自動車保険見直しガイド
雪道

雪道を走っていて、スタック(タイヤが新雪にはまったり、スリップして身動きが取れなくなること)した場合、自動車保険に付帯しているロードサービスを利用する事は出来るでしょうか?

スタックは対象外!?

ロードサービスというと、運転時に困った事があるとすぐに駆けつけて問題を解決してくれる、有難い存在ですよね。サービスの料金は一定範囲までは保険料に含まれているので、無料で利用出来る事が多いです。

しかし、スタックについては例外です。スタックの場合は、対応に条件がある若しくは有料対応となる保険会社がほとんどなのです。

なぜなら「スタックは車が故障した訳でなく、事故に遭遇した訳でもない」からです。雪道を走っていて側溝に落ちたと言うのであれば、それは脱輪している状態なので無料で助けに来てくれるのですが、ただただ雪道にハマったというのは対象外になってしまうのですね。

雪道

ただし、あくまでも条件付きや有料対応の保険会社が多いというだけで、中には完全無料対応の会社もあれば、スタッドレスタイヤを履いていない状態でのスタックは対象外、といった様に千差万別です。

例えば、ソニー損保では、自宅の駐車場以外の場所で、スタッドレスやチェーンを装着しており、ある程度の除雪作業をしたのに抜け出せなかった場合のみ助けに来てくれます(タイヤの交換や除雪費用はサービスの対象外)。また、東京海上日動火災の場合は雪道や砂浜、ぬかるみ等でのスタックについては、サービス対象外となっています。

詳しくは、各保険会社に契約前に問い合わせる様にしてくださいね。

個人的には脱輪と何が違うのか?車のトラブルなんだから無料ロードサービスの範囲内で対応してよ!と思ってしまうのですが、そういうわけにはいかないようですね(-_-;)

スタックした場合の対処法

初めてスタックした場合は、何も対処法を知らなければきっと焦ります。しかし、少し知識があるだけで落ち着いて対処が出来るものです。

スタック

例えば、スリップしてしまう場合は、スノーヘルパーを使う方法やタイヤの空気圧を下げる方法などがあります。また、新雪に突っ込んでしまった場合は、前進後進を繰り返して雪を踏み固めていく方法や、同乗者がいれば後ろから押してもらう方法などがあります。

詳しくは「雪道でスタックした場合の対処方法」で詳しく解説しています。

雪道ドライブで役に立つグッズ

雪道のドライブは雨や風の日と比べて、道が滑り易くより多くの危険が潜んでいます。予め、危険に備えるために雪道ドライブ時にあると役に立つグッズを用意しておくと良いでしょう。

例えば、トラブル時に車を降りて作業するための軍手や長靴など、またスタックから抜け出す為にスコップやスノーヘルパーなどが役に立ちます。他にも解氷スプレー等も重宝します。雪道での必須ドライブグッズについてはこちらの記事をチェックして下さい。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定