自動車保険見直しガイド
原付き

ファミリーバイク特約とは、本人とその家族が運転する125cc以下のバイクで起こした事故について、他人に与えた損害や自分のケガを補償してくれる特約です。

対象バイクを「125cc以下のバイク」と限定している事から分かるように、主として原付き(原動機付自転車)を対象にした特約です。

本契約である自動車保険を契約していない限り付帯することは出来ません。

近くのコンビニやスーパーに行く際には、原付きの方が小回りが効いて便利なので、自動車を使わずに原付きで移動するという人も多いでしょう。そんな人は、是非付けておきたい特約です。以下、詳しく見て行きましょう。

ファミリーバイク特約の特徴・概要

■補償対象車両
125cc以下のバイク(但し、125cc以下でも側車付きのバイクは対象外です)。125cc以下のバイクである限り、一家にバイクが何台あっても補償されます。加えて、他人から借りたバイクで事故を起こしても、そのバイクが125cc以下であれば補償されます。

残念ながら125ccを超えるバイクは補償対象外となっていますので、別途任意のバイク保険に加入する必要が有ります。

■補償金額
対人・対物部分に関しては、本契約と同じ補償金額になります。本契約で無制限に設定していれば無制限の補償が受けられますし、1億円に設定していれば1億円の補償です。

■補償対象者
記名被保険者本人及びその家族。但し、別居の既婚の子は対象外です。

また、主契約である自動車保険に「運転者限定条件」「運転者年齢条件」を設定していても、ファミリーバイク特約に限っては、家族全員が必ず補償されるようになっています。例を挙げましょう。

  • 主契約で年齢条件を26歳以上に限定⇒バイク事故に関しては26歳未満の家族が起こした事故でも補償
  • 主契約で運転手を本人に限定⇒バイク事故に関しては本人以外の家族が起こした事故でも補償
これは非常に大きなメリットですね。本来、主契約である自動車保険で運転者の条件を広くすれば、保険料は高くなりますが、ファミリーバイク特約に限っては「本人もしくは家族」であれば、誰でも補償されるという事になります。しかも、それによって保険料が上がる事も有りません。

■補償範囲の種類
ファミリーバイク特約は「自分のケガ」をどこまで補償するか?によって2つのタイプに分かれます。

ソニー損保のファミリーバイク特約
(出典:ファミリーバイク特約:ソニー損保)

上記画像にあるように「自損傷害型」と「人身傷害型」に分けられます。自損傷害型とは「自損事故及び無保険車との事故」の時だけ、自分のケガを補償してくれるタイプ。

一方で、人身傷害型は自損傷害型の補償範囲に加えて、他人や物との事故で自分がケガをした場合も補償されます。人身傷害型を選択するためには、主契約で「人身傷害保険」に加入している必要が有ります。

人身傷害型にすると、自損障害型と比べて保険料が1万円程度高くなってしまいますが、自分のケガが完全に補償されないとなると本末転倒です。必ず「人身傷害型」に加入しておきましょう。

なお、いずれのタイプを選んでも、壊れてしまった自分のバイクの修理費用は出ません。そこは自腹を切るしか有りません。

■ノーカウント事故に該当
ファミリーバイク特約によって、保険金の支払いを請求しても、主契約の等級には影響有りません。

任意保険のバイク特約と比べるとおおむね安いが注意も必要

保険会社によっても変わりますが、ファミリーバイク特約は年間7,000円~30,000円程度で加入できます。従って、おおむね単独でバイク保険に入るよりも安いと言えます。

しかし、例えばアクサのスーパーバイク保険であれば、6等級だったしても年間2万円~3万円程度(125cc以下のバイクの場合)で加入できるので、極端に安くなる!というわけでも有りません。

また、ファミリーバイク特約の保険料は主契約の等級が高かろうが・低かろうが、ほとんど変わりません。一方で、単独のバイク保険には「等級の概念」が有りますので、長く無事故で乗り続ければ、それだけ保険料も安くなります。

長くバイク(原付⇒中型に移行する場合含)に乗るのであれば、トータルの保険料で考えると、バイク保険単体で入っていたほうが安くなる可能性が高いので、自分のバイクの利用状況や保険料を考えて、どちらで補償を受けるか考える必要が有りますね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定