自動車保険見直しガイド
ヴォクシー

トヨタのヴォクシー

(出典:トヨタ公式サイト)

トヨタ ヴォクシーの自動車保険料を見積もってみました。歴代のCMでは、反町隆史さんや瑛太さんなど「格好良いお父さん」を起用し、その成果もあってか今ではファミリーカーの代表格として認識されています。

見積もりの前提条件

見積もりをする上での前提条件を、以下にまとめています。見積もりを取った保険会社は、セゾン自動車火災保険チューリッヒ三井住友海上の3社です。

■見積もりした車種について

  • 車両・・・トヨタ ヴォクシー(グレードV、4WD、2014年発売モデル)
  • 初度登録年月・・・2014年4月
  • ナンバー・・・5ナンバー
  • 型式・・・DBA-ZRR85G-BPXGP型

■記名被保険者等について
  • 記名被保険者・・・42歳既婚男性
  • 家族構成・・・妻41歳、子供3人(17歳、15歳、11歳)
  • 運転免許保有者・・・夫、妻
  • 住所・・・北海道

■自動車保険の内容について

  • 等級・・・15等級
  • 事故有係数適用期間・・・0年
  • 使用目的・・・日常・レジャー使用
  • 免許の色・・・ゴールド
  • 運転者の範囲・・・夫婦限定
  • 車両保険・・・一般条件255万円(免責金額5-10万円)
  • 予想年間走行距離・・・7,000km~9,000km以下 *1
  • 対人賠償保険・・・無制限
  • 対物賠償保険・・・無制限
  • 搭乗者傷害保険・・・1000万円 *2
  • 人身傷害保険・・・3,000万円(車内外補償タイプ)
  • 付帯した特約・・・対物超過修理費用特約、弁護士費用特約、身の回り品特約、個人賠償責任特約 *3
  • 自動付帯される特約・・・他車運転特約、無保険車傷害特約、自損事故特約、車両無過失事故特約、ファミリーケア特別見舞金特約 *4

*1 チューリッヒとセゾン自動車火災保険では、「5,000km超~10,000km以下」を選択しています。三井住友海上は質問項目が有りません。

*2 三井住友海上は、入通院に関する補償(最大10万円)のみとなっています。

*3 身の回り品特約は、セゾン自動車火災保険では限度額を50万円、他2社は30万円となっています。

*4 車両無過失事故特約は、セゾン自動車火災保険では自動付帯、三井住友海上は特約として付帯、チューリッヒは無いので付帯していません。 ファミリーケア特別見舞金特約はチューリッヒにのみ付帯しています。

ヴォクシーの保険料は?

保険料が3社の中で最も安かったのはセゾン自動車火災保険でした。

保険会社見積保険料
セゾン自動車火災保険50,660円
チューリッヒ51,470円
三井住友海上75,310円

ダイレクト型の2社(セゾンとチューリッヒ)がほぼ同額となり、約2万円離されて、代理店型の三井住友海上という結果になりました。

前提条件と保険料

今回の試算は、「他社からの乗り換え」として見積もりをしています。つまり、継続ではなく、新規での契約となります。

新規と継続の違いは、インターネット割引の金額に大きな影響を及ぼす場合があることです。保険会社によっては、新規・継続に関係なくインターネット割引が一律の会社もあります。まさにセゾン自動車火災保険がこれにあたり、一律10,000円の割引です。

一方、継続契約になると、割引額がガクンと下がってしまう保険会社もあります。チューリッヒでは、新規契約の場合は最大で12,000円の割引ですが、継続契約の場合は一律たったの1,500円の割引となってしまいます。

1年目の契約では保険料に差が無い2社ですが、2年目の継続契約では「インターネット割引だけで8,500円の差」が発生する事になります。

1年目だけでなく、2年目以降もしっかりと見積もりを取って比較する事が、保険料を節約する上で重要なポイントである事が分かります。

保険料以外にチェックすべきポイント

チューリッヒとセゾン自動車火災保険に注目してください。保険料の差は1,000円未満となっていますよね。

しかし、保険料に差は無くても、補償される内容は同じではありません。

なるべく同条件で見積もりを取りましたが、細かい部分(特に特約)で違いが出てしまいます。誰がどの車種で見積もっても、各保険会社の特色が出てしまうので、ピッタリ同じにする事は出来ません。

で、比較する際には、この細かい違いが保険料の次にチェックすべきポイントとなります。

今回の試算では、以下がチェックすべきポイントとなります。

特約セゾン自動車火災保険チューリッヒ
身の回り品特約限度額:50万円限度額:30万円
個人賠償責任特約限度額:無制限限度額:1億円
無過失事故特約自動付帯特約無し
ファミリーケア特別見舞金特約特約無し自動付帯

このような点をチェックして自分に必要な保険を選択するようにしてください。また、ロードサービスをチェックする事もお忘れなく。

特約について

今回付帯したのは、「身の回り品特約」と「個人賠償責任特約」です。

身の回り品特約は、車積品が事故などで損壊した時に、補償してくれる特約です。今回試算したヴォクシーは、ゴルフバックやスキー板など色んな物を載せて出掛ける事が多いと思うので、オススメの特約です。

また、個人賠償責任特約は、自動車事故以外の対人・対物の賠償責任を補償してくれる特約です。この特約は自転車事故の賠償も補償してくれるので、お子さんの多い家庭にはオススメの特約となります。

参考:自転車保険は必須では無い!?補償を受けられる他の保険が有ることも知っておきましょう。

個人賠償責任特約と併せて自転車傷害特約も付帯すれば、自転車事故をフルカバー出来ます。

【参考】ヴォクシーの特徴

簡単ながらヴォクシーの特徴を紹介します。

多彩なシートアレンジ

2列目シートは最大810mmのロングスライドが可能で、1、2列目、又は2、3列目をフルフラットに出来ます。また3列目を折り畳む事で、大きな荷物の積載にも対応。

多彩なシートアレンジは、小さなお子さんから大人まで、ゆったり寛げる空間を演出出来ます。

乗り降りもラクラク

フロントは地上から390mm、リヤは360mm(4WDは380mm)と、ミニバンではトップクラスの低床で、小さなお子さんから、老人まで乗り降りが非常に簡単に出来るデザインとなっています。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定