電話勧誘がしつこい!?自動車保険一括見積もりを依頼した後のてん末とは?

(この記事は約 5 分で読めます。)

電話勧誘

自動車保険の一括見積もりサービスを利用すると「しつこい電話勧誘・怒涛の電話攻勢が有るのではないか?」と疑問を持っている人も結構いるんじゃないでしょうか。

確かに、車の買取一括査定などのように、依頼後即電話が鳴るサービスも有るので、自動車保険の一括見積もりサービスに対してこのような疑問を抱くのは仕方の無い事でしょう。

しかし、ズバリ結論を言うと、自動車保険の一括見積もりの場合、保険会社から電話がかかってくる事は有りません。

まだ利用した事が無い人は、電話勧誘の有無が気になって一歩目を踏み出せずにいたのではないでしょうか。自動車保険の一括見積もりサービは、電話勧誘がありませんし、なにより非常に簡単・便利なサービスなので是非利用してみてくださいね。

車査定

自動車保険の一括見積もりで電話勧誘は無い

スマホと✕を持った女性

何度も言うと逆に不安に感じるかもしれませんが、自動車保険の一括見積もりサービスでは電話の勧誘は有りません。

実際、私も毎年一括見積もりサービスを利用していますが、今まで電話がかかってきたことは有りません。(*1)

*1 ネットで調べてみたところ、1社から電話がかかってきた!という人もいらっしゃいます。が、1社程度なら特に対応が面倒なわけでもないですし、そんなに心配する必要は有りません。

もし電話がかかってきた場合には「契約する保険会社はもう決まりました」ときっぱり伝えれば、相手の話を聞くことなく短時間で対応できます。

電話が掛かってこない理由は?

あくまで個人的見解ではありますが、自動車保険の一括見積もりサービスを利用しても電話勧誘が無いのは、ダイレクト型自動車保険が有るからでしょう。

ダイレクト型自動車保険とは、店頭窓口を持たず、インターネットで見積・契約が完結する自動車保険です。固定費・人件費を削減し、安い保険料を実現する事で集客するのが、このダイレクト型自動車保険の狙いです。

つまり、電話勧誘という営業スタイルは、ネット完結型のダイレクト型自動車保険の営業スタイルと相反するものなのです。

スマホを操作している女性

だとすると、代理店型自動車保険から電話勧誘が有るんじゃないの?と思いますよね。これについても、ダイレクト型自動車保険が大きく関わってきます。

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険は、1つの会社としては別会社ですが、それぞれが同じある企業グループに属している場合が多いです。

グループ代理店型ダイレクト型
SOMPO
ホールディングス
損保ジャパンそんぽ24
セゾン自動車
東京海上
ホールディングス
東京海上日動
日新火災
イーデザイン損保
MS&AD
ホールディングス
三井住友海上
あいおい
三井ダイレクト

つまり、グループ内で「代理店型」と「ダイレクト型」の棲み分けが行なわれていて、自動車保険の一括見積もり等のインターネットのマーケットに関してはダイレクト型に任せておけば、グループとしては損をしない状況になっているんです。

そのため、代理店型からも電話勧誘がかかってこないんですね。

 

キャンペーン目的の乱用には注意

注意

自動車保険の一括見積もりサービスの中には、マックカードなどのギフト券を利用者にプレゼントするキャンペーンが行われている場合があります。もちろん、利用する事自体に問題はないのですが、あまりキャンペーン目的だけで利用するのはオススメできません。

というのも、自動車保険の一括見積もりでは、入力する情報項目として主な補償内容に加え、氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報も入力します。

そのため、電話勧誘を気にするあなた自身が個人情報をばら撒く結果になってしまいます。もちろん、個人情報保護法の基で情報は管理され、許可なく他社に情報が提供される事はありませんが、漏洩するリスクは少なからずあります。

電話勧誘等を気にするのであれば、車を購入した時や保険の更新時期などの必要なタイミングで自動車保険一括見積もりを利用するようにしましょう。

インズウェブ自動車保険一括見積もり
Advertisement(広告)

メールはいっぱい来る!!

