それ以外の部門はオリコンのランキングを掲載しています。

ランキングの種類順位
総合部門2位
保険料部門2位
事故対応部門8位
ロードサービス部門2位
年代別40代:5位
50代以降:2位

総合部門でも各個別部門でも高い評価を受けている事が分かりますね。セゾン自動車火災保険がターゲットとしている40代・50代以降の年代で上位にランクインしているのも注目ポイントの1つでしょう。

このランキングと併せて、次に紹介する口コミ・評判も参考にして下さい。

セゾン自動車火災の口コミ・評判

■良い口コミ■

・他社に比べ非常に分かりやすい手続きです。オプションをいろいろ変えて見積もり出来る事がありがたい。

・補償内容の説明が分かりやすく、見積もり・申込がスムーズに出来る点がいい。

・シニアの年齢層が自動車保険に入る場合の保険料が安い。

・教職員自動車保険に元々入っていて、こちらに変更する時に等級引き継ぎが可能な点がよかった。

悪い口コミ

・車両の入れ替えをする時に連絡をしてから1週間近くも放置された。

・事故のときの対応はとても丁寧だったが、自信が無いのか、おどおどしている感じがあり、こちらまで不安になった。

・更新切れ直前に連絡がなかった。

・事故担当者の対応が遅く、こちらからいちいち連絡しないと先に進まない。

その他の口コミ

・「おとなの・・・」という商品名と企業イメージ+TVコマーシャルの俳優イメージがマッチして好印象

香川照之さんが大人の階段を登っていくCMが、保険会社の伝えたい事がわかりやすくて好感が持てますね。

・メインのクレジットカードとして、長くセゾンカードを使ってきたので親近感がある。

元々セゾンはクレジットカードや投資信託などを事業としているので、他の事業でしっかり信頼を得ていると保険事業でも一定の信頼が得られるということですね。

まとめ

セゾン自動車火災「おとなの自動車保険」はいかがでしたか?総合力の高い自動車保険という印象を持った人が多いのではないかと思います。

ダイレクト型の強みを活かした「保険料の安さ」、代理店型にも負けない「事故対応力」「ロードサービス」。顧客満足度の総合ランキングで2位に入るだけの事はありますね。

自動車保険を選ぶ際の有力候補の1つとして考えても良いのではないでしょうか?

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定