自動車保険見直しガイド
2011年

2009年度、2010年度のオリコンランキングを検証してきましたので、2011年度のオリコンランキングも検証してみたいと思います。過去のランキングが気になる方や統計を1年ではなく中期間の推移を見てみたい方は下の記事も参考にしてください。

参考記事:2009年オリコンランキング

参考記事:2010年オリコンランキング

2011年
2009年度の総合1位はチューリッヒ保険で2010年度はソニー損保でした。2011年度はソニー損保かチューリッヒ保険かはたまた新たな保険会社が栄冠に輝くのか。

スポンサーリンク

2011年度の自動車保険総合ランキング

まず気になる総合ランキングから見ていきましょう。

順位点数会社
1位81.13点ソニー損保
2位80.23点チューリッヒ保険
3位80.21点三井ダイレクト損保
4位78.43点アクサ損害保険
5位78.41点SBI損保
6位76.34点日新火災海上保険
7位76.15点アメリカンホーム・ダイレクト
8位76.08点AIU保険
9位75.55点東京海上日動火災保険
10位75.45点三井住友海上火災保険

2010年度総合ランキングに引き続きソニー損保が1位となりました。どの保険会社も軒並み満足度の点数を上げてきましたが、ソニー損保が81.13点を叩き出して堂々の1位に輝いています。ここ3年間は上位3社はソニー損保とチューリッヒと保険と三井ダイレクト損保が占めている状況が続いています。

そんな中新しい顔がランクインしています。それは6位の日新火災海上保険です。日新火災海上保険は「担当者の対応」と「事故後の交渉力」や「事故・故障時の的確さやスピード」といったランキングで高評価を受け見事ランクインしています。

特徴のある事といえばやはり前年度に引き続きダイレクト型が上位を占めているということですね。消費者の一番評価する所は今年度も保険料ということなんでしょうか。

今年度の最大の特徴は高い得点です。2009年度、2010年度は得点が76点台であれば1位になっていたのですが、今年度は10位の三井住友海上火災保険で75.45点と各社のレベルアップがよくわかるランキング結果となりました。毎年上位にランクインしている3社は80点台と高評価を受けさすがだなと感じさせられましたね。

この高得点になった理由には総合ランキングではわからない詳細なランキングが影響しているかもしれませんね。それでは詳細なランキングを見ていきましょう。

保険料の満足度ランキング

支払う保険料に対して契約者がどれだけ満足しているのかがわかるランキングです。安いと感じたら評価されるので上位にランキングした保険会社は保険料金が安いということがわかりますね。

1位:SBI損保
2位:三井ダイレクト損保
3位:アクサ損害保険
4位:ソニー損保
5位:チューリッヒ保険

ランクインした全ての保険会社がダイレクト型となりました。そんな中でも1位のSBI損保はなんと87.4点という高得点。保険料の安さではSBI損保が去年に引き続きダントツ1位となっています。

担当者の対応の満足度ランキング

事故・故障時の担当者の対応に対しての満足度ランキングです。事故や故障した時に頼りにならない保険はどうかと思いますよね?このランキングで上位にきている保険会社は信頼できると思いますよ。

1位:AIU保険
2位:日新火災海上保険
3位:ソニー損保
4位:チューリッヒ保険
5位:東京海上日動

昨年度はダイレクト型が1、2位となっていましたが今年度代理店型が1、2位と巻き返してきました。総合でも注目しましたが2位の日新火災海上保険は去年は「担当者の対応」の満足度ランキングではランク外だったのですが、上位に食い込んできましたね。サービス面に力を入れているということでしょうか?

事故後の交渉力の満足度ランキング

事故後の相手方との示談や修理工場などとの交渉力に関するランキングです。自動車保険を選ぶ軸の一つになるんじゃないでしょうか?さて今年度はどうなったのか見てみましょう。

1位:日新火災海上保険
2位:AIU保険
3位:ソニー損保
4位:東京海上日動火災保険
5位:三井住友海上火災保険

代理店型が多くを占める中唯一ダイレクト型でランクインしているのがソニー損保です。総合ランキングで毎年上位にランクインする理由は代理店型にも負けない事故対応力なんでしょうね。担当者の対応に続きここでも日新火災海上保険が1位に輝いています。

年齢別のランキング

 18~20代30代40代50代以上
1位SBI損保ソニー損保チューリッヒ保険ソニー損保
2位チューリッヒ保険三井ダイレクト損保アクサ損害損保三井ダイレクト損保
3位ソニー損保アメリカンホーム・ダイレクト三井ダイレクト損保チューリッヒ保険

どの年代でもダイレクト型が上位を占める結果になりました。自動車保険を選ぶ軸は色々あると思いますが主軸は保険料の安さということでしょうか。

18~20代は特に保険料の満足度ランキングで1位になったSBI損保が1位になっている事から特に保険料の安さを大事にしている事がわかります。

予想では年齢が上がれば代理店型がランクインしてくると思ったんですが、大きくハズレてしまいました。

やはりどのランキングでもソニー損保が上位にランクインしていました。安定感があると言わざるを得ませんね。ダイレクト型の中でシェア率が最大になるのがわかりますね。

参考:インターネット経由の自動車保険の申込が増加中!その理由は!?


ここで紹介したランキングの他にも「保険金の支払い」や「会社の信頼性」などのランキングがオリコンランキングで紹介されていまうので是非参考にしてみてください。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定