自動車保険見直しガイド
ヴェルファイア

ヴェルファイア

(出典:favcars)

トヨタのヴェルファイアは、Lサイズミニバンで一番人気がある圧倒的な存在感が魅力の車種です。兄弟車のアルファードとは違い、高級サルーン感が十分に味わえ、機能性も充実していることが一番人気の秘訣ですね。

ヴェルファイアは、いわゆるマイルドヤンキーと言われる「20~40代の若年ファミリーや独身層」をメインターゲットとしています。

そこで、今回は周りの友達とアウトドアやスポーツなど遊びたい盛りの20代後半の独身男性を前提として、保険料の見積りを取ってみました。以下で見ていきましょう。

見積もりの前提条件

今回の自動車保険の見積もりは、以下の様な前提条件で実施しています。なお、見積りに利用した保険会社は、そんぽ24セゾン自動車保険三井ダイレクト損保の3社です。

■見積もりした車種について

  • 車両・・・トヨタ ヴェルファイア(グレード2.4Z、7名用、2008年8月発売モデル)
  • 初度登録年月・・・2009年1月
  • ナンバー・・・3ナンバー
  • 型式・・・DBA-ANH25W型
 
■記名被保険者等について
  • 記名被保険者・・・28歳男性
  • 家族構成・・・本人(独身)
  • 運転免許保有者・・・本人
  • 住所・・・神奈川県

■自動車保険の内容について

  • 等級・・・10等級
  • 事故有係数適用期間・・・0年
  • 使用目的・・・日常・レジャー
  • 免許の色・・・ブルー
  • 運転者の範囲・・・範囲を限定しない(26歳以上)
  • 車両保険・・・一般車両保険200万円(5-10)
  • 予想年間走行距離・・・5,000キロ~10,000キロ
  • 対人賠償保険・・・無制限
  • 対物賠償保険・・・無制限
  • 搭乗者傷害保険・・・なし
  • 人身傷害保険・・・3,000万円(車内外補償タイプ)
  • 付帯した特約・・・弁護士費用特約、対物全損時修理差額費用特約
  • 自動付帯される特約・・・自損事故、無保険車傷害特約

トヨタ ヴェルファイアの保険料は?

今回は、遊び盛りの28歳未婚男性で、アウトドアやスポーツを精力的に行う若者が前提です。遊びにいく時は知り合いが運転することもよくあるので、運転者の範囲は限定せず、26歳以上としています。

また、ヴェルファイアはリセールバリュー(売る時の価値)が高い車種なので、事故や故障に備えて車両保険を200万円分設定しています。

保険料の見積り結果は以下の通りでした。

会社名保険料
三井ダイレクト損保
76,850円
セゾン自動車99,120円
そんぽ24117,530円

保険料には各社で大きな差がつきました。金額で選ぶのであれば三井ダイレクト損保ということになりますね。

なお、今回は28歳の未婚男性という前提です。この年齢だと、毎年の保険料を払うのが結構大変な場合が多いですよね。保険料のうち、車両保険料が占める割合は大きいので、試しに車両保険を付けていない場合も見積りを取ってみました。結果は以下の通り。

会社名保険料
三井ダイレクト損保
34,980円
セゾン自動車48,410円
そんぽ2449,490円

いずれの保険会社も、一気に半額以下保険料となったので保険料の負担も大分減りますね。また、金額が下がったので保険会社間の保険料差も縮まりましたね。

また、上記の前提は28歳でアウトドアやスポーツなどに没頭しており、知り合いに運転を任せる事もあるだろうということで、運転者の範囲を限定していませんでした。しかし、保険に入っているかどうかは関係無しに、他人に自分の車を運転させるのが不安な方や嫌な方もいるでしょう。

そこで、車両保険は付けたままで、運転者の範囲を本人(若しくは配偶者)限定とした場合の見積りも取ってみました。結果は以下の通り。

会社名保険料
三井ダイレクト損保
72,910円
セゾン自動車88,580円
そんぽ24108,560円

車両保険ほどではないですが、それでも各社1万円近く保険料が安くなりましたね。

ちょっとした前提条件が変わるだけで保険料は大きく変わるので、保険会社の方に言われるがままに契約するのではなく、納得のいく保険料と補償内容を天秤にかけて決めていきたいですね。

【参考】ヴェルファイアの特徴点

ここでは、ヴェルファイアの知っていると後で困らない特徴点をピックアップして紹介していきます。

運転のし易さはやはり△

Lサイズのミニバンなので、小回りが効かないです。また、全幅も1800mmを超えており、実際の運転では慣れるまで苦労するでしょう。

着座位置が高いので視界は良さそうですが、それは前方だけで、左右及び後方はボディサイズが大きいため見えにくいです。バックカメラが必須です!

居住性は文句無し!

Lサイズクラスのミニバンとして一番人気を誇っているだけのことはあり、乗り心地は最高です。全高が1900mmあり、低床なのでゆったりと座る事が出来ます。また、2列目にはオットマンがあるなど、おもてなしの機能も充実しています。

荷室のスペースも十分すぎるほどに用意されています。跳ね上げ操作も簡単なので、使い勝手という面でも問題ありません!

力も申し分無し

2.4L&3.5Lエンジンがラインナップにあり、どちらもパワーの面では申し分ありません。

3.5Lエンジンは絶対的なパワーはあるのですが、その分燃費が悪くなってしまいます。特にこだわりが無ければ、2.4Lエンジンを選んだ方がよいですね、2.4Lエンジンでもパワー不足を感じる場面は基本的にありません。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定