自動車保険見直しガイド
現金

車両保険は修理しないでお金だけを保険会社から貰う事が可能です。車両保険を申請するからと言って、必ず修理しなければならないわけでは有りません。

大した傷では無いからお金だけ欲しかったり、新車に乗り換える資金にしたかったり、修理するつもりが無ければお金だけを保険会社から受け取れば良いんです。

今回は、車両保険でお金だけ受け取る場合の注意点などを紹介します。

車両保険はお金だけ貰う事も可能

車両保険は契約車両に生じた損害を、車両保険金額を限度として補填する保険です。損害の補填方法は保険金の支払い、つまり「お金」なんですね。「修理をする事」で損害を補填するわけではないんです。

なので、車両保険で修理をしないでお金だけ受け取る事に問題はなく、保険会社に「修理するつもりは無いからお金だけ下さい」と、伝えればOKです。

なお、「損害額」は修理費用の見積もりをして決定しますが、見積もりをしたからと言って必ず修理しなければならないわけでは無いので安心して下さい。

車両保険の貰い方に関する裏技!?修理工場選びがポイント

修理しないで現金を貰う場合の注意点

修理しないで車両保険を申請して現金を貰う場合には、以下のような点に注意して下さい。

  • 見積書に記載されている消費税は受け取れない
  • 保険会社の損害調査費用は差し引かれる
  • 車両内部の損傷 等

見積書に記載されている消費税は受け取れない

修理費用の見積書は、「修理」というサービスを提供する事を前提に作成されるので、修理費用総額には消費税も含まれています。

なので、修理せずに現金だけを貰う場合には、サービスを消費しないわけですから当然消費税は発生しません。そのため、保険会社からは消費税分を差し引いた保険金が支払われる事になります。

保険会社の損害調査費用は差し引かれる

修理工場の見積もりに対する「保険会社の損害調査費用(見積の妥当性の調査)」は、保険金から差し引かれる事になります。

また、修理工場が行う見積もりにも手数料が発生します。

さきほどの消費税が差し引かれる事も含め、最終的に受け取れる現金は、修理費用の見積金額よりも少なくなる点は予め念頭に置いておきましょう。

車両内部の損傷

修理せずにそのまま乗り続ける場合には、車両内部にまで損傷が及んでいる可能性を考慮しておきましょう。

擦った程度の傷なら見た目の問題なので、車両の性能に影響は出ません。しかし、事故の衝撃によっては、外部からでは分かりにくいエンジン等の内部機関に損傷が発生している場合が有ります。

衝突事故

実際の車の修理では、各部位・部品を分解していく過程で新たな損傷を発見して、修理費用が大きくなるケースも有ります。修理費用の見積もりが簡易的に行われた場合には、内部の損傷が発見されない可能性も有るわけです。

後に、車になんらかの不具合が発生し修理した結果、受け取った保険金よりも多い修理費用になってしまう事も有り得ます。

そのため、何かに衝突したような事故の場合には、現金化に囚われず、しっかりと修理する事も選択肢の一つとして考えるようにして下さい。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定