自動車保険見直しガイド
タイヤのパンク

パンク

タイヤのパンクトラブルは、ロードサービスの出動件数で毎年上位にランクインするトラブルです。また、高速道路上でのトラブルに限定すると、最も多く発生するトラブルとなっています。

【ロードサービス】よく起こるトラブルランキング(JAF)

走行中にタイヤのパンク等のトラブルが発生してしまった時に、ロードサービスを頼む料金や自分でタイヤ交換する手順について紹介します。

タイヤ交換・パンク修理のロードサービス料金

タイヤ交換・パンク修理をJAFに頼んだ場合の料金は、以下のようになっています。

JAF会員であれば、無料となります。また、自動車保険のロードサービスの中には無料の物も有れば、30分以内の応急処置は無料とする物、有料となる物が有ります。

■タイヤ交換

場所昼間(8時~20時)夜間(20時~8時)
一般道11,020円13,080円
高速道路(SA・PA内)13,080円15,130円
高速道路(SA・PA外)19,250円22,330円

タイヤ交換は、故障車にスペアタイヤが搭載されている場合のみサービス対象です。もし、スペアタイヤが無ければ、近くの整備工場やカー用品店までレッカー移動となります。

■パンク修理

場所昼間(8時~20時)夜間(20時~8時)
一般道12,880円14,940円
高速道路(SA・PA内)14,940円16,990円
高速道路(SA・PA外)21,110円24,190円

タイヤ交換の手順

タイヤ交換

パンクしたタイヤとスペアタイヤを交換する手順を紹介します。

  • ①交換するタイヤの対角に位置するタイヤに「車止め」をセットします。 *1
  • ②ジャッキを、「ジャッキアップポイント(ジャッキ用に補強された部分)」にセットして、少しだけジャッキアップします。
  • ③ホイールカバーだけを外し、ホイールナットを軽く緩めます。
  • ④ジャッキアップして、緩めたナットを外し、タイヤも外します。
  • ⑤スペアタイヤを装着し、ナットを軽く締めます。 *2
  • ⑦ジャッキを降ろし、ナットをしっかりと締めます。 *2

*1 ジャッキアップをすると、車体が不安定になります。その状態で、車が動いてしまうとジャッキが外れて大変危険なので、車止めで車体を固定します。
*2 ナットを締める時は、タイヤが曲がって装着されないように、対角線上に少しずつ締めていきましょう。

タイヤの交換は、必ずエンジンを停止し、シフトを「P」に入れ、サイドブレーキをしっかりとかけた状態で行って下さい。また、平坦な道で行いましょう。

スペアタイヤは、パンクの応急処置です。ホイールバランスや四輪アライメントなどは、当然乱れた状態となっています。スペアタイヤでそのまま走行し続けると、タイヤだけではく、その他の部分にも悪影響を及ぼすので、なるべく早く、新しいタイヤを装着するか、バランスの調整を行って下さい。

タイヤの点検項目

空気圧チェック

タイヤの点検項目は、以下4つです。

  • タイヤの傷や異物、変形具合
  • 空気圧
  • 擦り減り具合
  • ホイールの変形

パンクと直接関係が有るのは、「傷や異物、変形具合」と「空気圧」です。勿論、スリップサインの出ているタイヤを使用し続けると、バーストする危険性は有ります。スリップサインが出たら、タイヤを交換するようにしましょう(出る前がベスト)。

まず、外見上の点検を行います。異物(釘等)が付着していないか、傷や変形箇所がないかをチェックします。

次に空気圧のチェックをします。空気圧のチェックは、ガソリンスタンドなどで無料でやってくれる事も有るので、給油の際にお願いしてみましょう。

タイヤがパンクする原因

タイヤのパンクは、路上に落ちている釘を踏んでしまったり、勢いよく段差に乗り上げた衝撃などが原因で起こると考えられます。また、高速道路では、長時間の高速巡航による負荷がタイヤを変形させ、その結果、発熱してバースト(破裂)してしまう事が有ります。(空気圧が適正であればバーストの危険性は少なくなります。)

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定