自動車保険見直しガイド
保険会社のオペレーター

代理店型と通販型の自動車保険を比較すると、保険料の安さは通販型自動車保険に軍配が上がります。「保険料が安い」からこそ、通販型自動車保険の売上シェアは毎年右肩上がりで上昇を続けています。

では、通販型自動車保険にデメリットは無いのでしょうか?この記事ではそのデメリットに着目しながら、代理店型自動車保険の優位性について見て行きたいと思います。

参考:ダイレクト型自動車保険のメリット

スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり

通販型自動車保険のデメリット

人それぞれ感じ方は違うかもしれませんが、通販型自動車保険のデメリットと言えば、やはり「事故現場における心細さ」では無いでしょうか。確かに保険会社に連絡をすれば、オペレーターが懇切丁寧に事故を起こした後にやるべき事を教えてくれます。

しかし、そのオペレーターが実際に事故現場に来て貴方を助けてくれる事は有りません。あくまでも電話での後方支援がメインです。

保険会社のオペレーター

しかし、代理店型の自動車保険は違います。代理店型の場合、事故の連絡は保険会社に直接連絡するのではなく、まず代理店を通すことになると思います。優秀な代理店であれば電話を受けてすぐに現場に直行して、貴方をサポートしてくれる事でしょう。

そういう意味で、通販型に対する代理店型自動車保険の優位性とは「徹底した事故対応力」に有ると考えられます。(但し、優秀な代理店に限る。)

代理店がやってくれる事

先ほど代理店型の優位性は「徹底した事故対応力」に有ると書きました。では、実際問題、代理店はどんな事をやってくるのでしょうか?いくつか事例を見て行きましょう。

■現場へ直行して加入者をサポート
初めて事故に遭うと、気が動転してどう対処して良いか分からなくなる人も多いです。また、被害者側の言いなりになって、示談の効果を知らずにその場で示談をしてしまい、自分に不利な示談を飲まされるというケースも散見されます。

事故対応経験の豊富な代理店が現場へ駆けつけてくれれば、全て任せておけばOKですし、何より「一人じゃない」という安心感を得られます。但し、加害者として事故を起こした際にやるべき事はちゃんとやりましょうね。

交通事故の現場で加害者に課せられる緊急措置義務や警察への報告義務

■事故現場の証拠保全作業
賠償金を計算する上で「過失割合」という概念は非常に重要になってきます。被害者にも過失が有れば有るほど、加害者が支払う賠償金の額を小さくする事が出来ます。

しかし、事故現場の証拠を保全しておかないと「過失割合」に関する、こちらの言い分が通らなくなる可能性も出てきます。

自分一人だけでは、その他の事で手一杯で「証拠保全」という発想は中々浮かびにくいものですから、代理店の担当者がいてくれると助かります。

■病院への見舞い(被害者・加害者側共に)や支払手続きの代行
もし入院しなければならないような事故が起きてしまった場合、代理店は上述した事故現場の処理を終えてから、病院への見舞いや保険会社への治療費の支払い手続きの代行なども行ってくれます。

場合によっては、先だって被害者へのお見舞いへ行ってくれたりもします。こちらの体が動かない時に、変わりに動いてくれる代理店の存在は非常に有り難いです。

なお、加入者自身も被害者へのお見舞いに行った方が良いのは言うまでも有りませんね。代理店に任せきりではいけません。
事故の加害者が被害者のお見舞いに行く必要性と効果

代理店が行ってくれる主だった事故対応としては以上のような物が有ります。こうやって見ると至れり尽くせりですね。こういう所にメリットを感じるので有れば、代理店型の自動車保険を選んだ方が良いでしょう。

但し、代理店によって当たり外れが有りますので、契約する前に「この代理店は真摯に対応してくれる代理店か否か」をしっかりと吟味しないといけません。ハズレの代理店経由で契約してしまうと、結局全て自分で事故対応をする羽目になりますからね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定