自動車保険見直しガイド
日産セレナ

日産セレナ

(出典:favors)

日産のセレナは、ファミリーユースを念頭に置いた機能が充実しているベストセラーのミニバンです。ミニバンを買う人は、使い勝手の良さや快適な移動が出来るかどうかなどを重視する傾向にあります。そういう意味では、取り回しの良さや実用性に優れているセレナは優等生と言えます。

セレナは子育てに奮闘しているアクティブファーザーに人気があることから、今回は45歳の家族がある男性を前提として自動車保険料の見積りを取ってみました。是非参考にしてみて下さい。

見積もりの前提条件

今回の自動車保険の見積もりは、以下の様な前提条件で実施しています。なお、見積りに利用した保険会社は、イーデザイン損保セゾン自動車保険三井ダイレクト損保の3社です。

■見積もりした車種について

  • 車両・・・日産 セレナ(グレード20X(フルタイム4WD)、2014年10月発売モデル)
  • 初度登録年月・・・2015年1月
  • ナンバー・・・5ナンバー
  • 型式・・・DBA-NC26型
 
■記名被保険者等について
  • 記名被保険者・・・45歳男性
  • 家族構成・・・本人・妻(42歳)・長男(13歳)・長女(11歳)・次男(9歳)
  • 運転免許保有者・・・本人・妻
  • 住所・・・京都府

■自動車保険の内容について

  • 等級・・・13等級
  • 事故有係数適用期間・・・0年
  • 使用目的・・・日常・レジャー
  • 免許の色・・・ブルー
  • 運転者の範囲・・・本人・妻
  • 車両保険・・・一般車両保険200万円(5-10)
  • 予想年間走行距離・・・5,000キロ~10,000キロ
  • 対人賠償保険・・・無制限
  • 対物賠償保険・・・無制限
  • 搭乗者傷害保険・・・1,000万円
  • 人身傷害保険・・・3,000万円(車内外補償タイプ)
  • 付帯した特約・・・対物全損時修理差額費用特約・事故時代車費用特約・弁護士費用特約 ※1
  • 自動付帯される特約・・・自損事故、無保険車傷害特約

※1 イーデザイン損保は、弁護士費用特約が自動付帯されるので、他社も含めています。

日産 セレナの保険料は?

子供が3人いて、アクティブに家族と遠方までドライブにいったり、バーベキューにいったりする45歳のお父さんを前提に見積りを取っています。購入初年度という前提ですから車は新車同然です。そのため、車両保険も十分にセットしています。

また、比較的保守的な方を想定して、特約も多めに付けているので保険料がちょっと心配ですが、結果は以下の通りとなりました。

会社名保険料
イーデザイン損保62,570円
三井ダイレクト損保65,220円
セゾン自動車68,370円

各社それほど大きな差は無く、6万円台で推移していますね。中でもイーデザイン損保の保険料が一番安いという結果になりました。

今回は特約として「対物全損時修理差額費用特約」や「事故時代車費用特約」「弁護士費用特約」をセットしています。しかし、最低限の補償があれば良いという方であれば、必ずしもこれらの特約を付帯させる必要はありません。

そこで、試しにこれらの特約を外した上で、改めて保険料を試算してみました。結果は以下の通り(弁護士費用特約は、イーデザイン損保が自動付帯なので各社付帯させたままです)。

会社名保険料
三井ダイレクト損保53,050円
イーデザイン損保54,880円
セゾン自動車55,520円

結果としては、保険料の安い保険会社が入れ替わり、三井ダイレクト損保が一番安いという結果となりました。これが何を意味するかと言うと、特約の保険料が各社によって大きく異なる場合がある、ということですね。

今回の試算では、事故時代車費用特約(レンタカー費用特約)の保険料が高く、各社で違いがあることが分かりました。

会社名事故時代車費用特約
イーデザイン損保6,640円
三井ダイレクト損保11,530円
セゾン自動車12,530円

自動車保険は万が一の時の為に備える物なので、自分でどこまで補償が必要なのかを見極めることが重要です。もし自分にとって必要ないかなと思った特約の保険料が高いのであれば、迷わずカットしましょう。

【参考】セレナの特徴点

ここでは、セレナの知っておいた方が良い特徴点をピックアップして紹介していきます。

運転のし易さは◎

5ナンバーサイズの全幅で、取り回しが優れています。また、ガラス部分が多い事やスマートアップサードシートにより低い位置への格納が可能なこともあり、視界が良好です。

デジタルメーターを採用していることで、必要な情報を簡単に把握出来る点も良いですね。

足回りは平均的

ミニバンなので運転席の位置や重心は高めとなっていますが、カーブでもそれを感じさせず、操縦安定性は優れていると言えるでしょう。前席後席共に乗り心地は特別良いという訳ではないですが、悪くもなく平均的です。

強いて言えば、デコボコ道での突き上げ感は結構おおきく伝わって来る点がマイナスです。

シートアレンジが豊富!

実用性という面では、ミニバンなのでやはり優秀です。シートアレンジは豊富にあり、3列目シートの格納も簡単です。26インチ自転車であれば、4台まで積む事が出来ます!!

また、フルフラットにすれば、駐車時に横になってゆったり休む事も十分可能です。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定