自動車保険見直しガイド
東京海上日動のちょいのり保険

こんにちは管理人です。先日私用で知り合いの車を借りることが合ったので前回記事にした東京海上日動の「ちょいのり保険」に加入してみました。そこで実際にどのように加入すればよいのかスマホのキャプチャ付きで紹介していきたいと思います。ちょいのり保険の詳細は下記記事を参照下さい。

1日から使える自動車保険「ちょいのり保険」を解説!

スポンサーリンク

ちょいのり保険の加入方法について

既に契約数100万件を突破したちょいのり保険の加入方法を順々に紹介していきます。

流れとしては

1.事前登録

2.保険加入

となっています。いまいちイメージが沸かないかもしれませんが簡単に言うと「1.事前登録」において住所氏名などを登録しておかないと保険加入できませんよという事です。「1.事前登録」が俗に言う会員登録みたいな感じです。

あと、ちょいのり保険はスマホからしか申込出来ないのでその辺りも注意が必要です。その上で支払はキャリアに紐付いている支払い方法(私の場合はクレジット払い)になります。

では以下で実際の登録の手順を紹介していきます。

1.事前登録の手順

まずは東京海上日動のちょいのり保険の申込ページにいきましょう。(最初はPCでも出来ますけど結局スマホからの操作が必要なので最初からスマホを使って登録したほうが良いと思います!指名などの入力は面倒ですけどね・・・・。)

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/ichinichi/

上記クリックすると以下の様な画面が出てきます。

ちょいのり保険事前登録

最初は事前登録が必要なので赤枠の「事前登録はこちら」ボタンをクリックしましょう。

上記画面にも書いていますがwi-fiとかデザリングの環境だと上手く繋がらない場合が有るようなのでwi-fe設定を切って、3Gとか4Gの状態で始めていきましょう。

クリックすると空メールを送信して下さいという画面が現れます。

空メール送信1
空メール送信2

「空メールを送信する」というボタンをクリックするとメール起動画面になります。スマホのキャリア専用のメールアドレスじゃなくても、スマホで見れるようにしておけば普通にgmailとかでも構いません。私はgmailで登録しました。

空メールを送信3

空メールを送信すると以下の様なメッセージが送られてくるので、メール内記載のURLをクリックします。

事前登録メール

事前登録画面に切り替わります。契約者の情報(住所や氏名etc)を入力するわけですね。

個人情報登録

上記画面ですね。氏名(漢字・フリガナ)、生年月日、郵便番号、電話番号、免許証番号、免許証の有効期限、ログインパスワードを入力して「次へ」をクリックして下さい。下記のように入力情報確認画面になります。

個人情報確認

情報が間違っていると保険金が下りない可能性も出てくるので、ここで必ず正しい情報が入力されていることを確認しましょう。あと保険に実際に加入する時にログインパスワードが必ず必要になります。覚えておきましょう。

個人情報入力完了

上記画面が出ると「事前登録」完了です。事前登録が完了しただけであってまだ保険には加入できていませんので注意して下さい。

一応上記画面から直接保険の申込も出来ます。私は説明用に再度トップページから訪問。

保険加入の説明

再度最初のURLをクリックします。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/ichinichi/

こんな画面になるので左上の「利用申し込み」ボタンをクリック。

利用申し込み

事前登録の内容を確認するように促されます。

事前登録内容確認

間違っている情報がなければ「次へ」をクリックして下さい。

ここから契約内容について入力していきます。まずは借りる車の確認。以下該当するものを選んで「次へ」ボタンをクリックしていって下さい。

借りる車の確認

利用開始日及び利用期間の入力。(ちょいのり保険は1回につき最大7日間加入することが出来ます。)

利用期間
確認画面

続いて今回保険に加入するにあたって乗車することとなる車の情報を入力していきます。

車の情報

・NSX
・アストンマーティン
・センチュリー
・ダイムラー
・フェラーリ
・ベントレー
・マイバッハ
・マセラティ
・ランボルギーニ
・ロールスロイス

のような高級車は「ちょいのり保険」では対象外となりますので保険加入は出来ませんのでご注意下さい。

これは普通に自動車保険に加入する時も特別扱いが必要なので仕方ないです。ちょいのり保険は車両補償無しプランの場合1日500円という低価格ですからそこまで補償せよ!と言うのは難しいかもしれません。

ここまで入力して今回の保険の加入プランの選択になります。

加入プランの選択

私の場合、事前登録したその日に保険に加入したため「車両補償無しプラン(500円)」しか選択出来ません。「車両補償有りプラン(1,500円)」は事前登録から7日経つと選択できるようになります。

補償内容は以下の通りです。

補償内容

ここで「次へ」をクリックすると更なる契約の詳細「約款」などを見れるようになりますので見る人はちゃんとしっかりチェックして下さい。

約款の確認

続いて決済方法の確認です。

決済方法の確認

私の場合、スマホのキャリアがソフトバンクなので「ソフトバンクまとめて支払」のみ。携帯代金と一緒にクレジットに請求されます。これでちょいのり保険のサイト上では全ての選択が終了です。「次へ」を押すと契約申込内容の確認画面となります。

契約内容確認

一部だけ上記に掲載しましたが、全ての契約内容が間違いないかをチェックして「申込を確定する」ボタンを押して下さい。

で、画面が切り替わって支払の画面になります。私の場合はソフトバンクの支払画面になりました。

ソフトバンクまとめて支払

支払まで完了すると下記のように「ちょいのり保険」の画面に戻って「加入証」が表示されます。

保険加入証

これでめでたくちょいのり保険への加入が完了となりました!友達の自動車も自由に運転できるようになります。なお、注意事項を見ると下記のように記載されていました。

「盗難」「いたずら」「駐車中の当て逃げ」等、駐停車中に生じた損害は保険金の支払いの対象外
対象車両は個人所有の自家用普通・小型・軽四輪乗用車で本人及びその配偶者の所有する車、法人が所有する車、原付を含む二輪は保険対象外。車検切れや登録抹消されている車、実在しない車なども対象外です。

注意しておきましょう。

なお、保険加入期間(今回の場合私は1日で加入期間終了)が終了すると下記のようなメールが送られてきます。

ちょいのり保険終了

ちょいのり保険に加入して無事故を継続すると東京海上の自動車保険に割安で加入できるようになるので貴方なら今これくらい割引受けられます~という情報が送られてきます。私の場合まだ1日なので0%でした・・・。

以上、ちょいのり保険の加入方法でした!非常に安価で十分な補償をしてくれますので友人の車で旅行に行く時など念のため加入しておいて損は無いと思いますよ!

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定