自動車保険見直しガイド
車両保険の免責金額

車両保険には免責金額を設定する事が可能です。免責金額とは自己負担額の事を指します。

事故の影響で車を修理する事になった場合でも「この部分までの修理費なら自腹切りますよ!」という金額を設定するんですね。一般的に、車両保険の保険料は非常に高いですが、免責金額を設定すれば大幅に保険料を節約する事が出来ます。

注:修理費が免責金額未満の場合には、車両保険から保険金は支払われません。


なお、免責金額を設定していても以下の2つに該当する場合、免責は適用されません(自己負担額は発生しません)。
  • 車が全損と判定された場合
  • 対車の事故で相手から支払われる対物賠償保険の金額が過失割合を考慮しても免責金額を超える場合

引き続いて、免責金額を設定すると、どの程度保険料を節約できるのか見て行きましょう。

免責金額の設定の仕方~1回目と2回目に違う金額も選べる

車両保険の免責金額は「1回目の事故の時の免責金額」と「2回目以降の事故の時の免責金額」の両方を設定する必要が有ります。(車両保険を1年に2回以上請求する可能性は誰しも有りますからね。)

設定の仕方としては「1回目は0万円(免責無し)」「2回目は5万円」という設定も出来ますし、「1回目は5万円」「2回目も5万円」という設定も出来ます。

ちなみに、設定免責金額の表示の仕方は「1回目は5万円」「2回目も5万円」という表示の仕方ではなく「5万円-5万円」という感じで表示されます。


なお、保険会社によっても設定できる免責金額に違いは有りますが、免責金額を大きくすればするほど、保険料は安くなります。

例えば、イーデザイン損保では以下の5つの免責プランが用意されており、下へ行くに連れて保険料が安くなります。(①のプランが一番高く、⑤のプランが一番安い)

①0万円-0万円
②0万円-10万円
③5万円-5万円
④5万円-10万円
⑤10万円-10万円

免責金額の設定でどれくらい保険料が安くなるのか見積もってみた

では、免責金額を設定すると、実際問題どの程度保険料が安くなるのか見てみましょう?利用した保険会社は、通販型自動車保険のイーデザイン損保です。見積もり条件は以下の通り。

●●車種:プリウス ●型式:DAA-ZVW30 ●初度登録年月日:2014年6月 ●事故有係数適用期間 0年 ●等級:10等級 ●記名被保険者の年齢:30歳 ●走行距離:5,000~10,000km ●運転者範囲:本人及び配偶者 ●運転者年齢条件:26歳以上補償 ●免許の色:ブルー ●使用用途:主に通勤・通学 ●所在地:東京 ●車両保険の設定金額:215万円 ●他補償内容はイーデザイン損保デフォルトの補償内容をそのまま使用。

免責プラン一般車両保険付エコノミー型車両保険付
0万円-0万円
90,660円
(100%)
60,450円
(100%)
0万円-10万円80,630円
(88.9%)
56,070円
(92.8%)
5万円-5万円73,800円
(81.4%)
53,090円
(87.8%)
5万円-10万円73,300円
(80.9%)
52,880円
(87.8%)
10万円-10万円67,020円
(73.9%)
50,140円
(82.9%)
車両保険なし37,090円
(40.9%)
37,090円
(61.4%)

表示中の括弧書きは「0万円-0万円(免責無し)」の時の保険料と比べて、その他の免責プランの保険料がどの程度の割合なのかを示した数値。一般車両保険とエコノミータイプそれぞれで計算しています。


ご覧のように、免責金額を設定することで、かなり保険料を安く出来ますね。

「10万円-10万円」の免責を付けると、免責なしプランの場合と比べて、一般車両保険タイプで約26%、エコノミータイプで約17%の割引になる事が分かります。エコノミー型車両保険はそもそも保険料が安めなので、免責金額設定による割引額は少なめですね。

車両保険をエコノミー型にすれば安くなる

注目すべきは「5万円-5万円」の時の保険料と「5万円-10万円」の時の保険料に殆ど差が無い点です。この事からも「1回目の免責金額」が重視されている事が分かりますよね。

車両保険の免責金額はいくらにするのがおすすめか?

免責金額の設定は、個々人の余裕資金がどれくらい有るか?にも依存するので、一概には言えません。が、上記で見たイーデザイン損保のプランに従うなら、基本的には「5万円-5万円」もしくは「10万円-10万円」に設定することをおすすめします。

理由は3つあります。

1つ目の理由は「割引率」の問題です。イーデザイン損保に限定するのであれば、「5万円-5万円」「10万円-10万円」が最も割が良い「免責プラン」だからです。

車両保険の免責金額

2つ目の理由は2012年の等級制度改定による影響です。以前は、保険金を請求しても等級がダウンするだけでしたが、等級制度の改定により、事故を起こした人の保険料は「事故有等級」と呼ばれる割高なテーブル表に基づいて計算されるようになりました。

車両保険を使うと基本的には3等級ダウンとなり、翌年以降3年間は事故有等級で保険料が計算されます。これにより、少額の修理費なら保険を使わずに自腹で修理した方がトータルとしては得になることが多くなったのです。

であるならば、免責なしの車両保険を付けるよりも、そもそも免責金額を設定して、今の保険料も節約しておいた方が、得になることが多い訳です。「0万円-10万円」の免責プランをおすすめしなかった理由はここに有ります。

事故有等級制度の導入で保険を使わない方が得になる事が多くなった件については、下記で詳しく説明しています。
保険を使わない方が得になる時・損になる時


3つ目の理由は、冒頭に説明した「免責適用除外項目」が有ることです。「車両が全損した場合」と「相手の対物保険から免責金額以上の保険金が出る場合」には、免責金額を設定していても自己負担は発生しません。

免責適用除外項目のような「自己負担が発生しない事故」が有るのに、保険料の高い免責無しプランを契約する必要は無いと思いませんか?

結論

以上、3点の理由から「5万円-5万円」「10万円-10万円」で設定する事をおすすめします。ただ、免責プランは保険会社によっても異なりますので、まずは自分が契約している保険会社で見積もりを取ってみて、割引率などチェックしてから判断しましょう。

ちなみに知らない人も多いのですが、免責金額は車両保険だけでなく「対物保険」にも設定することが出来ます。
自動車保険で免責金額を設定する時のおすすめ金額

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定