自動車保険見直しガイド
事故時レンタカー費用特約

代車費用特約(最近は「事故時レンタカー費用特約」と呼ぶ事が多い)は、車両保険の支払対象となる事故で、契約車両が走行できない状態になった時に、修理期間中のレンタカー費用(代車費用)を補償してくれる特約の事を言います。

代車費用特約を付帯する為には、概ねどこの保険会社でも、車両保険に加入しておく必要が有ります。そもそも、保険金が支払われる要件が「車両保険の支払対象となる事故」となっているので、当然と言えば当然です。

一般的には【レンタカー利用開始日から30日間を限度として、1日あたり5,000円を限度にレンタカー費用を補償】してくれる所が多いですね。

代車費用特約(レンタカー費用特約)にまつわる注意点

代車費用特約の必要性を考える前に、代車費用特約にまつわる注意点を幾つか紹介します。

■ロードサービスの代車サービスとは違う

代車費用特約は、ロードサービスについているレンタカー無料サービスとは違います。ロードサービスの補償は、突然の事故により契約車両が走行不能となった場合に、緊急の移動手段として、代車の費用を負担してくれるサービスです。従って、だいたいの保険会社で24時間分しか補償してくれません。

■提携修理工場で修理するなら無料で代車を提供してくれる所も多い

保険会社が指定する提携修理工場に入庫して修理をするならば、無料で代車を提供するというサービスを行っている保険会社が多いです。自分の車のレベルとは、全く違うレベルの車が提供される可能性が高いですが、取り敢えず移動手段が有れば良いという方なら、これで大丈夫でしょう。

■代車費用特約だけに加入できる損保も有り

冒頭にも書きましたが、代車費用特約は、基本的に車両保険に加入していないと付帯する事が出来ません。しかし、損保ジャパン日本興亜などは、車両保険を付帯させなくても、代車費用特約だけをオプションとして追加することが可能です。

全ての保険会社を調べた訳では有りません。利用にあたっては、契約中の保険会社へ連絡してみてください。

■代車費用特約にも免責が適用される会社も有る
車両保険への免責金額の設定は、自動車保険料節約のための常套手段ですが、この免責金額が「代車の利用料」にも波及する損保会社が有ります。

それが、エース損保です。エース損保では代車を利用する期間が短いと、ほとんど実費になる可能性もありますので注意してください。

代車費用特約の保険料と必要性

代車費用特約(事故時レンタカー費用特約)の保険料は意外に高いです。

イーデザイン損保で見積もりを取ってみたところ、年間の保険料は「5,660円」と表示されていました。どこの保険会社でも概ね5千円~6千円の保険料は取られます。

そのくせ、補償される保険金は「30日×5,000円=15万円」という設定になっている保険会社が多いです。人身傷害保険や搭乗者傷害保険の「保険料と保険金のバランス」と比較すると、高いと言わざるを得ません。

従って、サンデードライバーであれば、必要ない人が大半かなと思います。

問題は、「通勤や通学・子供の送迎」などで、頻繁に車を使用しなければならない場合です。これは、正直言って個々人の好みの問題だと思いますが、移動手段は何も自家用車だけでは有りません。

期間限定的で、バスや電車等の他の交通機関で代替するという方法も有ります。あるいは、カーシェアリングに加入しておくのも1つの手段でしょう。また、指定修理工場に入庫すれば、無料で修理期間中の代車を提供してくれる保険会社がほとんどですので、それを利用する方法も有ります。

非常に個人的な見解ですが、年間5千円~6千円の保険料を払うほどの価値は、あまり無いのかなと思います。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定