自動車保険見直しガイド
車間距離

2009年10月から、高速道路における「車間距離不保持違反」の罰則が強化されたのはご存知ですか?強化された理由は、高速道路での追突事故が後を絶たず、その要因の1つとして適正な車間距離を保っていないドライバーが多い事が挙げられたからです。

最大の要因はスピード超過ですけどね。

車間距離

罰則が強化された経緯を考えると、車間距離の取締りは強化されたはずなのですが・・・。実際のところ”車間距離不保持違反”で取締りを受ける機会はそう多く有りません。

内閣府(参考資料は警察庁)によると、平成27年中の高速道路での車間距離不保持違反の取締り件数は全体(高速道路上での違反)の1.3%なんだそうです。件数にして7,571件です。取締りを受けた経験の有る人が少ないはずです。

罰則が強化された高速道路でこれだけ少ないわけですから、一般道路での取締り件数(率)はおそらくもっと少ないでしょう。警察庁の統計データでは取締り件数の少ない違反と「その他」で一纏めにされているぐらいです。

あまり捕まらない違反に対して興味を持つ人は必然的に少なくなります。そのため、車間距離不保持違反について詳しい人は、あまりいないのが現状ではないでしょうか?

前置きが長くなりしたが、今回は車間距離不保持違反の内容について紹介したいと思います。

車間距離不保持違反とは

車間距離に関する規定は、道路交通法第26条に定められています。

(車間距離の保持)
第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

簡単にすると「同一車線の前方車両と適切な車間距離を保ちましょう」という事ですね。「適切な車間距離」については後述しますが、何が有っても追突しない距離となります。

交通違反で取締りを受ける女性

これに違反すると車間距離不保持違反で取締りを受けます。違反による罰則は、「高速道路」と「一般道路」で内容が異なります。それぞれについて見ていきましょう。

【高速道路の場合】罰金・反則金・点数

高速道路で車間距離不保持違反で取締りを受けた場合の罰則は以下の通りです。

3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法第119条1項一号の四)

ただし、車間距離不保持違反は交通反則通告制度の対象なので、反則金を支払えば上記の罰則を受ける事は有りません。

その反則金と加点される点数は以下の通りです。

反則金(普通車)点数
9,000円2点

【一般道路の場合】罰金・反則金・点数

一般道路で車間距離不保持違反で取締りを受けた場合の罰則は以下の通りです。

5万円以下の罰金(道路交通法第120条1項二号)

高速道路の場合と同様に反則金を支払えば、上記の罰金を支払う必要は有りません。

反則金と加点される点数は以下の通りです。

反則金(普通車)点数
6,000円1点

適切な車間距離とは?

車間距離

前方車両と「適切な車間距離」を保っていないと警察に取締りを受けるわけですが、どれくらい車間距離を保てば良いのか?と疑問に思いますよね。

この疑問に対して警察も法律も具体的な距離で答えを示していません。違反を取り締る警察には一定の基準が有るはずですが、残念ながらその内容は不明です。

果たして、適切な車間距離とはどれくらいの距離を言うのでしょうか?

一般的な車間距離の目安

教習所の教本には、車間距離の目安が以下のように記載されています。

  • ① 時速30km~60kmの場合は「走行速度の数字-15」(例:時速50kmで走行している場合は50-15=35m)
  • ② 時速60km超の場合は「走行速度の数字と同じ」(例:時速100kmで走行している場合は100m)

教習所では適切な車間距離についてこのように教えているんですね。覚えていましたか?少し適当な目安にも思えますが、実は計算に裏打ちされた数字なんです。

そこで車の停止距離(危険を察知してから車が停止するまでの距離)を計算して確かめてみましょう。

車の停止距離

車の停止距離は「空走距離」と「制動距離」の合計で計算されます。

空走距離:危険を察知してブレーキを踏み始めるまでに車が走行する距離
制動距離:ブレーキを踏んでから車が停止するまでの距離

それぞれの距離と合計距離である停止距離は、走行速度が速くなるほど長くなっていきます。それぞれの距離と走行速度との関係を示したのが下の表です。

■乾燥した路面での停止距離(空走距離の反応時間を1秒で計算)

速度空走距離制動距離停止距離
30km/h8.33m5.06m13.39m
40km/h11.11m9m20.11m
50km/h13.89m14.06m27.95m
60km/h16.67m20.25m36.92m
80km/h22.22m36m58.22m
100km/h27.78m56.24m84.02m
120km/h33.33m80.99m114.32m

さきほどの目安と比べてみてどうでしょうか?60km/h未満なら「速度-15」で計算した車間距離を保っていれば十分に停止出来る事になります。60km/h超でも同様です(速度-15でも大丈夫そうですが)。

ただし、天候、路面の状況、タイヤの状態などにより停止距離は異なります。濡れた路面や積雪の有る路面での停止距離は、晴れた時の路面の停止距離(上の表)よりも長くなります。

雪道を走行する車

そのため、天候や路面などの状態によって前方車両との車間距離を変えていく必要が有ります。参考として「濡れた路面」「積雪の有る路面」での停止距離も載せておきます(同じく反応時間は1秒)。

