自動車保険見直しガイド
スズキのスペーシア

スズキ スペーシア(出典:スズキ

軽自動車でもたくさんの荷物を積めるトールワゴンタイプのスペーシア。30km/L超の燃費性能も魅力の1つです。

今回はそんなスズキ スペーシアを30代の男性が購入したと想定して自動車保険料を見積もってみました。

見積もりの前提条件

今回の見積りは、以下の様な前提条件で実施しています。なお、見積りに利用した保険会社は、イーデザイン損保、セゾン自動車火災保険、損保ジャパン日本興亜の3社です。

■見積もりした車種について

  • 車両・・・スズキ スペーシア(グレード ターボT)
  • 初度登録年月・・・2015年12月
  • ナンバー・・・5ナンバー
  • 型式・・・MK42S

 
■記名被保険者等について
  • 記名被保険者・・・33歳男性
  • 家族構成・・・本人
  • 運転免許保有者・・・本人
  • 住所・・・新潟県

■自動車保険の内容について

  • 等級・・・13等級
  • 事故有係数適用期間・・・0年
  • 使用目的・・・通勤・通学
  • 免許の色・・・ゴールド
  • 運転者の範囲・・・本人のみ *
  • 車両保険・・・一般車両保険140万円(免責金額5-10)
  • 予想年間走行距離・・・5,000キロ~10,000キロ
  • 対人賠償保険・・・無制限
  • 対物賠償保険・・・無制限
  • 搭乗者傷害保険・・・なし
  • 人身傷害保険・・・3,000万円(搭乗中のみ補償タイプ)
  • 付帯した特約・・・代車費用特約、対物超過修理費用特約、弁護士費用特約
  • 自動付帯される特約・・・無保険車傷害特約、他車運転特約 等

* 損保ジャパン日本興亜では、運転者の範囲に「本人限定」が無いので「本人・配偶者限定」で見積もりをしています。

スズキ スペーシアの保険料は?

このような条件で保険料を見積もった結果が以下の内容です。

保険会社保険料
イーデザイン損保35,900円
セゾン自動車火災保険57,230円
損保ジャパン日本興亜65,610円

1番保険料が安かったのが「イーデザイン損保」でした。2番目に安かったのが「セゾン自動車火災保険」。そして、最も保険料が高かったのが「損保ジャパン日本興亜」となりました。

なお、全保険会社の中でイーデザイン損保が最も保険料が安いわけでは有りません。他にも保険料が安い保険会社が有るかもしれないので、一括見積などを利用して探してみて下さいね。

さて、今回はスズキのスペーシアで通勤する人を想定して見積を取りました。地方に住んでいる場合は通勤に車が欠かせない事も有りますからね。

スペーシアは燃費性能が抜群なので通勤利用にぴったりかもしれませんね。

そこで、車通勤をする場合の自動車保険の補償内容の決め方についてのポイントをいくつか紹介していきたいと思います。必ず必要というわけではないので参考程度に読み進めて下さいね。

車両保険は一般タイプにした方が良いかも

車両保険には「一般タイプ」と「エコノミータイプ」が有ります。詳細は下記記事を参考にしてほしいのですが、両者は補償範囲が違い、エコノミータイプは自損事故が補償範囲外となっています。

車両保険とは~一般型とエコノミー型で補償範囲が違います

車通勤をする男性

車通勤をする場合には、基本的に走行距離が多くなり、また長時間働いた後に運転しなければなりません。やはり事故をする確率が高くなりがちです。特に集中力が散漫になったり、居眠りをしてしまったりして自損事故を起こす可能性が高いです。

車両保険をエコノミータイプにしてしまうと、自損事故が補償されず、自腹を切らなくてはなりません。車通勤による事故のリスクを考えると、車両保険は一般タイプにした方が良いかもしれませんね。

ただし、「一般タイプ」と「エコノミータイプ」では、一般タイプの方が保険料は高くなります。

必要な特約は?

車通勤をするにあたって、必要な特約はどういったものが有るでしょうか?今回紹介するのは「代車費用特約」です。

交通事故で車が故障

代車費用特約とは、契約車両の修理中にレンタカーを借りる為の費用を補償してくれる特約です。車通勤をする人にとって車は欠かせない乗り物ですよね。車を修理している間は非常に困る事になります。そんな時に役立つのがこの代車費用特約です。

車を修理に出してからの一定期間のレンタカー代を補償してくれるので、修理中でも車通勤をする事が出来ます。

ただし、補償してくれる期間は30日間としている保険会社が多いです。また、補償される金額は契約時に指定した金額です。補償金額が5,000円に固定されている保険会社も有るので注意して下さいね。

代車費用特約を付帯する上で注意して欲しいのは、保険会社によっては補償対象が「事故のみ」となっている場合が有る点です。今回見積をした保険会社だと、セゾン自動車火災保険とイーデザイン損保がこれに該当します(損保ジャパンは事故・故障共に補償対象)。

同じ特約でも保険会社によって補償内容が異なる点は他の特約でも同様の事が言えるので、契約前にしっかりと補償内容を確認するようにしましょう。

なお、車を修理に出したディーラーや工場が、特約の有無に関わらず、代車を無料で貸してくれる場合が有ります。このような修理の依頼先を知っている場合には、代車費用特約は不要かもしれませんね。

