自動車保険見直しガイド
原付き

原付き

125㏄以下のバイクを所有しているあなた!任意保険の加入について悩んでいませんか?自賠責保険だけでは補償内容・金額に限度が有って不安だけど、任意保険の保険料の支払を考えると加入する事を躊躇してしまう・・・。特に原付の場合は迷ってしまう所でしょう。

自賠責保険から支払われる保険金額はいくら?

そんな悩みを抱えている人に検討して欲しいのが、自動車保険の「ファミリーバイク特約」です。今加入している自動車保険にこのファミリーバイク特約を追加で付帯するだけで、「自動車」と「バイク」の両方の補償を1つの保険で受ける事が出来ます。

なお、ファミリーバイク特約は125㏄以下のバイクが対象です。ただし、サイドカー付のバイクは50㏄以下に限定されます。

そこで、今回は自動車保険のファミリーバイク特約の補償内容などについて詳しく見ていきたいと思います。また、バイクの任意保険との保険料等の比較も参考情報として紹介します。

自動車保険のファミリーバイク特約~125cc以下のバイクが対象!台数制限なし~

125ccのバイク

ファミリーバイク特約とは、本人とその家族が運転する125cc以下のバイクで起こした事故について、他人に与えた損害や自分のケガを補償してくれる特約です。

125cc以下のバイクである限り、一家にバイクが何台あっても補償されます。バイクの任意保険ではバイク1台に1契約となるので、複数台所有している人には大きなメリットになりますね。

さらに、他人から借りたバイクでの事故も補償されます。

補償タイプは「自損」と「人身傷害」の2種類

バイクの交通事故

ファミリーバイク特約は「自分のケガ」をどこまで補償するか?によって、「自損」と「人身傷害」の2つのタイプに分かれます(保険会社の中には自損のみしか提供していない会社も有ります)。

なお、どちらのタイプも「対人賠償」「対物賠償」に関しては補償されます。

ソニー損保のファミリーバイク特約(出典:ファミリーバイク特約:ソニー損保)

自損型は「自損事故」の時だけ、自分のケガが補償されます。相手のいる事故では自分の過失割合に相当する部分は補償されません。

例えば、過失割合が「自分:相手=30%:70%」で治療費が200万円かかった場合、自分の過失分(30%)の60万円はファミリ―バイク特約(自損型)では補償されません。

一方、人身傷害型は、自分の過失部分についても補償されます。上記事例の場合だと、自分の過失分(30%)の60万円についてもファミリーバイク特約(人身傷害型)でカバーできます。

なお、ファミリーバイク特約の人身傷害型を選択するためには、主契約で「人身傷害保険」に加入している必要が有ります。

ちなみに、いずれのタイプを選んでも、壊れてしまった自分のバイクの修理費用は出ません(車両保険を付帯していたとしても)。

バイクはロードサービスの対象?

ファミリーバイク特約を付帯していたとしても、バイクはロードサービスの対象外です。不安な方はJAFに加入しておいた方が良いかもしれませんね。

補償金額

入院・通院

対人、対物及び人身傷害(人身傷害型)に関しては、主契約と同じ補償金額になります。主契約で補償金額を無制限に設定していれば無制限の補償が受けられますし、1億円に設定していれば1億円の補償が受けられます。

自損型は、自損事故傷害保険と同じ補償金額となります。どの保険会社もほぼ同じ内容になっており、代表例(セゾン自動車火災保険)を紹介すると以下のような金額です。

  • 死亡保険金・・・1,500万円
  • 後遺障害保険金・・・後遺障害の等級に応じて50万円~1,800万円
  • 介護費用保険金・・・200万円(重度後遺障害を負った場合)
  • 医療保険金・・・入院:1日6,000円、通院:1日4,000円

補償を受けられる人の範囲

同居している家族

ファミリーバイク特約の補償範囲は以下の通りです。別居の既婚の子は対象外です。

  • ① 記名被保険者
  • ② ①の配偶者
  • ③ 上記の同居の親族
  • ④ ①又は②の別居の未婚の子

また、「運転者限定条件」及び「運転者年齢条件」を設定していても、ファミリーバイク特約に限っては、設定内容に関係なく上記の家族全員が補償されます。

例えば、運転者年齢条件を26歳以上に限定していても、26歳未満の家族が起こしたバイク事故は補償されます。また、運転者を本人に限定していても、本人以外の家族が起こしたバイク事故は補償されます。

つまり、ファミリーバイク特約を付帯するにあたって、運転者限定・年齢条件の変更は不要です。条件変更による保険料の値上げを心配する必要は有りません。

使用目的の変更は?

