自動車保険見直しガイド

(この記事は約 12 分で読めます。)

フリーローンと目的別ローン

初めて自動車を購入する、自動車を買い替える、どちらにしてもネックなのがお金ですね。
一括で購入できるだけの余裕があればよいのですが、そうでないのならどうにかしてお金を用意しなければいけません。

銀行や消費者金融などの金融機関は様々なローンを手がけていますが、その中で注目したいのはマイカーローンです。
マイカーローンは自動車の購入費用を始めとして、自動車に関わることに使える目的別ローンです。

各種ローンは使い道が自由なフリーローン、使い道が限られている目的別ローンに大きく分けられますが、フリーローンで自動車を購入する手もあります。

ただし、フリーローンは金融機関に関わらず金利は高く設定されているのが普通で、法律で定められた金利の上限に届くことも珍しくはありません。

使い道は自由だが金利は高いフリーローンに対して目的別ローンは金利が抑えられており、それはマイカーローンでも変わりません。

マイカーローンのメリットは金利が抑えられており返済の面で有利な点ですが、デメリットとしては審査の厳しさが挙げられます。

審査とブラックリスト

目的別ローンは全体的に審査が厳しく、マイカーローンでも同様に厳しい審査をくぐり抜けないといけません。

マイカーローンの審査の基準については金融機関でないと確かなことは分かりませんが、過去に大きなトラブルを起こしているかどうかは重要ですね。

ブラックリストって何?

バツじるしを出す女性

クレジットカードの返済が遅れた、携帯電話の分割払いで支払いが遅れた、このようなトラブルを起こすとブラックリストに載る恐れがあります。

1回の延滞ですぐにブラックリストに載るとは限りませんが、延滞が長引くとブラックリストに載る可能性は高まり、これはマイカーローンの審査に相当な悪影響を与えるのです。

金融機関はしっかり返済をしてくれる相手を選んでお金を貸したいと考えますから、過去に借金関係でトラブルを起こしていると評価は大きく下がります。

マイカーローンを申し込む会社と過去にトラブルを起こした会社が別であっても、トラブルの情報はすぐに調べられるので、非常に厄介です。

ブラックリストという言葉は一般的に使われますが、これはあくまで俗称であり、正確には信用情報機関に事故情報が掲載されている状態のことですね。

信用情報機関は、個人のクレジットカードやローンなどの金融商品の利用状況を収集している組織で、普通にクレジットカードを使うだけでも情報が登録されます。

普通に利用状況が記録されているうちは大丈夫ですが、先に書いたようなトラブルを起こすと事故情報が掲載され、これは金融機関が確認可能です。

マイカーローンを申し込む金融機関でトラブルを起こしていたら利用は絶望的ですし、別の金融機関であっても事故情報を知られる可能性は高いわけですね。

一応、事故情報は一定の期間が経過すれば消えて見られなくなりますが、この事故情報が残っているならマイカーローンの利用は極めて厳しいと言ってもよいでしょう。

借金なしはよいことか

運転免許を取得した子供

このように、信用情報は過去のトラブルを調べる意味で使われていますが、トラブルがなければ大丈夫とは限りません。
一般的にスーパーホワイトと呼ばれている状態は、クレジットカードやローンの契約が難しい状態です。

スーパーホワイトとは過去にクレジットカード、ローンなど金融機関による立て替えや借金を利用していない状態のことですね。

全く借金をしていないのはよい状態のように思えるかもしれませんが、金融機関はこれを非常に危険と判断します。
どうして危険なのか、それは過去にとてつもないトラブルを起こしている可能性があるからです。

信用情報機関に事故情報が掲載されている場合、どの金融機関でもクレジットカードやローンの契約はほぼ不可能です。
先に書いたように事故情報は一定期間で消えますが、だからこそそのような大きなトラブルを起こした人の信用情報には何も残りません。

クレジットカードやローンを新たに利用するのがほぼ不可能な以上、事故情報が消えれば何の記録が残っておらず、この状態はホワイトと呼ばれます。

白いボードを持つ男女

事故情報が消えれば新規にクレジットカードやローンを利用することもできますが、過去に大きなトラブルを起こしたからこそ何の記録もないのではと金融機関は疑いを持つために、審査が通りにくくなります。

