自動車保険見直しガイド
違い

車両新価特約と通常の車両保険の違いを理解するためには、「車両協定保険価額」と「車両新車保険価額」の違いを理解する必要が有ります。

参考:任意保険の車両新価特約とは

協定保険価額と新車保険価額の違い

車両協定保険価額とは、契約車両と同一の「用途・車種・車名・型式・仕様・初度登録年月」の車(中古車)「保険始期日時点」で購入したらいくらになるか?を定めた金額です。自分の車の「保険始期日時点の中古車としての時価(市場価格)」と考えて下さい。

車両新車保険価額とは、契約車両と同一の「用途・車種・車名・型式・仕様・初度登録年月」の新車「保険始期日時点」で購入したらいくらになるか?を定めた金額です。自分の車の「保険始期日時点の新車販売価格」と考えれば分かりやすいです。

両者の保険金額の違い

で、通常の車両保険の契約金額は「協定保険価額」に基づき決定されます。協定保険価額は「自分の車の中古車としての時価」を表すものですから、年々その金額は下がっていきます。(一度登録した車は、その時点で「中古車」になり、評価額(時価)はあっという間に下がっていきます)

例えば、新車で200万円の車を購入したとしましょう。この新車の1年目~3年目の時価は以下のように推移していきます。(あくまで例ですよ。)

1年目:200万円
2年目:160万円
3年目:130万円

車両保険においては「保険始期日の時価=協定保険価額」なので、仮に3年目で全損となるような事故を起こした場合、車両保険からは「130万円」しか支払われません。

新車を購入してから3年目と言えば、まだ最初の車検も終わっていませんし、気分的には「新車に乗っている」ような物ですよね。どうせなら、また同じ車を新車で手に入れたい!と思うのが人間の性でしょう。

車両新価特約

しかし、車両保険は「協定保険価額」として定められている金額しか支払ってくれません。同じ新車を購入するには「70万円(200万円-130万円)」分の資金が不足しますね。

車は高額な買い物ですから、2年前・3年前に新車を購入したのに、新たに新車の購入費用をポンっと、出せるほどの「経済的余裕」がある人も少ないでしょう。壊れた車のローンだって、まだ残っているかもしれません。

ここで登場するのが「車両新価特約」です。車両新価特約を利用すれば、不足部分の70万円を含めた新車購入費用の「総額200万円」を支払ってもらえます。今回の場合だったら「200万円」が「車両新車保険価額」として設定されているはずですからね。

■車両新価特約のイメージ図
車両新価特約イメージ図
(出典:セゾン自動車-車両新価特約)

事故を起こして愛車が壊れても、経済的な負担を負うこと無く、新車に乗り換えられるという意味で、車両新価特約は非常におすすめの特約です。

但し、車両新価特約はあくまでも「車両新車保険価額」にもとづいて、新車の再購入費用を負担してくれる特約です。180万円の新車を購入したなら「180万円」分しか保険金は降りません。200万円と180万円の差額20万円が、手元に入ってくるわけでは無い、という事は知っておきましょう。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定