自動車保険見直しガイド
定期点検

定期点検と車検は何が違うのか?といった疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。というのも普通は車検と同時にディーラー側で定期点検(24ヶ月点検)も行ってくれているからです。知らず知らずのうちに勝手に終わってしまっているので定期点検と車検の区別が付かないのです。

スポンサーリンク

車検と定期点検の違い

車検は保安基準といった自動車の安全適合性に対する基準に適合しているかどうかで合否を決めます。例えば車両の規格(長さや車高等)であったり、環境基準(廃棄ガスの量や騒音等)であったり、装備(ライトの種類や外部装備等)であったり詳細な検査項目があります。つまり法律で定められた規格内通りの車かどうかを検査するのです。詳細は下記記事を参照のこと。

参考記事:車検とは?車検を受ける時期や種類(ユーザー車検etc)

一方、定期点検は車両の不具合や故障を未然に防ぐ為に行われます。例えばブレーキはしっかり機能するかタイヤの状態は良好かなど車両が安全に走行できるかどうかをチェックします。車検のように「地上からの高さがどれくらいあるか」などは点検しません。ただ両者ともに安全に対する検査・点検なので同じような検査をすることもあります。

また、検査・点検を受ける期間も違います。車検は新車の場合は3年で以後2年毎に検査を受ける必要がありますが、定期点検は2年、1年、6ヶ月、3ヶ月等の期間があります。

以上が大まかな車検と定期点検の違いです。以下では本題の「定期点検」について詳しく見て行きたいと思います。

定期点検の種類

定期点検には有名なものが2種類ありそれぞれ法律によって義務化されています。

ただ法定されているからといって必ず受けなくてはならないものではありません。

ディーラーから来る定期点検のお知らせに「法定点検のお知らせ」などと記載されている事がよくありますよね。「法定」という言葉を見ると必ずディーラーの持って行かなくては!と思ってしまうかもしれませんが、ディーラーで点検してもらう事を法定しているわけではなく点検を法定しているだけなので自分で点検しても問題有りません。

しかし自分でやるとなると多少の知識が必要になってきます。そして仮に故障・トラブルになっても自己責任ですから不安な方はディーラーに任せたほうがいいかもしれませんね。ただ法定はされてはいますが罰則が無いため点検をしていない人も多数存在しています。

1年点検と2年点検の違い

定期点検
両方の点検ともに点検する箇所は、室内、エンジンルーム、下廻り、足廻り、外廻りですが、1年点検の方が簡易で2年点検のほうが詳細な点検となります。自動車点検基準では1年点検は26項目、2年点検は点検箇所が30項目増えて56項目となっており、より詳細な点検を行う必要が有ります。

なお、自動車の使用者は定期点検だけで無く、日常的な車の点検も法律で義務化されていますので忘れずチェックしておいて下さい。

参考記事:車の日常点検の項目(15項目)とその必要性

定期点検を受けないとどうなる?

定期点検は法律によって義務化されていますが、それによって罰則は有りません。但し整備不良等が露呈すれば当然罰則は受けます(ブレーキランプが付かないなどの整備不良)。

むしろ大事なことは定期点検は車両の故障・トラブル未然に防ぐために行うものだということです。当然点検をしていない車両は故障やトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

車両に1箇所不具合が生じただけでいきなり自動車が動かなくなる可能性は低いと思いますが、その1箇所の不具合がその他の正常な箇所に負担をかける事によって車両全体に悪影響を及ぼして、結果的に故障や事故に繋がってしまう可能性も否定出来ません。

他にも故障やトラブルばかりではなく燃費の悪化を招く事もあります。タイヤの空気圧の低下は車両に無駄な力を使わせる事になるので正常な空気圧の時よりもガソリンを多く使用して進む事になってしまいますからね。タイヤの空気圧は日常点検の項目の一つにもなっているのでしっかりと点検をした方がいいでしょう。

その他の定期点検(3ヶ月点検と6ヶ月点検)

先に紹介した法定の点検以外にも乗用車に関しては任意の3ヶ月点検や6ヶ月点検というものがあります。これらの点検は新車購入直後なら無料でやってくれるディーラーも有ります。

ちなみに3ヶ月点検の内容は上記リンク先の日常点検とほぼ変わりません。6ヶ月点検は日常点検に加えて冷却装置のファンベルトの緩みなどを点検することになりますが、これも日常点検とそこまで変わりはありません。

まとめ

定期点検は車の故障トラブルを未然に防ぐ為に必要な車の健康診断です。人間でも同じようにどこか体が痛くてそこを気にしながら生活をしていると今度は違う所が痛み出しますよね。車も同様ですのでしっかり点検を受けることが大切です。

運転手であるあなたが所有車両について一番詳しいはずですので、「何か調子がおかしいな?いつもと感じが違うな」と思ったら定期点検を待たずに整備工場に持っていって点検・修理をしてもらってくださいね。車は大切に乗れば故障すること無く長年乗り続けることができます。愛車を大切に扱ってあげて下さい。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定