スーパーホワイトとは、過去にクレジットカードやローンなどを全く利用していない状態のことですが、大きなトラブルを起こしたホワイトと、トラブルを全く起こしていないスーパーホワイトは全く見分けがつきません

どちらも信用情報機関には何の記録も残っていないために、全くトラブルを起こしていないスーパーホワイトであっても過去のトラブルを疑われます。

過去に大きなトラブルを起こしている、全くクレジットカードやローンを利用したことがない、いずれもマイカーローンの審査では不利なので、ベストなのは適度にクレジットカードを利用している状態です。

クレジットカードの利用に対してあまりよいイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、しっかりとお金を返済しているという実績を作る上では非常に重要です。

本当にクレジットカードもローンも利用したことがない場合、まずは利用しやすいクレジットカードを何とか探して、そちらで実績を重ねるのがマイカーローンへの近道ですね。

当然ながら返済が滞るほどに使ってはいけませんが、なるべくクレジットカードを優先的に使って実績を積み上げてからマイカーローンの審査に挑んでください。

審査でチェックされる項目

チェックポイント

他にも、マイカーローンの審査では収入や勤続先、勤続年数などがチェックされますので、トラブルなしでも審査のハードルは高めですね。

これらの項目は、いずれも簡単に変えられないものですが、転職したばかりなのであればマイカーローンの審査のために少し時間を空けるのも手です。

収入は多いほど有利なのは間違いありませんが、少ないから不利とは限らず、逆に収入が多くてもマイカーローンの審査で落ちるケースもありますね。

金融機関がチェックするのはしっかりと返済ができそうかどうかなので、たとえ収入が多くても購入する自動車が高級すぎて、マイカーローンの返済に悪影響が出ると判断されれば断られる可能性が出てきます。

また、自分ではどうしようもないのが年齢ですが、この年齢もマイカーローンと関わってくる場合がありますね。

年齢制限はあるのか

色々な年齢の人

基本的には信用情報や年収などの情報で審査がされますが、マイカーローンによっては年齢制限が設けられている場合があり、これは足切りのようなものです。

マイカーローンの種類によって年齢制限の具体的な数字は変わってくるので断定はできないものの、極端に若い、もしくは極端に年齢を重ねている場合は足切りに引っかかりやすいのが実情です。

まず年齢制限の下ですが、多くのマイカーローンでは満20歳以上で申し込めると定めています。
マイカーローンによっては満18歳以上で申し込めるものもありますが、20歳未満の場合は選択肢がやや限られるのが難点です。

自動車の免許証の取得のためには、早くても18歳の誕生日を迎えないといけませんが、18歳と極めて若い状態でマイカーローンを利用するのは現実的ではありません。

そもそもマイカーローンの選択肢が限られていることに加えて、収入や勤続先、勤続年数などでも大人と比べると不利だからです。

20歳以上だとマイカーローンの多くに申し込めるようになるものの、社会人としてある程度の経験を積んでからというのが現実的なところです。

そして、上の年齢制限もあり、こちらはマイカーローンによってだいぶ差が見られますね。
借入時の年齢制限、もしくは完済時の年齢制限が設けられていて、65歳を超えるとマイカーローンは利用しづらくなります。

年金暮らしだとどうしても返済の方に悪影響が出やすく、マイカーローンは働いている時に利用するものと考えてください。

まずは自動車を選んでから

ディーラーの営業マン

具体的な申し込み方法と流れですが、まずはマイカーローンを選ぶのではなく自動車を選ぶところから始めるのが基本ですね。

こういう自動車を購入したいのでマイカーローンを利用したい、そこがはっきりしていない状態ではマイカーローンには申し込めませんので、まずは購入する自動車を決めます。

先に書いたように、あまりに収入と釣り合っていない自動車はマイカーローンの審査に悪影響を与えますから、審査を通過するためにはお手頃な自動車を選ぶのがポイントです。

マイカーローンでどれくらいお金を借りられるか、これが分からないと自動車も決めづらいですが、マイカーローンで借りられる限度額は年収と同程度と考えてください。

年収が200万円ならマイカーローンの限度額も200万円前後、年収が300万円ならマイカーローンの限度額も300万円前後に落ち着きますね。

ただし、この限度額は全ての借り入れの合計で、マイカーローン以外に借り入れ金がある場合は、マイカーローンの限度額の方から差し引かれます。

先に信用情報機関の事故情報について書きましたが、他の借金があるだけならそこまで審査に悪影響はありません。借り入れ金があったとしても、マイカーローンの返済もあわせてできると金融機関が判断すれば審査には通ります。

