自動車保険見直しガイド
バッテリー

ロードサービスを依頼する車のトラブルの中で、ダントツ1位となっているのが「バッテリー上がり」です。また、バッテリーが破損していて、バッテリー交換を必要とするトラブルも上位にランクインしています。

【ロードサービス】よく起こるトラブルランキング(JAF)

自動車を運転していれば、遭遇する可能性が高い「バッテリーのトラブル」。もし、トラブルに巻き込まれたら、「ロードサービスに依頼する」か「自分で対処する」事になります。

そこで、ロードサービスを頼む場合の料金や注意点、そして自分で対処する方法を紹介したいと思います。

バッテリー上がり・バッテリー交換のロードサービス料金

「バッテリー上がり」又は「バッテリー交換」のロードサービス利用料金は、以下のようになっています(JAFの場合)。

場所昼間(8時~20時)夜間(20時~8時)
一般道12,880円14,940円
高速道路(SA・PA内)14,940円16,990円
高速道路(SA・PA外)21,110円24,190円

* 高速道路の救援の場合は、高速料金は別途加算されます。

自動車保険でロードサービスが付帯されている場合やJAF会員で有れば、料金は無料になります。JAF会員の場合は利用回数に制限は有りませんが、自動車保険のロードサービスの中には、保険期間中に無料で利用出来るのは1回までと制限している会社も有ります。

なお、バッテリー交換を必要とする場合には、別途バッテリー代が必要になります。

ロードサービスでバッテリーを交換してもらう場合、バッテリー本体は定価での販売になるのが普通です。

そもそもバッテリー上がりとは

自動車は、エンジンを回転させる事で、バッテリーに蓄電して、ライトやエアコン等に電気を供給します(オルタネーター等の細かい話は割愛)。で、バッテリー上がりは、蓄電された電気が全て消費されてしまうと発生します。

バッテリー上がりが起こると、エンジンを始動させるスターターに電力が供給されないので、エンジンがかかりません。携帯の充電が切れると電源が入らなくなってしまうのと同じで、自動車を動かすためにも電気が必要なのです。

バッテリーが上がってしまった場合には、ロードサービス又は自分で、「ジャンピングスタート」をして対処する事になります。ジャンピングスタートとは、他車から電気を分けてもらい、エンジンを始動させる方法です。

ジャンピングスタートの方法と手順

ただし、バッテリー性能が劣化していると、「ジャンピングスタートをしてもエンジンが始動しない」又は「すぐにバッテリーが上がってしまう」などの状態になります。このような場合には、バッテリー交換が必要です。

バッテリー上がりの主な原因・注意点

バッテリー上がりの主な原因を紹介していきます。主に以下の3つが多いようです。

  • ヘッドライト・ルームライト等の消し忘れ
  • 停車中にエアコンの過剰使用
  • 車を長期間乗車しなかった場合の自然放電 等

ヘッドライトの消し忘れは、「オートライト機能」や「音やディスプレイ表示等で注意する機能」のおかげで少なくなってきています。そのため、注意しておきたいのは「ルームライト」の消し忘れです。

バッテリーの蓄電量にもよりますが、ルームライトを消し忘れたからといって、数時間でバッテリーが上がってしまう事はおそらく有りませんけどね。(24時間~48時間といった所でしょうか)。

また、バッテリーは、自動車の使用による電気の消費以外に、自然放電によっても蓄電量が減少します。およそ2ヶ月ほど自動車を使用しなければ、自然放電によって、バッテリーが上がってしまいます。そのため、長期間自動車を放置している人は、たまに自動車を走らせて充電しておいた方が良いでしょう。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定