使用目的の変更も不要です。

例えば、使用目的を「日常レジャー目的」で契約していて、バイクで通勤するような場合、契約内容を「通勤・通学目的」に変更する必要は有りません。通勤中のバイク事故も補償されます。

ファミリーバイク特約は等級に影響しない

ファミリーバイク特約は「ノーカウント事故」として取り扱われるので、バイク事故を起こして保険金を請求しても、等級が下がる事はありません。

つまり、バイク事故を起こしても、事故有等級が適用される事もなく、翌年に保険料が高くなる事は有りません。これはメリットの1つと言えますね。

「バイク保険」と「ファミリーバイク特約」の保険料を比較

「バイク保険」と「ファミリーバイク特約」の保険料を比較すると、以下のようになります。

保険の種類保険料
バイク保険(6等級)45,690円
バイク保険(10等級)16,800円
バイク保険(15等級)14,160円
ファミリーバイク特約
(自損型)
7,000円~10,000円
ファミリーバイク特約
(人身傷害型)
20,000円前後

■バイク保険の主な見積条件
・保険会社:チューリッヒ
・契約車両:125㏄以下
・対人・対物:無制限、特約は付帯無し
・使用目的:日常・レジャー
・走行距離:3,000km~5,000km
・免許の色:ブルー

なお、補償年齢に関しては、6等級の場合が全年齢補償、10等級の場合が21歳以上補償、15等級の場合が26歳以上補償というふうに設定を変えて見積もりをしています。

ファミリーバイク特約「自損型」の保険料は、免許の色や等級、年齢条件などによって変化する事は有りません。一方、「人身傷害型」の保険料は、人身傷害保険の保険金額にのみ影響を受けます(補償が厚ければその分高くなります)。

バイク保険には、自動車保険と同様に等級制度が設けられているので、新規加入から数年間は保険料がどうしても高くなりますが、その後等級が進むほど保険料は安くなっていきます。

一方、ファミリーバイク特約は自動車保険の等級の進捗などの影響を受けないので、長期間付帯し続けても保険料が安くなる事は有りません。ただ等級があまり進んでいないバイク保険の保険料よりは安くなる場合が多いです。

原付に乗っているカップル

こういった特徴を踏まえると、「バイク保険」か「ファミリーバイク特約」かを判断するにあたっては”今後バイクに乗る期間”がポイントになります。

短い期間しかバイクに乗らないのであれば、基本的に保険料の安い「ファミリーバイク特約」の方がお得になります。一方、長期間バイクに乗り続けるのであれば、保険料が年々安くなっていく「バイク保険」の方がトータルでお得になる可能性が高いです。

自分自身又は家族のバイクライフを考慮して、どちらにするかを判断すると良いでしょう。

なお、実際はファミリーバイク特約の自損型が最も保険料を節約できます。人身傷害型と比べると保険料が1万円程度安くなっていますからね。ただし、自分の過失分が補償されない点には注意が必要です。保険料だけでなく、補償内容についても考慮して下さいね。

まとめ

自動車保険のファミリーバイク特約について簡単にまとめると以下のようになります。

  • 対象は125㏄以下のバイク
  • 補償台数に制限無
  • 自損型と人身傷害型の2タイプ
  • 補償金額は対人賠償保険などに従う
  • 保険料は1万円弱~2万円 等

バイク保険かファミリーバイク特約かで悩んでいる人は上記の内容を参考に検討してみて下さいね。なお、家族で2台以上バイクに乗るのであれば、ファミリーバイク特約の方が断然お得ですよ。特約1つでまとめて補償出来ますからね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定