【参考】スペーシアの特徴点

ここでは、スペーシアの知っておきたい特徴点を厳選して紹介していきます。

スペーシアの価格・グレード

スペーシアには3つのグレードが設定されています。グレード毎の価格は以下の通りです。

グレード価格
G1,274,400円~
X1,382,400円~
Gリミテッド1,398,600円~

スペーシアの燃費性能

スペーシアのグレード別の燃費は以下の通りです(2WDの場合)。

グレード燃費
G32.0km/L
X32.0km/L
Gリミテッド32.0km/L

スズキのスペーシアの燃費はなんと32km/Lです。軽自動車だけでなく、自動車全体でもTOPクラスの燃費性能を有しています。

車にガソリンを給油

この燃費性能を支えているのが「Sエネチャージ」と「アイドリングストップ機能」の2つです。どちらもCMなどで聞いた事が有りますよね。

Sエネチャージはハイブリッドシステムのような物で、減速時に専用のバッテリーに充電し、発進・加速時に充電した電力でモーターを回して加速等をアシストする機能です。

アイドリングストップ機能はブレーキを踏んで13km/h以下になると自動でエンジンが停止する機能です。これら2つの機能によりスペーシアの32km/Lという驚異的な燃費を実現しているんですね。

外装(大きさ・色・デザイン)

スペーシアのボディの大きさは以下の通りです(2WDの場合)。

  • 全長・・・3,395mm
  • 全幅・・・1,475mm
  • 全高・・・1,735mm

全高が「1,735mm」となっていて、現在主流のハイトールタイプの軽自動車となっていますね。

車のボディカラー

ボディカラーは以下の色から選ぶ事が出来ます。

  • フレンチミントパールメタリック *1
  • シフォンアイボリーメタリック *1
  • フェニックスレッドパール *1
  • アーバンブラウンパールメタリック *1
  • ブリスクブルーメタリック
  • クリスタルホワイトパール *2
  • シルキーシルバーメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • スチールシルバーメタリック *2*3
  • ムーンライトバイオレットパールメタリック *2*3

*1 グレードXのみツートンカラー(ルーフやサイドミラーカバーなどがホワイト)を選択出来ます(43,200円)

*2 メーカーオプションとなっています(21,600円)。

*3 Gリミテッド限定色です。

スズキのスペーシア(出典:スズキ

外観デザインを一言で表せば「軽自動車らしい」という感じになりますね。個性が無いと言えば悪く聞こえるかもしれませんが、シンプルな仕上がりになっています。

特別仕様車であるGリミテッドのデザインもほぼ同じです。大きな違いはフロントグリルがメッキ調になっている点ぐらいでしょうか(上記画像はグレードX)。

室内空間

スペーシアの室内空間を同じハイトールタイプの軽自動車「タント」「NBOX」と比較してみましょう。

車種室内長室内幅室内高
スペーシア2,215mm1,320mm1,375mm
タント2,200mm1,350mm1,365mm
NBOX2,180mm1,350mm1,400mm

この3台の中でスペーシアは、室内長が1番、室内幅が3番、室内高が2番という結果になりました。バランスの取れた広さと言えるかもしれませんね。

また、スペーシアはシートアレンジが多彩で、前席を後ろに倒してフルフラットにする事も可能です。リアシートを前後に最大170mmスライド出来るのも嬉しいポイントですね。居住性が高い軽自動車と言えるでしょう。

安全性能

歩行者を検知して自動ブレーキ

スペーシアには、2つのステレオカメラによる衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されています。このステレオカメラ方式の採用は2015年5月にスペーシアが発売された時点で軽自動車初だったようですね。

ステレオカメラ方式を導入した事によって、車両だけでなく歩行者も検知可能になりました。これにより、車両及び歩行者との事故を回避又は被害を軽減する事が出来ます。

ちなみに、同じスズキのアルトはレーザーレーダー方式を採用していますが、原則車両のみしか検知出来ません。

スペーシアの安全性は2015年度の予防安全性能アセスメントでも高く評価され、軽トールワゴンでは最高得点を獲得しています。

さて、衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」の機能は以下のような内容です。

  • ① ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知
  • ② 衝突の可能性が有る場合には、音とメーター表示によって警報
  • ③ 衝突の可能性が高まった場合には、自動でブレーキを作動(弱め)
  • ④ ドライバーがブレーキを踏むと、制動力を高める為にブレーキアシストが作動
  • ⑤ 衝突の危険性がより高くなった場合には、自動でブレーキが作動(強め)

上記のような流れで車両や歩行者との衝突を回避又は被害軽減を図ります。スズキでは以下のようなイメージで紹介されていますね。

スズキのデュアルブレーキサポート

なお、標準装備されているのはGリミテッドのみです。グレード「G」「X」ではメーカーオプションとなっています。

その他の安全装備・機能は以下のようなものが有ります(グレードによってはメーカーオプションとなっています)。

  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全方位モニター 等

これらの機能の詳細についてはスズキにて確認して下さい。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定