自動車保険見直しガイド
リスク計算

なぜリスク細分型自動車保険が登場したか簡単に説明すると1998年に保険の自由化がはじまり自動車保険料の計算方法が大きく変化したからです。

それまでは自動車保険会社各社は自動車保険料率算定会の料率の使用義務があったため各社保険料の金額は同じでした。実は車種等の条件が同じであれば保険会社がどこであろうと保険料は同じだったんですよ!

それが1998年以降各社の保険料は変わっていきました。その理由の一つがリスク細分型の自動車保険の登場です。今ではほとんどの自動車保険会社がリスク細分型の保険料算出方法を採用しています。

スポンサーリンク

リスク細分型自動車保険とは

リスク計算

リスク細分型の自動車保険とは契約してくれるドライバーやその他の属性をリスクとみなしてそのリスクに応じて自動車保険料が変わるタイプの自動車保険の事を言います。

これだけだとよくわからないと思うので詳しく見ていきます。

リスク細分型自動車保険における「リスク」とは自動車事故を起こすリスク(確率)の事を言います。「細分」とはこのリスクを色んな項目毎に分ける事を意味します。

このリスクにどのような項目があるかというと例えば「年齢、住所、走行距離、使用目的、車種、運転者、免許の色」などがあります。

リスク高い低い
年齢10代~20代30代~50代
住所大都市田舎
走行距離多い少ない
使用目的通勤レジャー
運転者家族や他人も運転本人のみ
免許の色グリーンやブルーゴールド
      
このように項目毎のリスクを考慮して保険料の計算を行うのがリスク細分型自動車保険です。リスクが高い場合には保険料は高く計算され、低い場合には保険料は低く計算されます。

例えば年齢条件で言うと10代~20代の若年層世代の方が無茶な運転をしますし運転に慣れていない事も有り30代~50代の熟練世代と比べると事故を起こす確率は高くなります。そのため10代・20代はリスクが高いため保険料は高くなります。

免許の色で言えばゴールド免許を持っている人は少なくとも5年以上は無事故・無違反を続けているため、ブルー免許やグリーン免許の人と比べるとこれからも事故を起こす可能性は低いと判断され保険料は安くなります。

リスク細分型の自動車保険だと保険料は安くなる??

保険の自由化以降、リスク細分型の自動車保険が登場し保険料が安くなっていく傾向にあったためリスク細分型の自動車保険は安いという認識をされている人がいますが厳密に言うとそれは違います。

保険料が安くなっていったのはリスク細分型の自動車保険の恩恵というよりもむしろダイレクト型自動車保険会社が増えてきた事による要因の方が大きいのではないでしょうか。

ダイレクト型の自動車保険は代理店を介さずにインターネットや電話で直接契約を結ぶ形式のため代理店を構えるコストや人件費が掛からないので自動車保険料も安くなりますからね。

じゃあリスク細分型では自動車保険料は安くならないのか!?

というとそれはケースバイケースです。リスク細分型自動車保険は「事故を起こすリスクが低い人は保険料を安く、事故を起こすリスクが高い人には保険料は高く設定」します。

そのため契約者によって保険料が安くなるか高くなるか違うのです。普段あまり運転しない人は当然事故を起こすリスクが低いので保険料は安くなるでしょう。一方毎日車を運転する人は事故を起こす確率が高い為保険料は高くなります。

自動車保険会社が設定しているリスク項目においてリスクが低いと判断された数が多ければ多いほど自動車保険は大幅に安くなります。また反対であれば高くなっていきます。

リスク細分項目は自動車保険会社によって様々

自動車保険会社の保険料の計算方法は各会社によって違います。またリスク細分型の自動車保険と一言でいっても自動車保険会社により設定している項目に違いがあります。

ここでは分かりやすくるすために、具体的にソニー損保とSBI損保を例にとってリスク細分型項目が保険会社ごとに違うことを見ていきます。

 ソニー損保SBI損保
ゴールド免許
走行距離×
使用目的
年齢
運転者
車種・型式

2つの損保を比較してみると走行距離をリスクの要因として捉えるかどうかといった点に違いがありました。ソニー損保は走行距離を重視して保険料を算出していますが、SBI損保は走行距離に関しては全く考慮せずに保険料を算出しています。

またゴールド免許は両者とも考慮しますが、ソニー損保は約6%の割引、SBI損保は約10%の割引でした。このように同じ項目を採用していてもその内容に違いがある場合もあります。

参考:主要保険会社のゴールド免許割引のまとめ

リスク細分型といってもいろんな自動車保険を比較してみないと保険料はわからないという事がわかりますね。自分のリスクにもっとも適した自動車保険を選べば保険料は大幅に安くなる可能性があるのがリスク細分型の自動車保険です。

たくさんの自動車保険会社がありますので保険料を安くするために色んな自動車保険を比較してみてください。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定