自動車保険見直しガイド
トヨタのエスティマ

トヨタのエスティマ(出典:FAVCARS

1990年から販売が開始されたトヨタのエスティマ。丸みを帯びた卵型の外観が特徴的なLサイズのミニバンです。2016年に比較的大きなマイナーチェンジが行われたので、気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はこのトヨタのエスティマを40代の人が購入した事を想定して自動車保険料を見積もってみました。

見積もりの前提条件

今回の見積りは、以下の様な前提条件で実施しています。なお、見積りに利用した保険会社は、三井住友海上、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜の3社です。

■見積もりした車種について

  • 車両・・・トヨタ エスティマ(グレード ハイブリッド AERAS PREMIUM)
  • 初度登録年月・・・2016年12月
  • ナンバー・・・3ナンバー
  • 型式・・・DAA-AHR20W-GFXPB

 
■記名被保険者等について
  • 記名被保険者・・・45歳男性
  • 家族構成・・・本人・妻(45歳)・長男(17歳)・長女(15歳)
  • 運転免許保有者・・・本人・妻
  • 住所・・・埼玉県

■自動車保険の内容について

  • 等級・・・18等級
  • 事故有係数適用期間・・・0年
  • 使用目的・・・日常・レジャー
  • 免許の色・・・ゴールド
  • 運転者の範囲・・・本人・妻
  • 車両保険・・・なし
  • 予想年間走行距離・・・5,000キロ~10,000キロ
  • 対人賠償保険・・・無制限
  • 対物賠償保険・・・無制限
  • 搭乗者傷害保険・・・なし
  • 人身傷害保険・・・3,000万円(車内・車外補償タイプ)
  • 付帯した特約・・・弁護士費用特約、個人賠償責任補償特約
  • 自動付帯される特約・・・無保険車傷害特約、他車運転特約 等

トヨタのエスティマの保険料は?

このような条件で保険料を見積もった結果が以下の内容です。

今回見積を取った保険会社は、いずれも代理店型と呼ばれる保険会社です。代理店型を選んだ理由は、車を購入したディーラーで自動車保険の契約も行った事を想定したためです。まとめて依頼した方がラクですからね。

通販型自動車保険のデメリットから見る代理店型自動車保険の優位性

保険会社保険料
東京海上日動34,850円
損保ジャパン日本興亜37,080円
三井住友海上41,370円

3社の中で最も保険料が安かったのは「東京海上日動」でした。2番目が「損保ジャパン日本興亜」、3番目が「三井住友海上」という結果になりました。

代理店型の自動車保険は保険料が高いイメージですが、今回の見積では保険料が安くなっています。その理由は車両保険を付帯していないからです。

車両保険を付帯した場合の保険料

では、車両保険を付帯すると保険料はどうなるのでしょうか?以下が同条件で見積もった場合の結果です(一般車両保険460万円、免責金額は5万円-10万円)。

保険会社保険料
東京海上日動不明
損保ジャパン日本興亜53,470円
三井住友海上不明

東京海上日動と三井住友海上では、エスティマ(グレード ハイブリッド AERAS PREMIUM)を車両保険有りで見積もる事がシステム上無理でした。

1社だけのデータですが、車両保険を付帯すると保険料が2万円弱高くなる事が分かります。

ダイレクト型の自動車保険

では、「代理店型」ではなく「ダイレクト型」の自動車保険で見積もりを取った場合、トヨタ エスティマの自動車保険料はどうなるのでしょうか?以下がダイレクト型のSBI損保での見積結果です(条件は同一)。

保険会社保険料(車両保険無し)保険料(車両保険有り)
SBI損保21,810円46,590円

SBI損保には個人賠償責任補償特約が無いので、自転車事故補償特約を付帯して見積もりをしています。

代理店型の自動車保険よりも車両保険無しの場合で1万円以上、車両保険有りの場合でも7千円ほど安くなっています。

自動車保険料を安くしたいのであれば、車を購入したディーラーで代理店型の自動車保険だけから選ぶのではなく、ダイレクト型の自動車保険の見積もりも取って、より多くの選択肢の中から自動車保険を選んだ方が良いでしょう。

ちなみに、SBI損保はオリコンや価格コムなどが発表している自動車保険ランキングの「保険料の安さ」部門で毎年1位を取っている会社なので、特に安くなる傾向に有ります。

【参考】エスティマの特徴点

ここでは、エスティマの知っておきたい特徴点を厳選して紹介していきます。

エスティマの価格・グレード

トヨタのエスティマは4つのグレードが設定されていています。また、それぞれのグレードに「ガソリン車」と「ハイブリッド車」が設定されています。グレード別の価格は以下の通りです。

