18歳から70歳まで保険料を支払ったら合計いくらになるか計算してみた[FP・専門家監修]

(この記事は約 5 分で読めます。)

自動車保険の見積もりは新規契約や更新前に1年分の保険料の見積もりしかしたことがないんじゃないでしょうか?一生涯自動車保険を契約し続けたら保険料がいくらになるのか気になりませんか?

計算

自動車は現在公共交通機関を除くと移動手段として最も利用されているので一生涯付き合って行く乗り物です。

そのためトータルでどれくらいの保険料になるのか知っておけば自動車保険に関してもそれ以外の生活費等に関しても節約の意識が高まると思います。

車査定

見積の前提条件について

見積もりの条件は以下の通りです。

見積もり条件

■見積会社:三井ダイレクト損保

■契約者本人の条件について
生涯居住地は東京のプリウス愛好家の男性
18歳から30歳まで独身
31歳に結婚(同い年の女性)
31歳に第1子、33歳に第2子
※男性の平均初婚年齢を採用しています。

■運転者限定の条件について
18歳から30歳まで本人限定
31歳から48歳まで本人・配偶者限定
49歳から55歳まで家族限定
56歳から配偶者限定
運転者年齢条件は子供が乗るとき以外は本人の年齢に設定、49歳から55歳までは子供の年齢に設定

■その他の条件
等級は6等級からスタートで1年毎に等級がUP
使用目的:生涯日常・レジャー使用目的
走行距離:三井ダイレクト損保では該当項目がありません。
一生涯無事故
支払い方法は年払い
生涯保有台数は1台

■補償内容
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
搭乗者障害保険1,000万円
人身傷害補償保険:3,000万円(車内・車外ともに補償タイプ)
車両保険:一般タイプと限定タイプ、保険金額は最低額、免責金額は1回目5万円、2回以降10万円の場合と車両保険無しの場合で見積もりします。

■特約
対物超過修理費用特約
弁護士費用特約
無保険車事故特約(自動付帯)
他車運転特約(自動付帯)

■注意事項
・継続契約ではなく毎年他社から乗り換えて契約する事にしていますのでインターネット割引が継続契約よりも多めに割引されています。
・車両に関してはトヨタのプリウスの型式ZVW40Wで継続して計算しています。そのため車両保険に関しては正確な数字とはなっていない恐れがありますので注意してください。

上記の条件で一生涯自動車保険に加入していた場合にはどのようになるか計算してみましょう。

インズウェブ自動車保険一括見積もり
広告

一生涯の自動車保険料の計算結果

一生涯自動車保険に加入した場合の保険料は以下のようになりました。

  • 車両保険一般タイプの場合-3,612,460円
  • 車両保険限定タイプの場合-2,463,490円
  • 車両保険無しの場合-1,610,820円

年齢車両保険一般タイプ車両保険限定タイプ車両保険無し
18歳326,490円218,820円132,940円
19歳202,790円137,910円88,030円
20歳159,670円108,360円73,090円
21歳91,000円62,920円42,320円
22歳90,660円62,700円42,130円
23歳87,210円60,540円40,200円
24歳87,190円60,530円40,190円
25歳85,750円59,550円39,530円
26歳62,880円42,760円28,230円
27歳62,790円42,700円28,200円
28歳59,280円40,320円26,630円
29歳56,460円38,400円25,350円
30歳53,540円35,840円23,390円

ここまでは独身で運転者限定特約を本人限定で契約してきましたが、31歳からは結婚したため同特約を本人・配偶者限定に契約内容を変更して保険料金を計算します。

年齢車両保険一般タイプ車両保険限定タイプ車両保険無し
31歳53,800円36,010円23,740円
32歳48,010円32,590円21,160円
33歳48,010円32,590円21,160円
34歳48,010円32,590円21,160円
35歳44,210円30,140円19,710円
36歳44,210円30,140円19,710円
37歳44,210円30,140円19,710円
38歳44,210円30,140円19,710円
39歳44,210円30,140円19,710円
40歳44,210円30,140円19,710円
41歳44,210円30,140円19,710円
42歳44,210円30,140円19,710円
43歳44,210円30,140円19,710円
44歳44,210円30,140円19,710円
45歳44,210円30,140円19,710円
46歳44,210円30,140円19,710円
47歳44,210円30,140円19,710円
48歳44,210円30,140円19,710円

ここからは子供が18歳になり免許を取って親の車を運転すると仮定して、子供運転者年齢限定特約をセットにして保険料金を計算します。

子供運転者年齢限定特約は契約全体の年齢条件を変更せずに子供のみの年齢条件をセットにする特約です。

仮に契約全体を子供の年齢に合わせた内容では車両保険一般タイプの場合114,190円となります。

約15,000円お得になっています。

年齢車両保険一般タイプ車両保険限定タイプ車両保険無し
49歳100,230円69,820円46,430円
50歳100,230円69,820円46,430円
51歳100,230円69,820円46,430円
52歳100,230円69,820円46,430円
53歳100,230円69,820円46,430円
54歳63,830円43,520円29,140円
55歳63,830円43,520円29,140円