しかし、借り入れ金が年収と比べてあまりに多い場合は、審査に悪影響が出かねませんので、まずは目先の借金の返済に取り組むのがポイントですね。

どのローンを狙うか

人差し指を立てる女性

自動車を決めたら次はいよいよマイカーローン選びですが、まず検討したいのが銀行によるマイカーローンです。

メガバンクから地方銀行、信用金庫、それにジャパンネット銀行のように店舗を持たないネットバンキングまで色々な銀行がマイカーローンを手がけていますが、ここでの注意点は複数のマイカーローンに申し込まない点です。

先に信用情報機関について書きましたが、ローンなど借金の申し込みも信用情報機関に個人情報として記録されます。

そのため、複数のマイカーローンに申し込んだ場合、金融機関もその情報が確認できるので、審査に悪影響が出るのが普通です。

同時に複数の申し込みをするのはNG

審査に通るか不安だから複数のマイカーローンに申し込んだ、これは心情的にはそうおかしくはありませんが、金融機関からすればそのような内心は分かりません。

そのため、お金がないために必死でマイカーローンに申し込んでいるのではと受け取られます。
マイカーローンの審査で落ちるのではないかと不安を感じるかもしれませんが、どこか1社に決めて申し込むのがポイントですね。

すでに複数のマイカーローンに申し込んだ場合、審査には期待できませんが、ローンの申し込みの情報は半年ほどで信用情報機関から消えるので、時間を置いてからまた改めて申し込めば大丈夫です。

一応、マイカーローンではなくフリーローンで資金を調達する手もありますが、これは最終手段ですね。

フリーローンはマイカーローンより審査は通りやすいものの、金利が高いために返済の負担は相当なものですので、その後のことを考えるとフリーローンは選ばない方が無難です。

他にはディーラーでローンを組むという選択肢もありますが、こちらはフリーローンと比べると金利は低めに設定されています。

それでもマイカーローンと比べるとやや高めですので、まずはマイカーローンを狙うとよいでしょう。

金利には上限と下限がある

車と電卓とお札に囲まれている人形

色々な銀行の中からどのマイカーローンを選ぶかですが、まずチェックしたいのは金利ですね。
金利は返済に大きく影響してくる要素で、わずかな金利の違いでも後々には大きな差が出てきます。

なるべく金利が低い方がよいのですが、そのようなマイカーローンは審査も厳しい傾向があるので、このあたりはやや判断が難しいところです。
また、単純に金利が低い方がよいわけでもなく、マイカーローンには上限金利と下限金利が設定されているのが普通です。

実際の金利は、下限金利から上限金利までの間で決められるのですが、これは利用者から希望することはできません。
金融機関により決められるものなので、下限金利だけを見て金利が抑えられていると判断するのは危険ですね。

広告などではお得さをアピールするために下限金利の方が大きく表示されている場合が多いですが、実際には上限金利もあわせてチェックしないといけません。

下限金利で契約できるのはレアケースで、よほどのお得意様でないとなかなか利用できないのが実情です。
そのため、下限金利よりも上限金利を重視してマイカーローンを選ぶのがポイントですね。

固定金利と変動金利

積み立てられた硬貨

また、金利に関してはもう1つチェックするポイントがあり、それは固定金利か変動金利かです。
固定金利はローンの返済を終えるまでずっと金利が変わらず、変動金利は返済中に金利が変わる可能性があります。

将来的に金利が上がるかもしれない変動金利はやや手を出しづらく感じるかもしれませんが、リスクがあるためか変動金利の方がやや金利は低めに設定されており、固定金利の方は金利がやや高めです。