グレード価格(ガソリン車)価格(ハイブリッド車)
エスティマ AERAS 3,312,655円~4,352,400円~
エスティマ AERAS PREMIUM3,401,018円~4,391,673円~
エスティマ AERAS SMART3,514,909円~4,532,073円~
エスティマ AERAS PREMIUM-G3,700,473円~4,928,727円~

なお、「エスティマ AERAS(ガソリン車・ハイブリッド車)」にのみ8人乗り仕様が設定されています。

エスティマの燃費性能

エスティマのグレード別の燃費性能は以下の通りです(カタログ値、ガソリン車は2WDの数値)。

グレード燃費(ガソリン車)燃費(ハイブリッド車)
エスティマ AERAS11.4km/L18.0km/L
エスティマ AERAS PREMIUM11.4km/L18.0km/L
エスティマ AERAS SMART11.4km/L18.0km/L
エスティマ AERAS PREMIUM-G11.4km/L18.0km/L

車とお金

ハイブリッド車には「E-Four(電気式4WDシステム)」が採用されています。「E-Four(電気式4WDシステム)」とは、駆動輪(前輪)と独立したモーターにより後輪を駆動させる機能です。雪道などの滑りやすい路面での発進時に走行安定性が増します。

この「E-Four(電気式4WDシステム)」は制動時に前輪だけでなく後輪でも充電を行う事が出来ます。そのため、燃費向上にも役立つ事になります。

ただし、一定速度に到達すると前輪駆動のみになります。4WDとしての機能よりは燃費向上の為の機能と捉えておいた方が良いでしょう。

外装(大きさ・色・デザイン)

エスティマは3ナンバーのLサイズミニバンです。車体の大きさは以下の通りです。参考情報としてアルファードやエスクァイアの大きさも載せておきますね。

下記数値は、エスティマのハイブリッド車、アルファードのグレードX(ハイブリッド車)、エスクァイアの2WDの場合です。

車種全長全幅全高
エスティマ4,820mm1,810mm1,760mm
アルファード4,915mm1,850mm1,895mm
エスクァイア4,695mm1,695mm1,825mm

ポイントは「全高」です。アルファードとエスクァイアよりも「全高」が低くなっていますよね。全高が低い分、コーナリング時のロールが若干抑えられます。

ロールとは、簡単に説明すると、カーブした際に発生する遠心力によって車が横に傾く事です。「傾きが大きい」事を「ロールが大きい」などと言います。

色々な色の車

ボディカラーは、以下の7色から選ぶ事が出来ます。

  • ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション:32,400円)
  • シルバーメタリック
  • アイスチタニウムマイカメタリック *
  • ブラック
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(メーカーオプション:32,400円)
  • レッドマイカメタリック *
  • ダークシェリーマイカメタリック *

* メーカーオプション(54,000円)でルーフやドアミラーなどを2トーンカラー(ブラック)にする事が可能です。

エスティマの外観は「卵型」と呼ばれるように丸みを帯びた特徴的なデザインをしています。販売が開始された1990年からこのデザインは継続されていますね。

室内空間

車に乗ってOKサインを出す女性

エスティマはLサイズのミニバンなので居住性は”まずまず”といった所でしょう。ただ前述したように車高が低いので、頭上に圧迫感を感じるかもしれません。

シートアレンジはバリエーションが豊富です。フロント・セカンドシート又はセカンド・サードシートをフルフラットにする事も可能です。また、セカンドシートは前後のスライド幅が800mm有るので、くつろぎ空間を作り出す事も出来ます。

なお、3列目はラゲッジスペースに対してフラットに収納出来るので、使い勝手の良いラゲッジを作り出す事が出来ます。ちなみに、3列目は電動で格納する「電動床下格納機能」が搭載されています(AERAS PREMIUM-Gにのみ標準装備)。

安全性能

エスティマは「Toyota Safety Sense C」が全グレードに標準装備されています。「Toyota Safety Sense C」には以下の3つの機能が有ります。

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム

これらの機能の詳細についてはこちらの記事を参考にして下さい。

エアバッグ

また、エアバッグは以下の4箇所に装備されています。

  • 運転席・助手席のエアバッグ(標準装備)
  • 運転席のニー(膝)エアバッグ(メーカーオプション)
  • 運転席・助手席のサイドエアバッグ(メーカーオプション)
  • 後部座席のカーテンエアバッグ(メーカーオプション)

その他の安全装備等については装備一覧(トヨタ)で確認して下さい。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定