自動車保険見直しガイド
事故付随費用特約

任意保険の事故付随費用補償特約とは、事故により車が走行不能(*1)となった場合に、「帰宅費用や宿泊費用や搬送・引取費用」を補償してくれる特約です。

*1 交通事故に損傷は勿論のこと、故障やキー閉じ込め、盗難された場合なども「走行不能」と判断されます。保険会社により、多少違いが有りますので、詳細は保険会社へ確認して下さい。


出先で車を使えなくなると、移動手段が無くなってしまうので、非常に困りますよね。他の手段で移動するにしても、電車・バス等の費用が掛かってしまいます。

また、時間帯によっては帰宅の手段が無く、ホテルに宿泊する必要も出てきますが、この場合も宿泊費用が掛かってしまいますね。こんな時に利用するのが「事故付随費用補償特約」です。

事故付随費用補償特約の補償金額

補償金額は保険会社によってもマチマチですが、ここでは一例として「損保ジャパン日報興亜」の補償金額を紹介します。

  • 宿泊費用・・・1泊あたり1名につき1.5万円
  • 移動費用・・・1名当たり2万円(車が走行不能になったポイントからの自宅や移動目的地までの移動費用です。)
  • 搬送・引取費用・・・1事故あたり15万円

保険会社によっては、免責金額が設定されている事も有ります。

ロードサービスとの比較

事故付随費用補償特約の内容を見て、「これってロードサービスで補償されるんじゃない!?」と、思った人もいるのではないでしょうか。不思議なことに、無料付帯であるロードサービスでも、同じ内容のサービスを受けられる場合が有るんです。

例えば、三井ダイレクト損保なら、事故付随費用特約と同じサービスを、ロードサービスでも受けられます。両者の違いと言えば、ロードサービスには距離制限が有ることくらいです。

■三井ダイレクト損保の場合の比較表
三井ダイレクト損保の事故付随費用特約とロードサービスの比較表

また、チューリッヒのロードサービスなら、事故付随費用補償特約よりも手厚い補償を無料で受けられます。

事故付随費用特約は必要なのか?

結論から言うと不要かなと思います。先程も書いたように、無料のロードサービスでも同じようなサービスを受けられます。無料でほとんど同じサービスを受けられるのですから、わざわざ、別途保険料のかかる「事故付随費用特約」を付帯させる必要は有りません。

もちろん、契約している保険会社のロードサービスの内容がどうなっているかのチェックは、忘れずに行って下さい!


レッカーだけならJAFでも出来ますし、今はロードサービスが付いているクレジットカードも有ります。保険料は少額といえど、大事なお金を使う事になるわけですから、付帯させるか否かはじっくり考えて決めましょう。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定