自動車保険見直しガイド
50代の自動車保険の選び方

50代と言えば、子育ても一段落して、資金的にも余裕が出来る時期です。但し、子育てが一段落するという事は、子供が結婚して家を出て行くタイミングと重なりますね。50代はこの辺りを気をつける必要が有ります。

当面、子供が結婚する予定は無さそうだ、という人は40代の自動車保険の選び方も参考にどうぞ。

まだまだ現役!50代の保険料も安い!

保険会社によっても異なりますが、50代の基本保険料は40代と同じレベルに設定される事が多いです。それもそのはず、全年代の中で【50代】が最も交通事故を起こす確率が低いんです。

以下は平成26年度に警察庁(平成26年中の交通事故の発生状況)がまとめた「各年代ごとの免許保有者10万人あたりの交通事故件数」の推移です。(赤字が最も発生件数の少ない世代)

年齢/年度H20H21H22H23H24H25H26
16~24歳1,6861,6491,6251,5551,5441,4791,348
25~29歳1,0361,0181,015992983932866
30~39歳818784778746725684622
40~49歳751728729692663630579
50~59歳792748725683643600540
60~64歳812764732708677636569

平成21年度までは「40歳~49歳」世代の事故発生件数が一番少なかったのですが、平成22年度からは一貫して「50歳~59歳」世代の発生件数が一番低くなっています。

但し、死亡事故件数の割合に関してはやはり「30代」が最も低いので、30代より保険料が安くなる事は有りません。

余談ですが、どの層の交通事故発生件数も劇的に下がっているので、警察の鬱陶しい取り締まりもある程度効果が有るんでしょうかね。あるいは飲酒運転等の厳罰化の影響でしょうか。

引き続いて、50代の自動車保険の選び方と保険を選ぶ時の注意点を見ていきましょう。

50代の自動車保険の選び方や注意点

自動車保険の選び方自体は、50代もその他の世代と変わりません。必要な補償をしっかりと契約内容に入れた上で、毎年一括見積もりを行い、その年に一番安くなる自動車保険を選択してください。(最低限必要な補償はこちらをチェック

結婚して別居する事になった子供の取扱いに注意!

で、ポイントになってくるのは、結婚して家元を離れる子供の取扱いですね。結婚しても同居していれば問題無いですが、大半の子供は結婚すれば実家から新居に移る事になると思います。

結婚

結婚して引越をした子供は自動車保険における家族の範囲には入りませんので、このタイミングでしっかりと補償範囲の見直しを行ってください。仮に、家を出た子供が実家の車を運転する可能性がある場合には、運転者範囲の限定を解除(知人・友人でも補償されるようにする)しないと、事故を起こした時に大変です。

あるいは、50代にもなるとお金の余裕が出てきて「高級車」を購入する事も増えてくるでしょう。そうなると車両保険への加入は必須になってくると思いますが、別居の既婚の子の影響で運転者範囲の限定を解除してしまうと、保険料は高く付きます。

このような場合には、別居の既婚の子には車を運転させない!などのルール付けが必要でしょう。(別居の既婚の子が実家の車を運転する時の具体的な対策

等級引き継ぎを行った場合の取扱い

20代や30代の時は、自分が親に等級引き継ぎをお願いする立場でしたが、50代ともなると逆にお願いされる側になります。

この時、等級を子供に引き継いであげても良いのですが、今の自分の自動車保険料と相談しながら行いましょう。無計画に引き継ぎを行うと等級がガクンと下がり、保険料が跳ね上がってしまう可能性が有ります。

一番良いのは、車両保険を掛けていないタイミングで等級を引き継いであげる事でしょうか。等級が下がったとしても、車両保険が無ければ保険料の負担はそこまで大きくなりません。

そして、次の車に乗り換えるまでの間に粛々と等級を上げて下さい。60代後半になると保険料は跳ね上げるので、その頃までには20等級に戻しておかないと、少ない老後資金が自動車保険料に食われてしまう事になります。

とは言え、等級引き継ぎは結婚したタイミングで行う事が多いので、なかなか自分の思う通りにはいかないのが現状ですけどね・・・。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定