マイカーローンは住宅ローンと比べると返済期間はそこまで長引かない場合が多いものの、返済が長引きそうな場合は金利が高めであっても固定金利を選ぶとよいでしょう。

繰り上げ返済もチェック

値下げ

固定金利にしろ変動金利にしろ、早めの繰り上げ返済で負担を減らすのは有効なやり方ですね。
ボーナスなどでまとまったお金が入ってきた時、通常の返済とはまた別に元本を返済するのが繰り上げ返済です。

通常の返済では金利が含まれているので元本への影響はやや弱いのですが、繰り上げ返済は全て元本にあてられるので、早めに元本を減らすことで返済を楽にする効果が見込めます。

ただし、利息で利益を得ている金融機関からすれば、繰り上げ返済はあまり歓迎できるものではありません。

そのため、マイカーローンによっては繰り上げ返済の際に手数料がかかる場合もあったり、全額の繰り上げ返済でないと対応してくれないなど制限が加わっている商品もあり、ここも注意しておきたいポイントです。

繰り上げ返済を利用することで負担を減らせますが、ボーナスなどを投入した結果として家計が苦しくなる場合もありますので、そのあたりも考慮しつつうまく使うことが重要です。

仮審査と保証会社

更新手続き完了

審査には仮審査と本審査の2つがあり、このうち仮審査は保証会社による審査、本審査は金融機関による審査ですね。
銀行の場合は仮審査を保証会社に委託するのが普通で、保証会社とは連帯保証人のようなものです。

もし、マイカーローンを返済できなくなった場合、まず保証会社が金融機関に対して一括で返済を行います。
このような場合、債権が金融機関から保証会社に移行しますので、今度は保証会社に対して返済の義務が生じるのです。

マイカーローンの返済が滞るのは保証会社にとってはよくないことなので、この人は本当に返済できるのかをしっかりと審査します。

先に書いた信用情報機関の事故情報の有無、それに年収や勤務先、勤務年数などは仮審査に含まれていて、ここを突破しないと金融機関の審査にたどり着きません。

仮審査を完全にコンピュータで処理しているところもあり、最短でその日のうちに結果が分かる場合もありますね。
遅くても1週間以内には仮審査の結果が出て、ここを通過した場合は本審査が始まります。

本審査と審査期間

和解する当事者

本審査の内容自体は仮審査とそう大きく変わらないものの、仮審査はあくまで自己申告に基づくものです。
信用情報については客観的なデータですが、それ以外の収入などは自己申告によるデータを使用します。

本審査では、この仮審査で使った自己申告が本当のことなのかをチェックされるので、もし自己申告と事実の間に差が見られる場合は落とされる可能性が極めて高いと言ってもよいでしょう。

勤務先へ電話して本当に在籍しているかなどをチェックするので、仮審査の時から正しい情報を書くのが重要なポイントです。

仮に故意ではなく単純ミスであっても、事実と違うことを書くと本審査での心証が悪くなる恐れがあるので、間違ったことを書いていないかしっかりチェックしてください。

マイカーローンを申し込んでから融資までにどれくらいの時間がかかるかですが、これは金融機関や申し込み方法によっても変わってきます。

融資までの期間は審査が終わるまでの期間とほぼ同じ意味ですので、審査が早く終わるかどうかによるのですね。

コンピュータを利用しているなどの理由で仮審査がすぐに終わるようであれば、それだけ本審査が終わる期間も短くて済みます。

しかし、どれだけ早くても本審査が終わるまで1週間くらいはかかるので、すぐに融資が受けられるわけではありません。

長ければ2週間以上もかかる場合もありますが、いずれにしても一定期間は待つ必要が出てくるので、審査期間はさほど重視しなくてもよいポイントです。

必要な書類は

ローンの書類

これらがマイカーローンの申し込みから利用までの大まかな流れですが、インターネットからの申し込みの際に必要なものは特にありません。
先に書いたように、最初の仮審査は自己申告による情報と信用情報で判断するので、まずは正しく情報を伝えることを意識すれば大丈夫ですね。

