自動車保険見直しガイド
弁護士費用特約

弁護士費用担保特約をご存知ですか?自動車を所有している方であれば、大半の方が自賠責保険の他に損保会社の任意保険に加入していることでしょう。その任意保険の中に「弁護士費用担保特約」というものがあります。

ここでは、弁護士費用担保特約の内容と、この特約にまつわる奇妙な現象について見ていきましょう。

スポンサーリンク

弁護士費用担保特約とは?

弁護士費用担保特約とはそもそもどういった内容のものかと言うと、保険契約者が交通事故に遭ったときに、示談や裁判で弁護士に仕事を依頼する場合、必要となった弁護士費用を特約の保険金から出してもらう事が出来る、というものです。

一般的に交通事故で弁護士が必要になるケースとして、以下の様なケースが考えられます。

  • 相手方が保険に加入していない為、交渉が進まない
  • 相手が損害賠償請求の対応をしてくれない
  • 賠償額は提示されたものの納得がいかない

多くの保険会社では、この特約で支払われる保険金は上限が300万円となっています。また、弁護士に依頼する費用の他に法律相談料としても一般的に上限10万円まで特約から支払われることになります。特約の保険料は1,000円程度なので、入っていて損のない特約です。

しかし、そもそもなぜ示談や裁判で弁護士が必要になるのでしょうか?加害者との直接の交渉がうまく進まないというだけでは、弁護士を雇わなくても話し合いで何とかなりそうな気もします。

実はこれは、加害者側の損保会社が保険金を支払いたくないが故に、交渉を難航させてしまうことが主な原因となっているのです。つまり、損保会社は「私たちは出来れば保険金を払いたくありません。もし払って欲しければ弁護士を雇ってください。弁護士費用は特約を付けてもらえれば一部保険会社が負担しますから。」と言っている様なものなのです。

被害者側と加害者側の損保会社が同一の場合

例えばこのようなストーリーがあります。

交通事故に遭い、被害者Aさんが加害者側の損保会社と交渉で揉めていました。Aさんは1,000万円支払って欲しいところ、損保会社は500万円から全く譲ってくれません。

弁護士費用を払うお金も無いし、Aさんは泣き寝入りしそうになっていたところ、自分が任意保険で弁護士費用特約を付けていたことを思い出しました。そこでAさんはこれ以上自分で交渉しても納得のいく結論に持っていくのは難しいと判断して、特約を使って弁護士に仕事を依頼することにしました。

仕事を依頼する前の法律相談として5万円、弁護士費用として150万円を支払うことになりましたが、これらは全て特約の保険金から賄う事ができ、さらにAさんは最終的に損害賠償金として800万円を受け取ることができました。

ここまでの話だと、Aさんは当初希望した金額には及ばないものの、保険会社が主張する金額より多く受け取る事ができ、さらに弁護士費用も払う必要がなかったので、めでたしめでたしという話ですね。

しかし、このAさんの特約が付いている任意保険の損保会社と加害者側の損保会社が実は同じだったのです。損保会社は保険金を支払えと言ってくる弁護士の費用(155万円)を負担し、さらに保険金(800万円)も最終的に支払わないといけないという妙な構図が出来上がってしまったのです。

それなら最初から弁護士費用含めて955万円を払っていればいいのに?と思うかもしれませんが、そうならないのが保険会社の不思議な所です。以上、保険会社が用意した特約が、結果的に自らの首を絞める事になってしまったという奇妙なケースでした。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定