自動車保険見直しガイド
サンダルを履いて運転席から足を出す人

サンダルを履いて運転席から足を出す人

自宅近くのコンビニや駅など、短時間だけ車を運転する時にすぐに履けるサンダルで出掛ける事って有りませんか?また、普段下駄(ゲタ)を履く人は少ないと思いますが、花火シーズンには浴衣姿に下駄を履いて車で出掛ける事が有ると思います。

実は、サンダルや下駄等を履いて運転する事が交通違反になる可能性が有るんです。どういうことなのか詳しく見ていきましょう。

サンダルや下駄等で車を運転したら交通違反になる?

冒頭で書いたように、サンダルや下駄で車を運転する行為は交通違反になる場合が有ります。

根拠となる条文は、道路交通法第71条六号です。

六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

ただこの条文だけでは、サンダルや下駄での車の運転が禁止されているのかどうかはっきりしません。従って、公安委員会が定めた道路交通法施行規則又は細則を見る必要が有ります。

道路交通法施行規則・細則は各都道府県の公安委員会が独自に定めており、その内容は微妙に異なります。つまり、サンダルや下駄での車の運転が違反になるかどうかは都道府県によって異なる事になります。

基本的にサンダルや下駄での運転は違反

パトカー

では、早速各都道府県の道路交通法施行細則を見てみましょう。具体例として香川県と広島県の道路交通法施行細則を紹介しますね。内容は以下の通りです。

■香川県

第20条 (6) げた、サンダルその他運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

(引用:香川県の道路交通法施行細則

■広島県

第10条 (6) サンダル、げたその他運転に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

(引用:広島県の道路交通法施行細則

このように「運転に支障を及ぼすおそれのある履物」を履いて運転する行為は禁止されています。そして、その例示としてサンダルと下駄が明記されています。そのため、広島県や香川県ではサンダルや下駄での車の運転は違反になります。

スリッパ

ここで注意して欲しいのは「例示されていない履物は違反にならない」と勘違いしてしまう事です。紹介した2つの県の場合だと「スリッパ」は例示されていませんよね。だからといって、スリッパを履いて運転しても良いわけでは有りません。

禁止されているのは「運転に支障を及ぼすおそれのある履物を履いての運転」です。例示されていなくいても「運転に支障を及ぼすおそれのある履物」に該当するのであれば違反になります。

スリッパに関して言えば、一般的にサンダルや下駄と同系統の履物です。サンダルや下駄が「運転に支障を及ぼす履物」に該当する以上、スリッパも「運転に支障を及ぼす履物」と考えた方が無難でしょう。

ただし、道路交通法施行細則に例示されていない履物の中でどのような履物が「運転に支障を及ぼす履物」に該当するのかは各都道府県の警察次第です。運転する前に、管轄の警察に確認しておいた方が良いでしょう。

なお、ほとんどの都道府県では「運転に支障を及ぼす履物」の例示として「下駄」のみを挙げています。例えば、兵庫県や岩手県などです。

■兵庫県

第9条 (7) げた、その他安全な運転に支障のあるものを履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

(出典:兵庫県の道路交通法施行細則

■岩手県

第14条 (1) 運転の妨げとなるような服装をし、又は下駄たその他運転の妨げとなるような履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

出典:岩手県の道路交通法施行細則

このような道路交通法施行細則であっても考え方はさきほど紹介した通りです。サンダルやスリッパでの運転は避けた方が無難でしょう。

サンダル・下駄等での運転が違反となった場合の点数と反則金

サンダル・下駄等で車を運転していて警察に取締りを受けた場合は「公安委員会遵守事項違反」となります。反則金は以下の通りです(参考:警視庁)。

違反名反則金(普通車)点数
公安委員会遵守事項違反6,000円0点

【参考】ベルトで踵(かかと)が固定されるクロックスも違反になる?

クロックスシューズ

クロックスもサンダルの仲間ですが、ベルトで踵(かかと)を固定出来るので、一般的なサンダルよりは脱げにくくなっています。そのため、ベルトを踵に回して足を固定していれば「違反にならない」という意見も有ります。

しかし、結局クロックスもサンダルの仲間なので、違反になるかどうかの考え方はサンダルと同じです。つまり、各都道府県の公安委員会が規定している「道路交通法施行規則又は細則」次第という事になります。

ただし、施行規則には「クロックスがOK」とは明示されていないので、違反になるかどうかを警察に確認した方が良いでしょう。

ちなみに、山梨県では以下のように規定されています。

第10条 三 げた、足に固定しないサンダル、スリッパ等運転操作を妨げるおそれのある履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

(引用:山梨県の道路交通法施行細則

「足に固定しないサンダル」が違反となるので、「踵をベルトで固定するクロックス」を履いて車を運転する事は違反にならなそうです。条文を読んでの予想なので、山梨県に住んでいる人も念の為警察に確認して下さいね。

なお、クロックスで車を運転して違反となった場合もサンダルと同様に反則金6,000円(普通車の場合)、点数は0点です。

まとめ

サンダルや下駄、スリッパ等での車の運転は基本的に違反になりますが、都道府県によっては違反にならない履物も有ります。

従って、どのような履物が違反になるのかを知りたい人は警察に確認するようにして下さい。

なお、サンダル等での運転はスニーカーなどの運転しやすい靴と比べると事故を起こす危険性が高くなります。たとえ違反にならなかったとしてもサンダルでの運転は控えた方が良いでしょう。

車探しズバットの中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

無料一括査定