インターネットから申し込む場合は入力フォームに年収などの情報を入力する形なので特に何も必要ありませんが、窓口で手続きをする場合や郵送の場合は各種書類が求められるでしょう。

このあたりは金融機関によってまちまちなので断定はできないものの、収入を証明するための書類、お金を自動車のために使うのかを確認するための書類は用意しておきたいところです。

マイカーローンの仮審査で落ちたなどの理由でこれらの書類が必要ない場合もありますが、仮審査で通ったらいずれにしてもこれらの書類の提出は求められるので、インターネットから申し込む場合でも最初の段階で書類を用意しておくのが基本ですね。

収入を証明するための書類は所得証明書、給与証明書、源泉徴収票のコピーで、どれか1つだけで大丈夫です。
これらのうち、収入を証明する手段としてよく使われるのは源泉徴収票で、会社勤めをしていれば必ず会社からもらえます。

源泉徴収票はもらってから全く使わないなんてケースも珍しくはなく、どこにあるか分からないという事態が起こりがちですが、収入を証明する必要がある場面で求められる書類です。

会社は源泉徴収票の再発行に応じる義務がありますので、もしなくした場合は気兼ねなく再発行の手続きをしてください。
給与証明書も会社が発行する書類ですが、給与明細とはまた別物で自分で申請しないと受け取れないタイプの書類です。

さらに、会社によっては給与証明書に対応していない場合もあるなど、やや使いづらい面があるので、会社勤めをしている場合は源泉徴収票を用意するのが確実ですね。

この源泉徴収票は会社が社員に対して発行するものなので、個人事業主や自営業者は基本的に源泉徴収票は手に入りません。

会社を立ち上げて自分に給料を支払う形にすれば自営業者でも源泉徴収票は手に入りますが、わざわざマイカーローンのためにそこまでする必要はありませんね。

会社づとめをしておらず源泉徴収票がない場合は、役所で発行してもらえる所得証明書を用意するのが基本です。

自動車に使うことを証明

続いてはマイカーローンの資金を自動車に使うことを証明するための書類で、見積もり書や注文書、売買契約書などのコピーが求められます。

先に書いたようにマイカーローンは自動車に関することにのみ使えるローンなので、書類でそのことを証明する必要があるのです。

静岡銀行マイカーローン

静岡銀行申込

しずぎんマイカーローンの魅力は「2.4%~3.4%」という金利の安さと、自動車購入以外にも様々な用途で使えるということです!

                         
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
100万円~1000万円 2.4%~3.4%車検費用・修理費用・免許取得費用・借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)不要

ディーラー経由で借りるより大分お得で、借入可能かどうかの簡易シュミレーションが5秒で出来るので、一度チェックしてみると良いと思います。全国対応ですしね。

静岡銀行申込

三菱UFJ銀行マイカーローン

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は最長10年のローンが組めるので、月々の返済額をぐっと少なく設定することができます。少し審査は厳しめですが、誰もが知る安定感のある大手銀行なので、安心してローンを組めることが人気の要因となっているようです。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
50万円~1000万円通常時2.975%
(キャンペーン開催中は金利優遇されます)
借り換え
保証料繰り上げ返済来店
不要可(手数料無料)三菱UFJの口座があれば来店不要

使いやすいサービス内容となっているローンであることも「ネットDEマイカーローン」の魅力と言えるでしょう。最低50万円~最高1000万円と借入の額も広いので、ローンを組む場所に迷ったら、ひとまず候補の一つとして考えておくと良いかもしれませんね。

三菱UFJ銀行申込

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン

損保ジャパン日本興亜の"ジャパンダ・ネットマイカーローン"の魅力は固定金利なところ!金利も1.9%~2.85%と低く利用しやすいですね。

                               
借入可能額 金利 自動車購入以外の利用用途
20万円~999万円1.9%~2.85% -
保証料繰り上げ返済来店
保証料込み可(別途手数料が必要)不要

土日祝も対応していて、最短だと当日審査完了なので時間がない人でも申し込みやすいですよね。
本審査完了後のキャンセルもOKです。

失敗しない車の売り方

無料一括査定