自動車保険の一括見積もりでは電話勧誘はありませんが、登録したメールアドレス宛にメールは沢山来ます!!送られてくるメールは、主に以下の3種類です。

  • ① 一括見積請求完了のお知らせ及び各保険会社の見積結果
  • ② 毎年満期日近くに送られてくる見積・更新の勧誘
  • ③ その他のサービスに関するメールマガジン

自動車保険の一括見積では電話でやり取りを行わないので、保険料の見積結果をメールで通知します。そのため、「① 一括見積請求完了のお知らせ及び各保険会社の見積結果」のメールは、必要であり大事なメールとなります。

メール

また、既に各保険会社はユーザーのメールアドレスを知っているので、その年だけじゃなくて来年もその次の年も満期日近くになるとメールを送ってきます。これが「② 毎年満期日近くに送られてくる見積・更新の勧誘」のメールです。

「自動車保険の満期日が近づいています。見積もりをとってみませんか?」

みたいな感じです。

メールボックスが保険会社からのメールで一杯になるのは結構うっとうしいですが、リマインドメール自体は有り難いかもしれません。メールが送られてくる事で「あっ、もうすぐ自動車保険の更新日か。今年もそろそろ見積もりを取らないとダメだな」って思えるので。

そして、自動車保険の一括見積もりサービスを提供している企業のメールマガジンです。これが「③ その他のサービスに関するメールマガジン」のメールです。自動車保険に関するものやその他のサービスに関するメールが送られてきます。

「②」と「③」のメールに関しては”うっとおしい”と感じる人が多いでしょう。

 

沢山送られてくるメールへの対処方法

パソコンの前で叫ぶ女性

メールが沢山送られてくるのは困る、という人は以下の3つの方法で対策しておきましょう。

  • ① 登録するメールアドレスを捨てアドレスにする
  • ② メールの受信ボックスのフォルダ分けをする
  • ③ メールマガジンの受信を拒否しておく

見積もり時にメインのメールアドレスを登録せずに、サブアドレスもしくは捨てアドレスを登録するようにしましょう。そうすれば、メールボックスが汚される事は有りません。

もう一つ方法がフォルダ分けですね。主要なメールソフトであれば、特定のメールアドレスから来たメールをメインの受信ボックスとは違う受信フォルダへ直接移動させる機能が有ります。

PCメールのイメージ図

フォルダ分けは最初の設定が少し面倒ですが、設定さえしておけば、自動でメールを振り分けしてくれるので、大事なメールが保険会社からのメールで埋もれてしまうなんて事を回避出来ます。

いずれの方法でも、必要なメールが埋もれてしまう可能性があるので、チェック漏れがないように注意してください。

そして、不要なメールマガジンの受信を拒否しておきましょう(捨てアドレスを使用するなら設定する必要はないかもしれませんね)。

設定方法は、一括見積サイトから最初に送信されてくる「一括見積請求完了のお知らせ」のメールの最下部に設置されたURLから「登録情報の修正・削除」へ行きます。そこでメールマガジンの配信を停止できます。

Advertisement(広告)

まとめ

自動車保険

自動車保険一括見積もりの勧誘電話の事が気になっていたのに、メールの事を気にしなければならない状況になってしまいましたね。とはいっても、今回紹介したように捨てアドレスを利用するなどの対策を講じておけば、そこまで気にする事はないでしょう。

なにより「自動車保険一括見積もりを利用しても勧誘電話は一切かかってこない」という情報は、電話がわずらわしい人にとって朗報だったのではないでしょうか。

自動車保険一括見積もりは非常に便利なサービスです。このサービスをストレスなく利用できるのは嬉しいですよね。しかも節約できる保険料の平均額は約3万円(インズウェブの場合)です。

あなたの補償内容でどれだけ保険料が節約できるのか、早速試してみましょう!

Advertisement(広告)
インズウェブ自動車保険一括見積もり
車査定

【人気各社に個別見積もり】

ある程度、自身で保険会社が絞られている方は、個別に見積もりしていく事も個別の内容把握や対応が少なくなるので、オススメです。

気になる自動車保険会社だけに無料で個別見積もり!

自身の状況を反映させ、大まかな契約概要を把握する

自身である程度、保険会社が絞られている方は『個別見積もり』もオススメでしょう。

  1. 【個別見積もり】ソニー損保
  2. 【個別見積もり】セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
  3. 【個別見積もり】楽天損保
  4. 【個別見積もり】アクサダイレクト
  5. 【個別見積もり】チューリッヒ

まだ自身のニーズや年齢・家族構成など、保険会社を絞りきれてない方には一括見積もりで自分に合った保険会社を見つけることが重要です。一度試してみましょう。

【独自分析!2023年ダイレクト型ランキング1位】

「保険料の安さ」「事故対応の満足度」「ロードサービスの充実度」など全ての項目を総合的に勘案した自動車保険会社の2023年総合ランキング(独自分析)でトップに位置するソニー損保

