自動車保険見直しガイド

(この記事は約 4 分で読めます。)

iQOS(アイコス)が人気の火付け役となった加熱式の電子タバコですが、現在ではglo(グロー)やPloom TECH(プルームテック)など様々な種類が販売されていますよね。

巻紙たばこから加熱式に変えて、「車内喫煙ができるのか?」について気になっている方も多いのではないでしょうか。

巻紙たばこの時から車内で喫煙している人ならともかく、禁煙車として愛車を大切にしている人なら「加熱式タバコの喫煙で【臭いや黄ばみ】がどの程度車内に残るのか」と考えてしまいますよね。

そこで今回は加熱式タバコ(アイコス・グロー)などの車内喫煙が車の売却(下取り)査定にどの程度の影響を与えるのか?という事について、詳しく掘り下げていきたいと思います。

「車の売却(下取り)査定に納得がいかない!」そんな時におすすめの【かんたん査定ガイド・無料一括見積もり】はこちら

 

加熱式タバコは車査定にほとんど影響しない

電卓と車

結論から言ってしまうと、アイコスやグローなどの加熱式タバコは車内で喫煙していても、ほぼ売却や下取りの時に査定額を下げることにはなりません。

「ほぼ」と記載したのにはわけがあって、査定員によっては「喫煙車両」と判断されることも稀にあるということです。とは言え基本的には加熱式タバコであれば、車内で喫煙していても禁煙車両とみなされることが多いようです。

 

なぜ加熱式タバコでは査定額が下がらないのか?

基本的に巻紙たばこを吸っていた車は喫煙車両として査定されるので価値が低くなりますよね。

なぜ「喫煙車両は売却額が下がってしまうのか?」というと、【ヤニの付着によって変色する内装の黄ばみ】と【エアコンやシートに染み付いた臭い】が原因なのです。

つまり、アイコスやグローなどの加熱式タバコではそれが起こらないという事になるわけですね。では、どうしてそうなるのか?については次の項目にて。

 

巻紙タバコと加熱式タバコの原理

従来の巻紙タバコ(画像右)は先端のタバコの葉に火をつける事で発生する煙を吸うわけですね。
その際に、巻紙たばこに含まれるニコチンやタールが副流煙や主流煙から発生しています。

そして部屋や車内、そして歯にこびり付く黄ばみやしつこい臭いはタールが原因なのです。

加熱式のタバコ(画像左)では専用の機械に差し込んで加熱した上で水蒸気を吸い込むこむので、煙は全く出ません。(煙のように見えているのは水蒸気です。)
そして、火をつけていないので、水蒸気の中にはタールが含まれていません。

文章だけでは分かりづらいと思うので、次は実際に目で見て確認してみましょう。

 

巻紙タバコと加熱式タバコ吸った後の比較

巻紙タバコの喫煙前後を比較

火をつける前の新品状態

火をつけた喫煙後の状態

喫煙後の写真ではフィルター部分が黄色くなっているのが確認できると思います。
この黄色くなっているのがタールで、主流煙はフィルターによってタールがカットされていますが、副流煙からはダイレクトに飛散します。(副流煙のが有害性が高いと言われている理由ですね。)

加熱式タバコ(グロー)の喫煙前後を比較

火をつける前の新品状態

専用機で喫煙後の状態

本体部分が焦げていて、フィルター部分には特に変化がありません。
火をつけていないため、出るのは水蒸気のみで煙が発生しないのでタールによってフィルターが黄ばみません。

両者のタバコを分解してフィルターを比較


上段が巻紙タバコで下段が加熱式となっています。
加熱式タバコのフィルターは1段階構造で、ほどんど変色していないのに対して、巻紙タバコのフィルターは3段階構造となっていますが、葉の部分に近いフィルターは真っ茶色になっていますね。

臭いと黄ばみの元はタール

前述しましたが、臭いと黄ばみの元はタールなので、タールが発生するか否かで喫煙車両認定されるかどうかが決まります。

つまり、タールが発生しない加熱式のタバコを車の中で吸っても査定には影響しないと言えるわけですね。

 

加熱式タバコでも喫煙車両認定されるケース

ドライバ―保険を比較

加熱式のタバコなら車内喫煙してもOKとは言っても、ごく稀に査定の時に喫煙車両とみなされる場合があります。「これはどういうことなのか?」というと、原因は臭いにあります。

加熱式タバコの場合、タールが発生しないのでしつこい臭いがこびり付くことはありません。

しかし、加熱式タバコでも水蒸気が空気中に飛散するので、独特の臭いが発生します。この臭いに気付かれると喫煙車両だと査定されるケースもあるようです。

基本的に車の売却(下取り)査定は、査定員によって違いが出てくるので、査定員がタバコに対して嫌悪感の強い人の場合に多いようですね。

対策

加熱式タバコの場合はタールによって発生する臭いではないので、車内にこびり付くような臭いではありません。

つまりは、査定に出す直前に車内で吸っていなければ、臭いは残りません。なので対策は簡単で、方法は以下の2通りです。

  • 査定前の数日は車内で吸わない。
  • 査定に出す直前にファブリーズなどの消臭剤を使用する。

この2点を実践すれば、簡単に禁煙車両として査定してもらえるので、査定額を落とさずに済みますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。巻紙タバコと加熱式タバコの違いや原理がわかれば車の査定にどう影響するかという事もわかってくると思います。

車の査定業者の中には、「うちではアイコスやグロー等の加熱式タバコの場合は禁煙車両として扱っています」

という業者もいるくらいなので、基本的に加熱式タバコの場合は、車内で喫煙をしても問題ありませんが、万が一喫煙車両と査定されてしまった場合には、別の業者に査定を依頼してみましょう。

色々な業者で査定をしてもらえば、また違った結果が出てくると思いますよ。

失敗しない車の売り方

無料一括査定

事故車でも買い取り

カーネクストならどんな事故車でも買い取り保証してくれるので、一度は見積もりを取ってみることをおすすめします!

・事故OK
・故障OK
・水没OK
・不動・廃車予定OK

もしも廃車にする予定でも、「レッカー代・解体費用・手続き代行費・廃車費用」が完全無料で、最低0円にて買い取り(引き取り)してもらえますよ♪

なびくる

実は、単純にネットで中古車を検索しても欲しい車は見つかりません。なぜなら中古車情報の約70%はネット上では非公開車両だからです。

しかし、なびくるの賢い中古車探しを利用すれば「車選びのプロ」が本来非公開の車両を含む厳選在庫の車の中から、希望に応じた車を無料で探して提案してくれます!人気の新古車・未使用車も要望可能です♪