自動車保険見直しガイド
ノンフリート等級のアルファベット

自動車保険を初めて契約する人は6等級もしくは7等級からスタートします。そこで多くの人が戸惑うのが、6等級や7等級の後ろに付けられたアルファベットの文字。「6Aや6B,6C,6S」など様々な種類のアルファベットが付けられています。

このアルファベットは、一体何を表しているのでしょうか?

スポンサーリンク
インズウェブ自動車保険一括見積もり

アルファベットが表す意味

ノンフリート等級の後ろに付けられたアルファベットは「新規契約か継続契約か否か」「年齢は何歳か」を主に表します。そして、これによって6等級・7等級の中でも割増引率に差を設けています。

自動車保険はご存知のように、事故を起こす可能性が高い人には割高な保険料を、事故を起こす可能性が低い人には割安な保険料を負担して貰う制度となっています。そして、「事故を起こす可能性」を測る指標の代表的な物が「運転者の年齢」「保険への加入歴」です。

「保険への加入歴」を端的に表すものが「ノンフリート等級制度」です。ノンフリート等級制度の元では、保険への加入歴が長ければ長いほど割安な保険料で自動車保険を契約する事が出来ます(もちろん、事故をせずに等級があがっていった場合の話です)。

また、保険への加入歴が長ければ、それに比例して年齢も上がりますよね。その為、保険会社としても継続契約の場合には、ある程度その運転者のリスクを把握しているので、画一的な等級制度の元で運用しても「受け取る保険料」と「支払う保険金」のバランスは崩れないだろうと判断できます。

ノンフリート等級が適用される車

しかし、以前に保険会社との契約が無く、全く新規で自動車保険を契約(これを純新規契約と呼ぶ)する場合、保険会社としては「その運転者が事故を起こす可能性が高いのか否か?」を判断する事が出来ません。(保険会社としてもまだ様子見という状態ですね。)

従って、新規契約者の場合には継続契約者との差・違いを設けるために6等級・7等級の後ろにアルファベットを付けて、リスクの有無を明確に区別しているのです。また、新規契約の時点では「事故を起こすリスク」を判断する指標が実質的に「運転車の年齢条件」しか無いため、基本的にアルファベットの意味は「運転車の年齢条件」を表します。

アルファベット毎の割増引率

アルファベット毎の割増引き率を表にまとめてみました。(保険会社によって若干の差異が有ります。)

■新規契約の場合の等級表と割増引き率
ノンフリート等級のアルファベット

表を見て頂ければ分かると思いますが、アルファベットの意味は以下のようになっています。

  • A・・・年齢問わず補償
  • B・・・21歳以上補償
  • C・・・26歳以上補償
  • E・・・30歳以上補償
  • G・・・35歳以上補償

貨物車や特殊な車両(4ナンバーetc)で保険を契約する場合には「年齢条件を選択することが出来ない」ので、そういう車で初めて保険を契約する人には「6D or 7D」が付与されます。

現在はリスク細分型自動車保険の隆盛により、特殊な車両でも年齢条件を選択できる事が多くなったので、Dというアルファベットが無い保険会社の方が多いです。


また、保険会社によっては新規契約の場合でも敢えて「6Aや6B、6C、6E、6G」などを表示せずに、新規契約をまとめて「6S」として表記し、保険会社内部で年齢別に区分して割増引率を適用している会社も有ります。

なぜ7等級にもアルファベットが付けられているのか?

中には「自動車保険って普通6等級からスタートするよね?なんで7等級にもアルファベットが付けられているんだろう?」と疑問に思った人もいるかもしれません。

それは、自動車保険を初めて契約する人でも「セカンドカー割引」の適用を受けられるなら、7等級からスタートする事が出来るからです。セカンドカー割引の詳細は下記記事を御覧ください。

セカンドカー割引

逆に言えば、初めて自動車保険に加入する人が「6等級・7等級」以外からスタートする事はまず有りません(一部例外有り(*))。従って、6等級や7等級以外の等級にはアルファベットが付けられていないのです。

* 一部例外について

自動車保険の等級を家族間で引き継げば、初めて自動車保険を契約するのに20等級からスタート出来る!なんて場合も有ります。詳細は下記記事で。
家族間で等級を引き継ぐ場合の注意点など

継続契約者が6等級・7等級になったらどうなる?

継続契約者が6等級や7等級になった場合、等級としては「6F等級・7F等級」として表されます。例えば、

  • 5等級だった人が6等級に進んだ場合
  • 10等級だった人が3等級ダウン事故を起こして7等級になった場合
などが考えられます。新規契約者の「A」とか「B」というアルファベットは使われません。

何にせよ6等級・7等級の後ろのアルファベットは「新規契約の場合」に限って、付けられるものです。1年でも保険を継続すれば、アルファベットは関係なくなります。

ただ、新規契約者の場合は、年齢条件で保険料が大きく変わるのでしっかりと把握しておきたいですね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定