自動車保険見直しガイド
雹

自動車が雹(ひょう、以後略)でボコボコになったら、、、こんな事を想像する人は、日本には少ないかもしれません。

しかし、近年の異常気象の影響で、日本でも雹は降り、大きな雹であれば車にも被害は出ます。

動画を見る限りでは、車にどれだけの被害が出たのかはわかりませんが、日本でも雹被害に遭う可能性が有る事がわかります。

で、雹被害に遭った時に、自動車保険の車両保険が適用出来るのか?ここが、気になるポイントではないでしょうか?

一般タイプの車両保険で雹(ひょう)被害は修理可能。限定タイプでは?

雹の被害は、車両保険の補償範囲に有る「飛来中又は落下中の他物との衝突」に該当するので、車両保険を用いて車を修理する事が出来ます。

エコノミー・限定タイプの車両保険でも基本的に修理可能です。大体の保険会社では限定タイプの補償範囲として、車同士の事故に加え、火災・台風による損害や雹による被害も補償範囲に含めているからです。

「車対車」に限定している車両保険は適用不可

車両保険を「車対車(車同士の事故のみに限定)」のプランにしている場合は、雹の被害を車両保険を用いて修理する事が出来ません。

車両保険のプランは保険会社によって微妙に変わります。正確には契約している保険会社に確認して下さい。

【注意】雹被害で車両保険を用いると1等級ダウン

雹被害は「飛来中又は落下中の他物との衝突」に該当し、1等級ダウン事故とされていて、車両保険を使用すると翌年の等級が1つ下がってしまいます。さらに、事故有係数適用期間も1年加算されます。

等級によっては、翌年の保険料がかなり高くなってしまう場合も有ります。そのため、あまり目立たない傷なら修理せずに我慢する事も考えた方が、出費を抑える事が出来るかもしれません。

【参考】自動車が雹被害に遭う大きさは

雹

冒頭に貼り付けた動画でもわかるように、日本でも雹は降ります。

では、どれくらいの大きさの雹で、車に被害が及ぶのでしょうか。

ゴルフボール大の大きさの雹が降ると、屋根やボンネットなどはボコボコになるようです。ゴルフボール大とは、およそ直径3cm~5cmです。これより小さくても、車に小さい無数の傷が付く事が予想されます。

実際、2000年5月に千葉県や茨城県など関東北部を中心に、5cm~6cmの大きさの雹が降った時には、約30,000台もの自動車に被害が及びました。その被害額は支払い保険金にして約133億円です(日本損害保険協会)。

ちなみに、大きな雹が降る時期は、上昇気流が強い夏場が多いようです。また、気温が高いと降っている途中に溶けるので、真夏の時期ではなく、初夏の時期が大きな雹を降らす条件となります。2000年の関東北部の雹被害も5月となっていますよね。

日本でも雹は降り、そして、車が雹被害に遭う可能性は十分に有る事がわかりましたね。雹被害の為だけに車両保険に入るのもおかしな話ですが、自動車事故に備えるついでに「雹被害」にも対応するというスタンスで、車両保険に加入するのも有りかなと思います。

「車対車」に限定した車両保険では、補償範囲にはなりませんので、注意して下さいね。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定