自動車保険見直しガイド
エンジン故障

車両保険では、様々な交通事故に対応して保険金が支払われる事になりますが、交通事故と関係の無い「エンジンやエアコンの故障」についても車両保険で補償されるのでしょうか?

単なる故障に車両保険は使えない!

車両保険は、あくまでも偶発的な事故によって起きた損害を補償するものです。

例えば、イーデザイン損保の自動車保険約款を見てみると、車両保険の定義は以下の様に書かれています。

衝突、接触、墜落、転覆、物の飛来、物の落下、火災、爆発、台風、洪水、高潮その他偶然な事故によって被保険自動車に生じた損害および被保険自動車の盗難による損害に対して、被保険者に保険金を支払います(一部省略)

つまり、交通事故によってエンジンが故障した場合などは補償されますが、普通に走っていて故障した場合は車両保険では補償は受けられないという事になります。

ご存知のようにエンジンが故障してしまうと修理代はかなり高いですし、エアコンの故障の修理も【10〜20万円程度】の出費は普通にかかってきます(車種や故障の程度にもよります)。

メーカーや販売店の保証期間内であれば心配ないですが、単なる故障の修理は車両保険からは受けられない以上、修理費用は実費で負担しなければなりません。

日頃からのメンテナンスを心がけよう!

実費で高額な修理代を払わないようにする為にも、日頃からメンテナンスを心がける必要が有ります。そして、常に安全運転を心がけて、車に負荷のかからない運転をしましょう。そうすれば故障もしにくくなります。

走行距離が多い人は普通の人よりもマメにエンジンのメンテナンスを行いましょう。メンテナンスガイドが車検証とセットで保管されていると思いますので、ガイドに従ってオイル交換やフィルター交換などの整備も定期的に実施する様にしましょうね。

メンテナンス

なお、エアコンのメンテナンスをした事がある人は中々いないかもしれませんが、室内フィルターやエバポレーター部分のカビ、コンプレッサーのベルトなど故障の原因となりやすい箇所がいくつかありますので、ちゃんと点検してないと思わぬ故障が発生する可能性が高まってしまいます。

エンジンのメンテナンスをする時に、ディーラーでエアコンのメンテナンスも一緒にお願いしてみるのも一つの手ですね。

ちなみに故障した時点でメーカー等の補償期間外の場合、どうしても修理代を安く抑えたいのであれば、ディーラーに行くのではなく修理工場に直接相談にいくことをオススメします。修理工場は個人客を優遇する傾向にあるので、修理代を意外に安く抑える事が出来るかもしれませんよ。

もし、これがキッカケで修理工場の担当者と仲良く慣れると儲けものです。詳しく書くと怒られそうなので止めておきますが、色々と融通を聞いてくれるようになりますよ♪

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定