自動車保険見直しガイド
謝罪

謝罪代行会社って知っていますか?運転代行や墓参り代行等と同じようにあなたの変わりに「謝罪」をしてくれるサービスを提供している会社です。この謝罪代行は交通事故の被害者に謝罪をする際にも利用される事があります。どのような感じで謝罪していくのかというと以下のような感じです。

スポンサーリンク


謝罪代行会社を利用した事例

交通事故で入院する事になったAさん。すると病室に面識の無い数名の男女が入室してきます。全員が病室に入った事を確認した男性が「この度は誠に申し訳ございませんでした」といきなりの謝罪。

交通事故に対しての謝罪であると言うことはなんとなく察したAさんでしたが、加害者の家族であるという話もなくいきなりの謝罪だったので状況の把握が追いつかない最中、他の男女が一斉に「申し訳ありませんでした」と謝罪。そしてお見舞いとして果物を渡して病室から出て行きました。

あれはなんだったんだと不思議に思っている所、友人がお見舞いにきたので先ほどの事を話すとどうやら謝罪代行業社の人ではないのかという話に。Aさんはこんな謝罪なら無かったほうが良かったと思ったそうです。

今回の事例では明らかサービスの質が低く反感を買う謝罪となっていますが、中には親族を装ったりして謝罪するようなケースもあります。

なぜこのように謝罪代行業社を利用するのでしょうか?

謝罪代行を利用する理由

代行業社を利用するのは仕事のミスやご近所トラブルを抱えている主婦や20代30代前半の人が多いようです。

■仕事のミスや主婦が代行業者を利用する理由■

  • 今の現状をどうにかしたい
  • 自分で行くのが怖いが頼める親族がいない 等

代行業社に頼んで親族や上司を装って謝罪してもらってその場は収まっても後々親族や上司じゃないとバレた場合にはどうするつもりなんでしょうね。

■20代30代前半の理由■

  • 謝り方がわからない
  • 謝罪するのがカッコ悪い
  • 謝ったら負け 等

利用者の多い20代30代前半の人達の理由はちょっと異色です。これは携帯が普及して直接謝罪する機会が減っている事が原因の1つとして考えられますね。このような考え方を持った若者達が交通事故を起こした場合に相手も悪いんだから自分が謝る必要が無いので代行業者に任せたりするのでしょう。

では謝罪の代行をする会社は一体どのような会社なのでしょうか?

謝罪代行会社の業務内容

謝罪代行会社は何社かありますが、今回は謝罪屋アイガプロの業務内容を見ていきましょう。
■謝罪業務内容■

  • メール、手紙、電話での謝罪
  • 会社などの謝罪顧問
  • 特定人物を設定しての謝罪
  • 示談での立会対応(法律専門家の対応も可能)等

交通事故でよくある場面の示談の対応もしていますね。まあ示談の内容に関して対応するのではなくあくまで付添謝罪のサービスです。また上記の事例のように入院している被害者に対して特定の人物を設定して謝罪する事もできそうです。

まとめ

謝罪を代行業者に任せたい気持もわかります。頭を下げたり、相手に怒られたりするのは皆出来れば避けたいと思っているでしょうからね。しかし謝罪というのは反省や誠意を表す行動です。そのため謝罪を代行業社に任せるということは「反省していない」「誠意がない」と考えられても仕方がありません。

特に交通事故においては刑事責任を問われる事があります。刑事責任は被害者からの減刑嘆願書が出されれば情状酌量で刑がかなり軽くなる場合があります。ですが謝罪代行業社に謝罪を頼んだ事が被害者等から裁判官へ伝えられると「反省をしていない」と判断され逆に刑が重くなってしまう事も考えられます。

交通事故の場合にはこういった刑事責任の減刑の事も考えて謝罪代行は利用しない方がいいでしょう。そもそも減刑云々の話ではなく謝罪という行為は本人が行うべき行為ですので倫理的に代行業者に頼むべきではないと思います。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定