【独自分析!名前の通り「50代以降」や「子育て世代」にお勧め】

「保険料の安さ」「事故対応の満足度」「ロードサービスの充実度」など全ての項目を総合的に勘案した自動車保険会社の2023年総合ランキング(独自分析)でソニー損保と共に、トップに君臨するセゾン自動車保険(おとなの自動車保険)

【楽天経済圏の方にオススメ!楽天損保】

最大のポイントは自動車保険料の支払いで「楽天ポイント」を貯められる点でしょう。『楽天カード』での自動車保険支払いの場合、楽天ポイントが、なんと『3倍』貯まります。100円で1ポイントが貯まるので、保険料月50,000円の場合、1000ポイントが貯まります。さらに自動車保険料を楽天カードで支払った場合、プラスで500ポイント貯まるので、月1,500ポイントの楽天ポイントが獲得でき、1ポイント1円で使用可能です。

【サービスと保険料で人気「アクサダイレクト」】

インターネット割引では、ウェブサイトで見積もりをした場合、条件達成で最大2万円のインターネット割引が適用可能に!また無事故の年数が長ければ長いほどお得になる20等級継続割引では、条件の達成で「1年目」「2年目」「3年目」「4年目以降」の4区分された割引が適用されます。

またアクサダイレクトでは、必要に応じて面談担当者が自宅を訪問して説明するAXAフィールドサービスを展開。事故時に電話だけのやり取りだけでは不安な方でも、対面でやり取りをすることにより、安心して手続きを進めることが可能です。

【保険料の安さでトップクラス】

保険料の安さとサービスの内容充実度が高い「チューリッヒ自動車保険」!気になる方は一度チェック!

まだ自身のニーズや年齢・家族構成など、保険会社を絞りきれてない方には一括見積もりで自分に合った保険会社を見つけることが重要です。一度試してみましょう。

1.合わせて読みたい!「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

2.合わせて読みたい!『独自分析!自動車保険ランキングを確認』

『自動車保険』を比較・分析・賢く選ぶ

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

保険料の安さがトップクラス!チューリッヒ自動車保険

愛車の価値を把握!無料一括査定

自分の愛車の「下取り価値」や「目線」も分からずに売却や交渉をすると損してしまいます!

高値で売るには、あなたの車がほしい買取店を見つける事も重要です。高い値段で車を買い取ってもらうには、今まさに「あなたの車を欲しい買取店」を見つける作業が重要なポイントの一つです。

そのためには、結果的にできるだけ多くの買取店から査定を受けることが重要でしょう

オンライン一括査定を行ってもすぐに売る必要はないため、とりあえず下取相場を把握するのが重要です。

事前にチェックしておきたい「自動車保険情報」

  1. 独自分析!【2023年】自動車保険おすすめランキング
  2. 煽り運転に自動車保険は適用される?煽り運転に対応するおすすめ自動車保険・ドライブレコーダーは?
  3. コロナ化で外出激減!自動車保険を見直す?見直さない?【ファイナンシャル・プランナー監修】
  4. 自動車にはどの燃料が一番おすすめ!?水素・電気・ガソリンを比較・分析!【FP監修】
  5. 増加するウーバーイーツ配達員!知って備える!?賠償や怪我の補償【FP監修】
  6. 楽天損保の自動車保険!口コミ・評判・サービス概要・特徴について【ファイナンシャル・プランナー監修】
  7. 雹や水没で被害!台風などの自然災害で自動車保険は適用される?【ファイナンシャル・プランナー監修】
  8. 車両料率クラスとは?2020年改定!自動車保険の型式別料率クラスの仕組み【FP監修】
  9. 自動運転の事故の責任は誰?「自動運転」と「自動車保険」【ファイナンシャル・プランナー監修】
  10. 高齢者事故の原因と時間帯を考察!60代・70代以上におすすめの自動車保険【FP監修】
  11. 自動車盗難対策!盗難で自動車保険はいくら支払われる?自動車盗難の最新傾向と盗難対策をご紹介
  12. テレマティクス保険とは?メリット・デメリットを考える!【ファイナンシャル・プランナー監修】

【Car Lounge】車情報サイト

車情報サイト「Car Lounge」

様々な車のモデル、新車情報や人気車種の情報が満載!中古車情報や車のお役立ち情報も沢山掲載されています。

気になる車や様々な情報をチェックしたい方、車情報サイト【Car Lounge】もチェックして下さい!