これ以降は子供が大学を卒業、就職して家を出ていったとして運転者限定特約を家族限定から本人・配偶者限定に戻して保険料を計算します。

年齢車両保険一般タイプ車両保険限定タイプ車両保険無し
56歳45,640円31,080円20,290円
57歳45,640円31,080円20,290円
58歳45,640円31,080円20,290円
59歳45,640円31,080円20,290円
60歳47,210円32,120円20,920円
61歳47,210円32,120円20,920円
62歳47,210円32,120円20,920円
63歳47,210円32,120円20,920円
64歳47,210円32,120円20,920円
65歳53,760円35,890円23,540円
66歳53,760円35,890円23,540円
67歳53,760円35,890円23,540円
68歳53,760円35,890円23,540円
69歳53,760円35,890円23,540円
70歳53,760円35,890円23,540円
合計3,612,460円2,463,490円1,610,820円

年齢が上がれば保険料も下がるのかと思ったら50歳を機に少しずつ保険料金は上がってくるようです。

反射神経や認識速度が落ちてくるので事故のリスクが高くなるのが要因でしょうか。

このように任意保険を一生涯加入することによって発生する生涯任意保険料金はこの条件下では「3,612,460円」となりました。

ただ見積もりに際しては毎年任意保険会社を変更して計算しているので、インターネット割引が少し多い事を考えるともう少し保険料金は高くなります。

これに強制保険である自賠責保険料金を加えるといくらになるのでしょうか。

合わせて読みたい

自賠責保険早見表

乗用車の場合には37ヶ月の自賠責保険料金が40,040円で24ヶ月が27,840円ですので単純に車の乗り換えを6回して車検の更新を17回したとしたら、40,040円×6+27,840円×17=713,520円となります。

任意保険と自賠責保険の合計は400万円を超えてくることになります。(正確にはここでは4,325,980円)

ただ車両保険が限定タイプの場合には生涯で120万円の差が、車両保険を無しにすると200万円の差が生まれてきます。

契約内容の変化で1年で考えると1万円から2万円の差ですがトータルにするとこれだけ大きな差になります。

つまり車両保険に限らずその他の不要な特約などを外す事により小さな節約の積み重ねが後々大きな節約の効果を生み出すと言うことです。

遠い将来の事も考えて今一度保険内容の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

広告

FP・専門家からのコメント

菊地 季美子(Kimiko Kikuchi)

菊池 季美子 (Kimiko Kikuchi)  「 MoneQ 」

生命保険会社2社に合計8年の在籍後、損害保険へ転向。3年の営業店事務経験ののち損害保険代理店に転職、自動車保険・火災保険の設計を担当し、相談件数は在籍3年で800件を超える。現在はフリーランスでFP資格試験の講師、セミナー、執筆活動を行っている。

<保有資格> FP技能士3級・2級日本FP協会認定AFPトータルライフコンサルタント損害保険プランナー

監修者一覧・詳細はこちらから

「コメント」

掲題のように18歳~70歳まで車に乗り続けると、53年間保険料を支払い続けることになります。保険料とマイカー費用は、人生の5大出費に数えられる大きな固定費です。

<人生の5大出費>

  1. 住居関連費
  2. 教育関連費
  3. 老後生活関連費
  4. マイカー関連費
  5. 保険関連費

ライフステージ上の保険見直しタイミングは数多くあります。節約のチャンスをライフイベントごとに意識しましょう。

例えば下記のケースが挙げられます。

  • 自分自身・配偶者・子供の年齢が上がった:運転者の年齢条件を変更(21歳、26歳、30歳、35歳で保険料が変わる)
  • 子供が独立して運転しなくなった:運転者の範囲を家族限定から夫婦限定に変更、年齢条件を変更
  • 配偶者と離別・死別した:運転者の範囲を本人限定に変更
  • 転職して車通勤をやめた:使用目的を通勤から日常・レジャーに変更
  • 車を購入してから4年以上経過した:車両保険の保険金額は毎年20%ずつ減価償却されるので、4年目には当初の半分以下になります。車両保険を外す目安の時期と言えます。
広告
インズウェブ自動車保険一括見積もり
車査定

自分の自動車保険を把握!『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ

合わせて読みたい!「自分の自動車保険を把握する重要性『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!」

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

乗りたい車はこれ!様々な車の情報をチェックするなら「車情報ラウンジ Car Lounge 」

出典:車情報ラウンジ「Car Lounge」

様々な車のモデル、新車情報や人気車種の情報が満載!中古車情報や車のお役立ち情報も沢山掲載されています。気になる車や様々な情報をチェックしたいなら、車情報ラウンジ「Car Lounge」をチェックしてみましょう!

『車の一括査定』提携300社以上から車を一番高く売る!無料で手間なく愛車を一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする