自動車保険見直しガイド
講習

違反点数の合計が6点以上(前歴が無い場合)になれば、免許停止処分を受ける事になります。そして、免許停止期間は、違反点数によって異なります。

免停(免許停止)になる違反点数と停止期間・前歴との関係性

免許停止期間が過ぎるまでは、運転免許は没収された状態なので、当然運転は出来ません(運転すると無免許運転)。しかし、停止処分者講習を受ける事で、免許停止期間を短縮する事が出来ます。

今回は停止処分者講習について紹介します。

停止処分者講習の内容

講習

免許停止期間を短縮する事が出来る停止処分者講習には、処分期間に応じて、短期講習・中期講習・長期講習の3種類が有ります。それぞれの講習時間や講習料金は、以下のように異なります。

 短期講習中期講習長期講習
処分期間30日60日90日以上
講習時間1日で6時間2日で10時間2日で12時間
講習料金12,600円21,000円25,200円

で、気になる講習の内容は、主に以下のようになっています。3種類の講習(短期講習・中期講習・長期講習)それぞれで、全く違う講習を行うわけではなく、講習時間に応じて内容をより細かくしているといった感じです。

  • ビデオ鑑賞(交通安全について)
  • 運転シュミレーター
  • 運転適正診断
  • 教本を用いた座学
  • 個人面談(上記の内容を受けての指導など) 等

講習内容は教習所で受けた内容とあまり変わりません。そのため、1度免許を取得した事の有る受講者にとっては、かなり退屈な内容かもしれません。

注意して欲しいのは、講習を受ける態度(居眠りなど)も、停止期間の短縮に反映されるようです。講習開始前に、教官から「講習態度」についての注意(脅し?)を受けるかと思います。

停止期間の短縮についてですが、全講習終了後に「筆記考査」を受けて、その結果に基づいて短縮期間が決定されます。

ワンポイントアドバイス

教本による講習時間が3時間前後行われますが、考査に出る内容をピックアップして教官が講義を行ってくれます。

真面目に講義を受けていれば、考査で良い点が取れる確率がかなり高くなりますよ。

出題形式は、正誤問題となっていて、○か×を選択する1択問題が38問、○か×かを三つ選ぶ3択問題が2問の合計40問となっています。難易度は、仮免許の学科試験レベルです。不安な人は、上記のように講義をしっかりと受けておきましょう。

で、考査の結果により、短縮される期間は以下の通りです。

講習区分処分日数短縮日数
(成績:優)
短縮日数
(成績:良)
短縮日数
(成績:可)
短期講習30日間29日25日20日
中期講習60日間30日27日24日
長期講習90日間45日40日35日
120日間60日50日40日
150日間70日60日50日
180日間80日70日60日

(出典:警視庁-停止処分者講習要綱別表第2

考査成績の優は85%以上の得点、良は70%以上の得点、可は50%以上の得点となります。

仮に50%未満の得点であった場合でも後日再考査を受けることが出来ます。ただし、再考査の場合の短縮日数は、得点が「優・良・可」のいずれかに関わらず、可の欄の短縮日数となっています。なお、再考査がダメだった場合は、再々考査はなく免停期間が過ぎるまで待つしか有りません。

実際は、ほとんどの人が「優」を獲得し、最大短縮期間を取得しています。もう一度書きますが、考査の難易度は高くないんです。

語弊を恐れず書くと、停止処分者講習は短縮期間を講習料金で購入する制度と言えます。

で、例えば免停期間が30日間の人が見事に考査の結果で「優」を獲得すれば、免停期間が29日短縮されて残りたった1日となります。この場合受講した日に免許証が返還されますが、その日から運転しても良いというわけでは無いので、運転は控えて下さいね。

停止処分者講習を受講する場所・日時そして必要な物

停止処分者講習の受講場所は、住所地の運転免許免許試験場や、警察から委託を受けた教習所、交通安全センターです。運転免許停止処分書にも記載されているかと思います。

また、受講日時は、短期講習では停止処分を受ける当日に受講する事も出来ます。中期・長期講習は予約が必要です。

なお、受講日は、平日限定となっています。土日祝日に受講する事は出来ません。

■必要な物

  • 筆記用具
  • 講習料金
  • 運転免許停止処分書
  • 印鑑

停止処分を受けていない場合には、運転免許行政処分出頭通知書と運転免許証が必要です。

車探しズバットの中古車無料検索サービス

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定