自動車保険見直しガイド
カーリース

カーリースは主に法人向けとして利用され個人の間ではあまり普及が進んで来ませんでした。ですが、最近は個人向けのカーリースを行うリース会社も増えていて徐々に浸透しつつあります。

自動車はローンで購入するものだと思っている人にとっては【カーリースって何?得なの?損なの?どんなメリットがあるの?】など多くの疑問があるのではないかと思います。そこで今回は、カーリースの定義及びカーリースのメリットを見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもカーリースとは

カーリースとは、リース会社が車を購入しその車を契約者に長期に渡って貸し出すシステムです。リース会社が所有者となるので税金等の納付や車検等はリース会社が行いますが、その費用はリース料金として契約者が負担する事になります。

カーリース

カーリースはレンタカーと違うので「わ」ナンバーとはならず、購入車と同様のナンバーとなり、別料金を払えば希望のナンバーも取り付ける事が出来ます。基本的に、リース契約満了後は車両を返却する事になりますが、買取して所有車両にする事が出来るオプションもあります。

カーリースと普通にローンを組んで車を買った場合の費用比較は下記記事で行っていますので、参考にしてみてください。

参考:カーリースとオートローンの費用比較~どっちがお得?

カーリースの主なメリット

カーリースの主なメリットは以下の通りです。

  • 短期間で新車に乗り換える事が出来る
  • 月々の支払いが定額化するので維持費の管理がしやすい
  • 車検やメンテナンスをリース会社に一任するので便利で安全
  • 車両本体価格の月々の支払額をローンより抑える事が出来る 等

以下それぞれ詳しく見ていきます。

短期間で新車に乗り換える事が出来る

契約内容によっては2年毎にリース車両を乗り換える事が出来る契約もあるので、飽き性な人や色んな車に乗ってみたい人にとってはぴったりの方法です。

リース対象車は全メーカー・全車種ですから、初期費用を掛けずに色んな車に乗れるのはカーリースのメリットです。中古車でも色んな車に乗れるというメリットは享受できますが「新車」というメリットは受けられませんから、そういう意味でも嬉しいですね。

月々の支払いが定額化するので維持費の管理がしやすい

カーリースは、頭金が無くても契約する事が出来、月々のリース料に「自動車税、重量税、車検費用、自賠責費用、メンテナンス費用」などが含まれているので、契約期間当初また期間中に必要なお金は一定です。

リース料金定額

購入するとなると、頭金が必要になる事も有りますし、車検や自動車税の納付時期などにも多額のお金が必要になります。お金が沢山ある人なら困る事は無いでしょうが、そうでない人は突然の多額の出費に慌ててしまいますね。

カーリースの場合、毎月定額のお金を支払うだけで良いので、突然の出費に対してのお金のやりくりに困るといった事が無くなります。別途かかる維持費として「ガソリン代や駐車場代」などに気をつけるだけでOK。

カーリースの契約内容によっては、メンテナンス費用などが含まれない契約もあります。

車検やメンテナンスをリース会社に一任するので便利で安全

カーリースだとリース会社又は提携の修理工場などに車を持って行くだけでしっかりとしたメンテナンスを受ける事が出来るので、安全面も心配する必要が無くなります。自分でメンテナンスをしなくても快適に車を使えるのはメリットですよね。

カーリースの契約内容によっては、メンテナンス費用などが含まれない契約もあります。

ただ、そうは言っても日常のメンテナンスはご自身でしっかり行う事をオススメします。故障などによる修理費用は契約者が負担する事になるので、丁寧に車を扱ってあげた方が結局はお得です。

参考:車の日常点検の項目(15項目)とその必要性

車両本体価格の月々の支払額をローンより抑える事が出来る

カーリースの場合、リース料金に占める車両本体価格部分は「車両価格と残存価格の差額分」で構成されています。

カーリースの残存価格

残存価格とは、リース契約期間が満了した時点での車両の売却予想価格の事を言います。この残存価格が差し引かれた状態でリース料は計算されますから、車両本体部分のリース料はローンの場合に比べて安くなります。

例えば、240万円の自動車(60ヶ月後の売却予定額:120万円)を60ヶ月でリース契約した場合とローン購入(5年ローン)した場合の車両本体価格の月々の支払額は以下のようになります。

  • リースの場合:(240万円-120万円)÷60=20,000円/月
  • ローンの場合:240万円÷60=40,000円/月
  • * 金利や頭金等は考慮していません。

リース料金には自動車税やリース会社の利益も加算されるので、月額の総支払額はローンの場合の方が安くなることが多いです。

まとめ

カーリースの最も大きなメリットは「月々の支払額が定額なので毎月の自動車維持費が明確になる」という点です。月々の支払いを平準化しておけば、余裕資金を投資に回したりする事も可能なので、計画的に毎月のやりくりをしている人にとっては、手持ちの資金を増やす良い手段になる可能性は有ります。

ただ、車の使い方次第では追加費用が発生する可能性も有るので、上手く使いこなす必要が有るでしょう。

参考:カーリースのデメリット

普段あまり自動車に乗らないけど、いざって時に便利だから所有しているという人は、カーシェアリングという手段を考えてみては如何ですか?結構な維持費の節約に繋がると思いますよ!

参考:カーシェアリングの時代到来!車を手放すという選択肢も。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定