自動車保険見直しガイド
事故現場

事故現場

交通事故に遭うと、誰しもがパニックに陥ってしまい、何をすれば良いのかが分からなくなるものです。警察への連絡等はなんとか思い付く事だと思いますが、事故後の示談に備えた行動、つまり「証拠保全」まではなかなか思い付かないかと思います。

事故直後には警察の実況見分が行われますが、悪質な事故で無い限り詳細な捜査は行われません。そのため、事故の当事者(特に被害者)が事故現場等の証拠を抑える必要が有ります。

特に現場の証拠は、車の通行や風雨によって、時間の経過とともに消えてしまうので、出来る限り早く証拠保全をするようにしましょう。

交通事故の証拠保全の必要性

交通事故でトラブルになるのは、ほぼ100%「過失割合」についてです。「ウィンカーを出した・出していない」「減速した・していない」など、加害者と被害者の意見に食い違いが発生する事がよく有ります。相手の意見に対して何も証拠が無ければ、反論する事が困難となります(真実を自分が語っていたとしてもです)。

特に死亡事故の場合には、加害者の意見だけで警察の実況見分が作成されます。加害者がもし自分に有利になるように証言していたら、証拠が無ければ何も言い返せず遺族は黙って受け入れるしか有りません。

そのため、交通事故に遭ったら「証拠保全」を真っ先に行う事が必要となります。もし、被害者自身が動けない状況(死亡・入院等)であれば、家族が動くかまたは友人にお願いして証拠保全をするようにしましょう。

どのような証拠を保全すれば良いのか

事故車

以下のような証拠は保全しておいた方が良いでしょう。

  • 事故車(修理に出す場合には写真)
  • 路面のタイヤ痕
  • 事故車の破片の散乱状況
  • ガードレールや中央分離帯の損傷
  • 事故当時身に付けていた衣服や物など
  • 現場周辺の監視カメラの画像 等

どのような証拠が有効な証拠となるかは、後々になってみないと分かりません。そのため、上記以外に何か気になる点が事故現場に有ったならば、写真等に収めておきましょう。また、ドライブレコーダーを設置していれば、事故前後の動画も有力な証拠となります。

ドライブレコーダーはいる?いらないどっち?証拠保全には必須

そして、写真を撮る際には以下のように工夫すれば、より良い証拠写真になるかと思います。

  • 事故現場で撮影されたとわかるように目印になる物をなるべく写し込む
  • 破片や傷などの大きさがわかるように、定規やタバコのケースなどと一緒に撮影する
  • 1方向からだけではなく、色んなアングルから撮影する 等

交通事故の原因究明を行う「交通事故鑑定人・駒沢幹也氏」曰く、

「事故車の傷と現場の痕跡を読めば、その瞬間の真実はほとんどわかる」

出典:(自動車保険の落とし穴:著者 柳原三佳、出版 朝日新書 )

証拠というのは、それだけ如実に真実を語りかけます。さらに、交通事故鑑定人は上記の内容に、以下の言葉を添えています。

「人は嘘をつくが、車に残ったキズは決して嘘をつかない」

交通事故に遭った場合には、現場等の証拠が真実究明に繋がる事を信じて証拠保全を行うようにしましょう。

車探しズバットの中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

無料一括査定