■濡れた路面での停止距離

速度空走距離制動距離停止距離
30km/h8.33m7.09m15.42m
40km/h11.11m12.6m23.71m
50km/h13.89m19.69m33.58m
60km/h16.67m28.35m45.02m
80km/h22.22m50.39m72.61m
100km/h27.78m78.74m106.52m
120km/h33.33m113.39m146.72m

■積雪の有る路面での停止距離

速度空走距離制動距離停止距離
30km/h8.33m23.62m31.95m
40km/h11.11m41.99m53.1m
50km/h13.89m65.62m79.51m
60km/h16.67m94.49m111.16m
80km/h22.22m167.98m190.2m
100km/h27.78m262.47m290.25m
120km/h33.33m377.95m411.28m

車間距離の測り方

運転席から見て前方車両との車間距離がどれくらい空いているか分かりますか?感覚で「これぐらいかな」と思っていても、「実際の車間距離」とは意外と大きくズレているんですね。

そこで次は「車間距離の測り方」について紹介します。適切な車間距離を知っていても実際にその距離を保てないと意味が有りませんからね。

車間距離確認表示板を利用

高速道路には車間距離確認表示板が設置されています。車間距離確認表示板は下記のように3枚1組となっていて、「0m」の表示板を起点に前方車両との車間距離を測る事が出来ます。

  • 制限速度が時速80kmの高速道路・・・0m、40m、80m
  • 制限速度が時速100kmの高速道路・・・0m、50m、100m

さきほど紹介した適切な車間距離の目安と連動しているので、車間距離を測るには便利なツールとなります。

車線の長さを利用

破線が引かれている道路では、車線の白線の長さを利用して車間距離を測る事が出来ます。

  • 一般道路・・・白線の長さ:5m、白線と白線の間隔:5m
  • 高速道路・・・白線の長さ:8m、白線と白線の間隔:12m

高速道路の車線

白線と何も塗られていない部分を1セットと考えると、その合計は一般道路が10m、高速道路が20mとなります。例えば、一般道路で時速40kmで走行している場合は、前方車両と3セット分の車間距離を保てば、距離にして30mの車間距離を保っている事になります。

時間距離を利用する

時間距離とは、一定の時間で進む距離の事を指します。これを利用して前方車両が電信柱や標識などの目印を通過してから自分の車両が同じ地点を通過するまでの時間で車間距離を保ちます。

車と時間

下記表は4つの速度の時間距離です。

時速2秒3秒4秒
40km/h22.22m33.33m44.44m
60km/h33.33m50m66.66m
80km/h44.44m66.66m88.88m
100km/h55.55m83.33m111.11m

例えば、時速40kmの適切な車間距離は25mなので、2秒又は3秒が適切な車間距離を保つ時間距離となります。こう考えると、一般道路では2秒又は3秒、高速道路では3秒又は4秒が適切な車間距離を保つ時間距離となります。

【参考】煽り運転を回避する方法

適切な車間距離について紹介しましたが、実際の道路では適切な車間距離を保っている車は稀です。かなり距離を詰めて走行しているのが現実です。

もし、今回紹介した車間距離を保って走行した場合どうなるでしょうか?おそらく後ろの車に煽られてしまいます。まあ車間距離を詰めて走行していても煽る車はいますけどね。

煽る車

後続車に煽られた経験はほとんどの人が有ると思います。不快な気持ちになるばかりか、後ろが気になって仕方有りませんよね。精神上も安全上も非常に良くない状況です。もちろん悪いのは煽る車なんですが。

そこで、気持ちよくかつ安全にドライブするために煽り運転を回避する方法を紹介します。

複数車線ではキープレフト

煽り気質の有るドライバーは、基本的に追い越し車線を走行します。右側の車線ですね。推測ですが、彼らの中では早い車は右車線を走り、遅い車は左車線を走る、と思っています。

そんな彼らの前で安全運転で右車線を走っていたら「なんで遅い車が右車線を走ってんだよ!」ってなるわけです。次の瞬間には煽り運転が始まります。

そのため、煽られたくない場合は「キープレフト」を心掛けて運転するようにして下さい。また、右車線を走らなければならない時も有りますが、煽られたら大人の対応で道を譲って先に行かせてあげて下さい。

一車線の場合

煽り気質の有るドライバーは一車線の道路を非常に嫌がります。なぜなら、前方車両が遅かったらその速度に合わせて走行しなければならないからです。すぐにイライラして煽り運転を始めます。

イライラするドライバー

この場合はハザードランプを点灯させて、減速しつつ路肩に車を寄せて下さい。それだけで「お先にどうぞ」というサインになるので、煽っていた車は右からサンキューハザードを点灯させながらスッと追い抜いていくでしょう。

さっきまでお互いに不快な気持ちだったのが、お互いなぜか心地良い気持ちになっちゃたりします。冗談はさておき、煽り運転を回避するには道を譲る事が最適な方法です。

1つ付け加えると、煽られやすい人は後方をあまり確認しない人です。高速道路ではその傾向が特に強くなります。運転する際は後方の確認を怠らず、速い車が近づいてきたら早めに道を譲るようにしましょう。そうすれば煽られて不快な気持ちをせずに済みます。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定