自動車保険見直しガイド
保険の自由化

「保険の自由化」という言葉は最近の20代くらい以下の方はあまり聞き慣れない言葉かもしれないですね、恐らく保険を意識し始める頃には既に自由化となっていましたので。
ですが、「保険の自由化」という言葉は大きな影響を日本の保険業界ひいては私たち一般消費者に対しても与えました。その「保険の自由化」について解説をしてみましょう。

スポンサーリンク

自由化の簡単な経緯

保険業界という世界は元々、護送船団方式(特定の産業において最も体力のない企業が落伍しないよう、監督官庁がその産業全体を管理・指導しながら収益・競争力を確保すること、、戦後の金融業界によくあったものです)の最たるものといわれるくらいに自由化や規制緩和に対して遅れをとっていました。

それが、1996年から2001年度にかけて行われた大規模な金融制度改革である金融ビックバンにより矢面に立たされ、一気に自由化・規制緩和の一途を辿る事になりました。

そして1996年を境に保険業界を取り巻く環境は大きく変わりました。その変わるもととなったのがこの時に改正された保険業法です。このときに改正された保険業法を新保険業法と呼び、それまでの保険業法を改正前保険業法と言ったり旧保険業法といったりするくらいに保険業法は変わりました。

そこでの目玉改正が以下の2つ。

  • ①損害保険分野の自由化(算定会料率の使用義務を廃止する・リスク細分形自動車保険を認可)
  • ②生保損保相互参入の許可
生保損保相互参入が可能になるとはどういうことかも簡単に説明しておきます。

生保損保相互参入が可能に

もともとの改正前保険業法では保険事業の定義は明確ではなかったですが、新保険業法では、「生命保険固有分野」、「損害保険固有分野」、「第三分野」と明確にわけることになり、生命保険会社は生命保険・第三分野、損害保険会社は損害保険・第三分野を事業として行うことになりました。

その結果、子会社方式による生損保相互乗り入れが認められる事になり、例えば東京海上あんしん生命保険が子会社で親会社が東京海上火災保険というような生命保険と損害保険が同一グループ会社で行えるようになりました。

以上見てくると、今では普通のことですが、保険業法が改正された当時はかなり大きな話題になっていました。過去を知る事で保険業界を見直すということも必要かもしれないですね。

保険の自由化の経緯を簡単に説明した所で以下では保険の自由化がもたらしたメリット・デメリットを紹介していきます。

保険の自由化がもたらしたメリット

自動車保険の自由化により各自動車保険会社が保険料率を自由に決めれるようになりました。これによりどのようなメリットが消費者にもたらされたのでしょう。

メリット1:安い自動車保険の登場

保険の自由化により各社が保険の値下げが始まりました。1社が値下げをすると回りの会社もその会社に契約者が集まってしまうので値下げを始めます。値下げ合戦の始まりです。

ただ値下げするのでは経営がもたないので、契約者のリスクを計算して事故を起こす可能性の低い人には安い保険料を算出するリスク細分型の保険料算出が採用されていきます。消費者にとっては保険は安いにこしたことはありません。自由化がもたらしたメリットの一つは保険料の値下げです。

メリット2:外資系の参入により選択肢の幅が増えた

自由化は何も日本企業にだけ影響を及ぼすものではありません。海外の保険会社が日本に参入するチャンスが生まれたのです。これにより消費者は今までは日本の会社しか選択肢がなかったのに外資系の参入により保険会社の選択肢が増えより自分にあった自動車保険を契約する事ができるようになりました。

メリット3:保険商品の幅も増えた

値段だけ差を付けるのではなく各社オリジナルの商品、様々な特約が登場するようになりました。基本的な補償ではなくケースに合わせた補償を謳う特約。これにより消費者は自分の生活やカーライフに合わせた自動車保険を組み立てることができるようになりました。

外資系の値下げ攻勢に耐えられず、何とか利益をひねり出せないかと考えて発売された保険商品が今の「人身傷害補償保険」です。この保険の登場に今まで補償されなかった部分の補償が適切に行われるようになりました。

メリット4:保険契約の方法の幅も増えた

今でも代理店での契約が一番多いですが、自由化によりインターネットや電話での契約ができるダイレクト型が登場しました。ダイレクト型はコストがかからないため代理店型に比べ保険料が安いのが特徴です。これも消費者の選択肢の幅が増える事に一役を担っています。

保険の自由化がもたらしたデメリット

保険の自由化は何もメリットだけをもたらしたわけではありません。メリットがたくさんある反面でデメリットも生まれています。

デメリット1:商品の複雑化

自由化によりメリットで取り上げた様々な特約の誕生や保険会社の参入により商品が複雑化し、消費者が商品に関しての把握が追いつかなくなった事がデメリットとして挙げられます。自動車保険会社側の代理店も保険に関する知識が追いつかなかったと言われています。

消費者としては契約前にしっかりと保険の内容を把握する必要があります。また、商品の複雑化により補償範囲が理解しにくく実際に事故にあった時に補償範囲外だったというケースも増えました。

デメリット2:保険金の不払い

商品の複雑化のせいで怒ってしまった不払いも有ります。保険商品の複雑化に伴って消費者も保険会社も本当なら利用できる保険を見落としてしまい、貰えるはずの保険金が支払われていなかった「保険金の不払い問題」も引き起こしました。

以上、保険の自由化がもたらしたメリット・デメリットでした。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定