自動車保険見直しガイド
ロードサービス

自動車に乗っている時に故障や事故に遭遇し、ロードサービスでレッカー移動を依頼する事になった場合、どれくらいの費用が必要となるのでしょうか。また、ロードサービスに関するちょっと細かい疑問についてもここでは解説していきます。

まず、レッカー移動して貰う時の料金を「任意保険のロードサービス」で依頼した場合と「JAFのロードサービス」に依頼した場合とに分けて紹介します。

任意保険の場合

任意保険のロードサービスの場合、利用料金は基本的には保険料に含まれていますので、大半のサービスは無料で受ける事が出来ます。

レッカー移動の料金についても、保険会社の指定する整備工場であれば距離に関係なく無料で運んでくれることが殆どです。その為、各社差が出るのは指定工場ではなく、自宅など契約者が指定する場所に運ぶ場合の料金ですね。

以下で、いくつかの保険会社のレッカー移動料金を見てみましょう。

保険会社/移動先指定工場まで希望先まで
ソニー損保無制限50kmまで無料
イーデザイン損保無制限60kmまで無料
東京海上日動180km相当まで無料180km相当まで無料
アクサダイレクト無料35kmまで無料

出展:東京海上日動は「2015年10月1日以降始期用」のトータルアシスト契約のしおりP11より。その他はHPからです。


上記の通り、契約者の希望する場所への搬送については、東京海上日動は遠くても無料で運んでくれますが、基本的にはそれほど遠くまでは運んでくれない様ですね。保険会社も慈善活動をしている訳ではないので、基本的には最寄りの指定工場に効率よく搬送したいですからね。

JAFの場合

ここでは、JAFにレッカーを頼んだときの料金を紹介します(参考に、レッカー以外のサービス料金も記載しています)。

JAFのレッカー移動については、大きく分けて「JAFの会員か否か」「一般道路か高速道路等か」によって料金が異なります。

一般道の場合

まずは、一般道路からレッカー移動する場合を見てみましょう。

内容会員非会員
基本料無料8〜20時は8,230円
20〜8時は10,290円
作業料30分まで無料工数表に準じる
けん引料15キロまで無料(15キロを超えると1km当たり720円)1km当たり720円
燃料代等実費実費

高速道路等の場合

高速道路等では、後方からの追突などの危険が伴うため、レッカー移動時には後方に警戒車両が追走することになり、その費用も負担する必要があります。

内容会員非会員
基本料無料8〜20時は16,460円
20〜8時は19,540円(
作業料30分まで無料工数表に準じる
けん引料15キロまで無料1km当たり720円
燃料代等実費実費
高速道路料金実費実費
後方警戒車両の高速道路料金実費実費

:記載金額は、主に本線でレッカー移動する場合です。SAやPAに出動し、そこで作業が完了した場合は「8〜20時は10,290円、20〜8時は12,340円」となります。

JAFのロードサービス工数表(工数は0.1当たり6分の作業)

工数料金
0.1930円
0.21,860円
0.32,790円
0.43,720円
0.54,650円
0.65,580円
0.76,510円
0.87,440円
0.98,370円
19,300円

上記の様に見てみると、JAFの場合は会員か否かで料金が大きく変わって来ますね。また、任意保険のロードサービスと異なり、無料けん引の距離は短めですね。

なお、会員の無料サービスを受けるには、必ず常に会員証を携帯する様にしてくださいね。救援現場で担当者に見せる必要があります。

ロードサービスのちょっと細かいけど気になる疑問を解決!

ここでは、ロードサービスに関するちょっと細かい点について見ていきましょう。

警察がレッカー業者を手配して搬送した場合・・・。

事故や故障時に「警察が呼んだレッカー車が車を搬送してしまう」ということはよくあります。自分で任意保険のロードサービスに依頼すれば無料で搬送出来るのに・・・。と不安になりがちですが、心配ありません。

レッカー現場(参照元:Wikipedia

基本的には、警察が手配したレッカー業者に対する費用について、保険会社に連絡をすれば後日精算する様に手続きをしてくれるのです。後日スムーズに精算出来る様に、レッカー業者に関する情報(社名・住所・連絡先など)を警察から聞いておきましょう。

ただし、保険会社によっては費用負担してくれないこともあるので、気になる場合は問い合わせる様にして下さい。

事故時、相手の車が自力走行不能となってしまった・・・。

信号で止まっている車への衝突など、100%自分の過失の事故で、自分の車は大丈夫だったけど相手の車が自力走行出来ないくらいに破損してしまった、という場合、自分の契約している任意保険のロードサービスを使うことは出来るでしょうか?

この点、基本的には、ロードサービスは契約している車に対して適用されることになるので、他車のためにロードサービスを使う事は出来ません。しかし、自分の過失により相手の車が破損してしまった場合は、自分の契約している任意保険によりレッカー車を呼ぶ事が出来ます。

事故

ただし、これはロードサービスを利用しているという訳ではなく、今後発生する対物賠償責任の一環としてレッカーを呼ぶという事になります。レッカー代は対物賠償責任保険で賄うことが出来るので、もちろん実費負担はありません。

一方で、お互いに過失がある場合、一般的には一旦レッカー代を立替えて示談の成立後に過失割合に応じて清算することになります。

車を買い換えるので、古い車を廃車引取業者までロードサービスで運んで欲しい・・・。

元々乗っていた車が古くて自力走行が出来ずに自宅の車庫に眠っている場合、車を買い換えるには、まず車庫を空ける必要があります。この様な時に、任意保険のロードサービスを使って、引取をしてくれる業者まで運んでもらう事は出来るのでしょうか?

ロードサービスを利用出来るのは、あくまでも事故や故障により「自力走行が出来ない場合」です。自力走行が出来るのであれば、自分で業者まで運ばなくてはなりません。

一方で、自力走行出来ない状態であれば、ロードサービスを利用する事が出来るので、運んでもらうことは可能です。

車修理

ただし、保険会社は基本的には外を運転しているときに事故や故障に遭遇した場合を想定しているので、自宅にある動かない車をレッカー移動してくれるかどうかは、保険会社によって取扱が異なります。気になる方は個別に保険会社に問い合わせをしてみて下さい。

なお、修理をする為にロードサービスを利用して整備工場に搬送したものの、廃車にすることになった場合は、整備工場から引取業者までの搬送をロードサービスに依頼する事は出来ません。これは、最初に整備工場に搬送した時点でロードサービスのサービスが完結しているからです。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定