自動車保険見直しガイド
雪道を走る車

雪道を走る車

ノーマルタイヤでの雪道走行は非常に危険な行為です。ブレーキが効きにくくなるばかりか、スリップして事故を起こす可能性が高くなるからです。(凍結した路面でも同様の事が言えますね。)

冬本番になる前にスタッドレスタイヤに履き替えたり、チェーンを車に積むなど、積雪への備えをしておくべきです。しかし、雪があまり降らない地域では、スタッドレスタイヤを使ったりチェーンを使う機会が無いのも事実。

では、もしノーマルタイヤで雪道を走行して事故を起こしてしまった場合に保険金は出るのか? 気になるところだと思うので以下で詳しく見ていきます。

そもそもノーマルタイヤでの雪道走行は交通違反

ノーマルタイヤで雪道を走行する行為自体が交通違反となる事は知っていましたか?道路交通法第71条六号に以下のような規定が有ります。

(運転者の遵守事項)
道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

公安委員会が定めている事項は、各都道府県の道路交通法施行細則に規定されています。その中で、雪道走行をする時はチェーンやスタッドレスタイヤ等を装着する事が遵守事項とされています。

タイヤチェーン

例えば、鹿児島県の道路交通法施行細則では以下のように規定されています。

(運転者の遵守事項)
第12条(4)積雪又は凍結して滑るおそれのある道路において,自動車(二輪のものを除く。)を運転するときは,タイヤ・チェーン又はスノータイヤを取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。

全都道府県の施行細則をチェックしていませんが、九州南端の鹿児島県でも規定されているわけですから、鹿児島県以北の都道府県でもこのような規定が有るはずです。詳しくは各都道府県の道路交通法施行細則をチェックしてみて下さい。

なお、沖縄県の道路交通法施行細則には上記のような規定は存在しません。つまり、沖縄県では違反にならないんですね。

気象観測が開始されてから今までで2回しか降雪が記録されていないので、上記のような規定は必要無いのでしょう。

パトカー

以上の事から、積雪又は凍結して滑るおそれのある道路をノーマルタイヤで走行すると道路交通法違反になってしまうわけです。違反名は公安委員会遵守事項違反となります。

違反した場合は5万円以下の罰金(道路交通法第120条1項九号)となりますが、交通反則通告制度の対象なので反則金を支払えば罰金刑に処される事は有りません。

点数反則金(普通車)
加点無し6,000円

ただし、ノーマルタイヤで雪道等を走行して人身事故を起こした場合は、上記のような軽い罰則では済みません。自動車運転死傷行為処罰法が適用され、過失運転致死傷罪で7年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられます。

事故を起こした場合は保険金が支払われるのか?

ノーマルタイヤでの雪道走行によって事故を起こした場合、その行為の危険性を鑑みれば任意保険の保険金は支払われなさそうですよね。

ところが、保険会社に問い合わせてみると、このケースでも基本的に契約内容に従って保険金は支払われるそうです。ただし、交通違反を犯しているため、過失割合算定において不利な影響を及ぼす事になります。この点は注意が必要です。

チェーン規制が出てる場合は?

雪によって通行止めになった高速道路入口

では、チェーン規制が出ている道路においてノーマルタイヤで事故を起こした場合、保険金の支払いはどうなるのでしょうか?

そもそも、チェーン規制とは規制が敷かれている区間においてノーマルタイヤでの走行を禁止する事を指します。なので、ノーマルタイヤの車両はチェーンを装着しなければなりません。

なお、チェーン規制区間でもスタッドレスタイヤであればチェーンを装着せずに走行可能な場合が多いです。ただし「チェーン装着車以外通行止」となっていれば、スタッドレスタイヤでもチェーンを装着しなければなりません。

雪道でチェーンを付けて走行している車

「ただの雪道」と「チェーン規制が敷かれた雪道」をノーマルタイヤで走行する行為を比較すると、チェーン装着の指示が出ているので「チェーン規制が敷かれた雪道」をノーマルタイヤで走行する行為の方が過失が大きいと考えられます。つまり、ドライバーに重大な過失が有る、と判断されます。

そのため、保険会社の対応も以下のようになります。

  • 対人・対物の保険金は支払われる
  • ドライバーに対する保険金(人身・車両)は支払われない可能性が高い

自動車保険

任意保険の約款には、「相手への賠償(対人・対物)」と「被保険者への補償(人身・車両)」の項目が有り、それぞれ「保険金を支払わない場合」がいくつか規定されています。

その中で「被保険者への補償(人身・車両)」には「被保険者に重大な過失が有る場合の損害には保険金を支払いません」と規定されています。一方、「相手への賠償(対人・対物)」の項目には重大な過失の有無に関する記載は有りません。

そのため、上記のような保険会社の対応となるわけです。

保険会社によって異なる場合が有るので、契約している保険会社に確認して下さい。

タイヤチェーンの装着

ただ、チェーン規制が出ている区間と前後のインターでは1台ずつタイヤのチェックが行われ、ノーマルタイヤの車両はチェーン装着を指示されます。また、チェーンが無い場合はチェーン規制区間へ進入出来ません。

雪国ではスタッドレスタイヤが当たり前なので、チェーン規制区間でのタイヤチェックが行われない事も有るようです。

なので、チェーン規制区間をノーマルタイヤで走行しての事故は発生しにくいと言えますね。

何はともあれ、チェーンを用意しておけばこういった問題を考えずに済みます。冬が到来する前に準備しておきましょう。

スタッドレスタイヤとチェーンの比較!雪道ではどう使い分けるべき?

Amazonでスタッドレスタイヤの売れ筋商品を確認する人はこちら
Amazonでタイヤチェーンの売れ筋商品を確認する人はこちら

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定