自動車保険見直しガイド

「年代別の保険料試算」の記事一覧

スバルのレヴォーグ

ツーリングステーションワゴンのスバルのレヴォーグ。スバルの「走り」を体現してくれる1台です。今回はこのスバル・レヴォーグの自動車保険料を見積もってみました。スポーティな走りが好きな20代を想定して3社の保険会社で自動車保険料を見積もっているので参考にして下さい。

トヨタのエスティマ

Lサイズミニバンのトヨタのエスティマ。サイズも大きく、柔らかみの有る卵型のデザインをしており、ファミリーカーとして利用したい人に人気が高いです。そこで今回は40代の家族がエスティマに乗る場合を想定して任意保険料を見積もってみました。果たして保険料はいくらになったのでしょうか。

すバルフォレスター

SUVの人気車種スバルのフォレスター。今回はこのスバルのフォレスターの自動車保険料の見積を取ってみました。想定したのは30代独身男性です。果たしてスバル・フォレスターの保険料はいくらぐらいになったのでしょうか?保険料の見積と併せてフォレスターの特徴も紹介しています。

トヨタのシエンタ

ここ最近、ミニバンクラスで大人気を博しているトヨタのシエンタ。コンパクトミニバンかつ低燃費とファミリーカーを求める層にヒットしているのでしょう。そこで今回はトヨタ・シエンタの自動車保険料を見積もってみました。40代の家族が乗る場合では保険料はいくらになるのでしょうか?

トヨタのエスクァイア

多くのミニバンを販売しているトヨタの中でもエスクァイアは上級のグレードとなっています。高級なミニバンに乗りたい人にとってはオススメの1台です。今回はこのトヨタ・エスクァイアの自動車保険料を見積ってみました。想定したのは40代夫婦です。果たして保険料はいくらになったのでしょうか。

ホンダヴェゼル

ホンダのヴェゼルは、ダウンサイジング志向にある最近の傾向の中で人気が上昇して来ている、コンパクトSUVです。

もちろんコンパクトといってもSUVなので、セダンやコンパクトカーと比べると大きいですが、全幅1800mmを切りエンジンも2L未満という、「SUVとしては」まぎれも無くコンパクトの範疇に入ります。

アクセラ

マツダのアクセラはエコとスポーティの両面を備えたハッチバック(セダンも有り)です。特に2013年11月以降に登場したモデルでは、デザインが「魂動」というコンセプトにより一新され、人気が一気に高まっています。30代男性がアクセラの任意保険料を検討しているという前提で、各社から保険料の見積りを取ってみました。

ヴェルファイア

トヨタのヴェルファイアは、Lサイズミニバンで一番人気がある圧倒的な存在感が魅力の車種です。兄弟車のアルファードとは違い、高級サルーン感が十分に味わえ、機能性も充実していることが一番人気の秘訣ですね。

ヴェルファイアは、いわゆるマイルドヤンキーと言われる「20~40代の若年ファミリーや独身層」をメインターゲットとしています。

カローラアクシオ

トヨタのカローラシリーズは、特に年配の男性に人気のある車種です。最近はカローラと言っても、発売中の車種に「フィールダー」「ルミオン」「アクシオ」があり、幅広い年齢層をターゲットとして展開しています。中でも、一昔前に業界を一世風靡した「カローラⅡ」の意志を継ぐ「アクシオ」は、60歳代の男性に人気があります。

ハスラー

スズキのハスラーは、2014年1月に発売された軽自動車(クロスオーバーSUVタイプ)です。グッドデザイン賞も受賞しており、オシャレな軽自動車として人気があります。また、軽自動車には珍しいSUVタイプで、オフロード走行も可能なことから、女性がメインターゲットが多い軽自動車の中で、男性にも人気が大きいです。